内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 21:1‐24

21  エホバなおもモーセた,「祭司たち,すなわちアロン語りなさい。あなた彼らこう言わならない。『そのあって,だれ死亡ため*自分汚しいけない+  しかし,自身近血縁ため,すなわち自分母,父,息子,娘,兄弟,  またすなわち自分身近処女ものなっことないため,その*ため汚しよい。  所所有いるためそのあっ汚し*,こう自分なるいけない。  彼そのはげするべきない+。あごひげそるべきない+。その肉体切り傷つけるべきない+  彼その対しなるあるべき+,自分たち汚しいけない+。彼らは,エホバよる捧げ物を,すなわち自分たちパンささげるからある+。彼らなるなけれならない+  遊+または犯さ彼らめとるべきない。夫から離婚+めとっいけない+。彼対しなるからある。  こうあなた神聖なけれならない+。彼あなたパンささげるからある。彼あなた対しなるあるべきある+。あなた方神聖いるわたしエホバなるからある+  「『さて,祭売春行なっ自分汚す場合,そのは,自分汚しいるある。彼女焼かれるべきある+ 10  「『また,兄たち祭司,すなわちそそぎ油注が+,その満たさ*着ける+,その自分整えないいるべきない+。その裂くべきない+ 11  また,どんな*もと来るべきない+。そのため汚しいけない。 12  聖なるから出るべきなく,自分なる汚しならない+。献納しるし,すなわちそそぎ油+あるからある。わたしエホバある。 13  「『また処女めとるべきある+ 14  やもめあるいは女,また犯さ女,遊女,これらいずれめとっいけない。自分から処女迎えるべきある。 15  こうそのあっ自分*汚さないようするべきある+。わたしエホバ,彼神聖いるある+』」。 16  エホバき続きモーセ話し言わた, 17  「アロンこう言いなさい。『あなた代々わたり,その欠陥+あるだれパンささげるため近づいいけない+ 18  身欠陥あるいる場合,その近づいいけない。すなわち,盲目者,足なえ者,鼻裂け者,肢体一方長すぎる*+ 19  また,足砕けいる者, 20  また,せむし,やせこけ*,目疾患ある者,かさぶた覆わ者,白癬ある者,睾丸損なっ+ 21  祭アロンうちその欠陥あるだれも,エホバよる捧げ物ささげる+ため近寄っいけない。その欠陥ある。その近寄っパンささげいけない+ 22  彼は,極めてなるもの+,またなるものからパン食べよい+ 23  しかし,入垂れ幕+近くいけない。祭壇+近寄っいけない。その欠陥あるからある+。彼わたしなる汚すべきない+。わたしエホバ,彼ら神聖いるある+』」。 24  そこでモーセアロンそのおよびイスラエルすべて話した。

脚注

「死亡ために」。字義,「ために」,すなわち,死んために。ヘ語,レネフェシュ; ギ語,プシュカイス,複数形。11および民 6:6脚注比較。付録4イ参照。
「その者(彼女)」,マソ本; 七十訳,「彼ら」。
『所有所有いるためそのあっ汚しいけない』。これは,マソ本明瞭あるため提出いる訳し方; 七十訳,「そのあっにわか汚しならない」; ウル訳,「民ため汚しならない」。
「その満たさて」。または,「権能付与て(就任て; 職任じられて)」。ヘ語,ウーミッレー エトヤードー; ギ語,テテレイオーメヌー(七十訳トムソン,「聖別て」)。ヘブ 5:9およびヘブ 7:28脚注参照。
字義,「死ん魂」。ヘ語,ナフショート(複)のに,「死んいる」を意味するメート続いいる; ギ語,プシュケーイに,「死亡する」という完了分詞テテレウテークイアーイ続き,「死亡魂」(単)という意味なっいる; シリ訳,「死ん魂」(単); ウル訳,「死ん者」(単)。
または,「子孫」。
または,「余分肢体ある」。
または,「矮小の」。あるいは,「肺病の」と読むしれない。