内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 2:1‐16

2  「『さて,ある捧げ物エホバ穀物捧げ物+する場合,その捧げ物上等麦粉+あるべきある。彼その注ぎ,乳香その添えならない。  そしてそれあるアロンもと携え行くように。次い祭司そのから,その上等麦粉そのすべて乳香一握りつかむように。彼それそのため覚え+祭壇焼いし,エホバの,火よる安らぎ香り捧げ物なけれならない。  そして,その捧げ物残りは,火よるエホバ捧げ物から極めてなるもの+て,アロンおよびそのものなる+  「『また,あなたげ物て,かまど焼いもの穀物捧げ物する場合あれば,それ上等麦粉できもの,すなわち湿らせ輪型+酵母パン*塗っ+酵母+薄焼きあるべきある。  「『また,あなたげ物焼き板こしらえ穀物捧げ物あるなら+,それ上等麦粉もの,油湿らせ酵母ものあるべきある。  それかく砕く*べきある。その注がならない+。これ穀物捧げ物ある。  「『また,あなたげ物揚げなべ*こしらえ穀物捧げ物あるなら,それ上等麦粉入れ作っものあるべきある。  そしてあなたこれら穀物捧げ物エホバもと携え行くように。それ祭司差し出され,彼それ祭壇近く携え行かならない。  そして穀物捧げ物幾らかそのため覚え+持ち上げ,それ祭壇焼いし,エホバの,火よる安らぎ香り捧げ物なけれならない+ 10  そして,その捧げ物残りは,火よるエホバ捧げ物から極めてなるものて,アロンおよびそのものなる+ 11  「『あなた方エホバ差し出す穀物捧げ物すべてパン種入れ作っものあっならない+。酸い練り粉*エホバよる捧げ物焼いすることあっならないある。 12  「『初捧げ物+*,あなた方これらものエホバ差し出す。ただしそれらは,安らぎ香りため祭壇載せられならない。 13  「『また,あなた捧げ物捧げ物すべて付ける+。あなた契約+を,あなた穀物捧げ物から絶やしならない。すべて捧げ物添えあなた差し出す。 14  「『また,熟初物穀物捧げ物エホバ差し出すあれば,緑炒っもの,新しい穀物粗びき*を,あなた熟し初物よる穀物捧げ物差し出すべきある+ 15  そして,それかけ,その乳香置くように。これ穀物捧げ物ある+ 16  そしてその覚えなるもの+,すなわちその粗びき幾らか,およびそのすべて乳香焼いし,エホバよる捧げ物なけれならない。

脚注

または,「無酵母パンと」。
「砕く」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
揚げ物なべで,今日スープなべシチューなべようもの。
「蜜」。はち蜜なく,いちじくシロップ,あるいは種々果物シロップあっ思われる。
または,「とは」。
すなわち,穀粒粗く砕いもの。