内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 20:1‐27

20  エホバなおもモーセこう言わた。  「あなたイスラエル言うべきある,『だれイスラエル者,またイスラエル外国住む外人居留で,自分だれモレク*ささげるいれ+,その必ず処せられるべきある。そのこれ石撃ち殺すべきある。  わたしは,自その敵し向け,これから断つあろ+。彼自分モレクささげて,わたしなる場所汚し+,わたしなる*冒とくようからある+  そして,彼自分モレクささげいるに,そのこれ処さず,彼からあえてそらしいるようことあるなら+  そのわたし自分必ずその家族敵し向け+,彼を,またモレク不倫交わり持っ*+不倫交わり行なっすべてからまさに断つあろう。  「『霊+出来事職業予告+寄せこれ不倫交わり持つ魂,わたし自分必ずその敵し向け,これから断つあろ+  「『また,あなた方自分神聖し,聖なるならならない+。わたしあなた方エホバからある。  そして,わたし守っこれ行なわならない+。わたしあなた方神聖いる*エホバある+  「『自災い呼び求めるいるなら+,その必ず処せられるべきある+。彼自分災い呼び求めある。彼*自身ある+ 10  「『さて,人姦淫犯す者,その自分仲間ある姦淫*犯すある+。その*は,姦淫犯しに,必ず処せられるべきある+ 11  また,自は,自分さらしある+。その両人必ず処せられるべきある。その彼ら自身ある。 12  また,人自分息子寝るなら,その両人必ず処せられるべきある+。彼ら自然背く行ないある。その彼ら自身ある+ 13  「『また,男寝る同じようて[別の]男寝るなら,そのふたり忌むべきこと行なっある+。彼ら必ず処せられるべきある。その彼ら自身ある。 14  「『また,人そのめとるなら,それみだら行ないある+。そのそのたち焼くべきある+。みだら行ない+あなた方うち続くことないためある。 15  「『また,人対し射精行なうなら+,その必ず処せられるべきあり,あなた方その殺すべきある。 16  また,女近づいこれ交接するなら*+,あなたその殺さならない。それら必ず処せられるべきある。その彼ら自身ある。 17  「『また,人自分姉妹,すなわち自分またはめとっまさにその見,彼女見るなら,それ恥ずべきことある+。ゆえにふたりその断たならない。彼自分姉妹さらしある。彼自分とが対し責め負うべきある。 18  「『また,人月経そのさらしなら,その彼女あらわし,彼女自分さらしある+。ゆえに,その両人そのから断たならない。 19  「『また,あなた姉妹+また姉妹+さらしならない。その自分血縁あらわことなる+。それら自分たちとが対し責め負うべきある。 20  また,自おじおじさらしある+。それら自分たちとが対し責め負うべきある。彼らないまま死ぬべきある+ 21  また,人自分兄弟めとるなら,それ憎悪べきことある+。その自分兄弟さらしある。そのたちないなる*べきある。 22  「『こうあなた方わたしすべて法令+すべて司法定め守っ+,それ行なわなけれならない。わたし携え入れ住まわせるそのあなた方吐き出すことないためある+ 23  そしてあなた方は,わたしそのから去らせる国民法令よっ歩んならない+。彼らこれらすべて行ない,わたしこれ憎悪するからある+ 24  そのためわたしあなた方言っ+,「あなた方彼ら土地取得し,わたしそれあなた方与え所有せる。乳流れるある+。わたしあなた方エホバ,あなた方もろもろから取り分けある+」。 25  それあなた方清い汚れた[獣],汚れ清い[鳥]と区別なけれならない+。あなた方は,わたし汚れものあなた方ため取り分け獣,鳥,またすべて地面動くものもっ自分忌み嫌うべきものならない+ 26  こうあなた方わたし対しなるならならない+。わたしエホバなるからある+。わたしあなた方もろもろから取り分けわたしものならせいるある+ 27  「『また,男その霊媒予言宿る+,その必ず処せられるべきある+。その石撃ち殺すべきある。そのその自身ある+』」。

脚注

「モレク」,マソ本; ウル訳,「偶像モロク」; 七十訳,「支配者」。
字義,「わたし神聖名」。
または,「モレク淫行犯して」。
または,「あなた方神聖ものみなし(あなた方なるもの扱っいる」。ヘ語,メカッディシュケム; ギ語,ホ ハギアゾーン ヒュマース; ラ語,クウィー サンクティフィコー ウォース。
すなわち,彼対する責任。
「姦淫」。ラ語,アドゥルテリウム。
「その者(彼)」,マソ本,サマ五; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「彼ら」。
または,「近づい自分交接せるなら」。
「となる」,マソ本; 七十訳,「と死ぬ」。