アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

レビ記 2:1-16

2  「『さて,ある魂が捧げ物としてエホバに穀物の捧げ物+をする場合,その捧げ物は上等の麦粉+であるべきである。彼はその上に油を注ぎ,乳香をその上に添えねばならない。  そしてそれを祭司であるアロンの子らのもとに携えて行くように。次いで祭司はその中から,その上等の麦粉と油をそのすべての乳香と共に一握りつかむように。彼はそれをそのための覚え+として祭壇の上で焼いて煙にし,エホバへの,火による安らぎの香りの捧げ物としなければならない。  そして,その穀物の捧げ物の残りは,火によるエホバへの捧げ物からの極めて聖なるもの+として,アロンおよびその子らのものとなる+  「『また,あなたの捧げ物として,かまどで焼いたものを穀物の捧げ物とする場合であれば,それは上等の麦粉でできたもの,すなわち油で湿らせた輪型の+無酵母パンか*油を塗った+無酵母の+薄焼きであるべきである。  「『また,あなたの捧げ物が焼き板でこしらえた穀物の捧げ物であるなら+,それは上等の麦粉のもの,油で湿らせた無酵母のものであるべきである。  それを細かく砕く*べきである。その上に油を注がねばならない+。これは穀物の捧げ物である。  「『また,あなたの捧げ物が揚げなべ*でこしらえた穀物の捧げ物であるなら,それは上等の麦粉に油を入れて作ったものであるべきである。  そしてあなたはこれらで作った穀物の捧げ物をエホバのもとに携えて行くように。それは祭司に差し出され,彼はそれを祭壇の近くに携えて行かねばならない。  そして祭司は穀物の捧げ物の幾らかをそのための覚え+として持ち上げ,それを祭壇の上で焼いて煙にし,エホバへの,火による安らぎの香りの捧げ物としなければならない+ 10  そして,その穀物の捧げ物の残りは,火によるエホバへの捧げ物からの極めて聖なるものとして,アロンおよびその子らのものとなる+ 11  「『あなた方がエホバに差し出す穀物の捧げ物はすべてパン種を入れて作ったものであってはならない+。酸い練り粉や蜜*をエホバへの火による捧げ物として焼いて煙にすることがあってはならないのである。 12  「『初穂の捧げ物+としても*,あなた方はこれらのものをエホバに差し出す。ただしそれらは,安らぎの香りのために祭壇に載せられてはならない。 13  「『また,あなたの穀物の捧げ物としての捧げ物にはすべて塩で味を付ける+。あなたのの契約の塩+を,あなたの穀物の捧げ物の上から絶やしてはならない。すべての捧げ物に添えてあなたは塩を差し出す。 14  「『また,熟した初物を穀物の捧げ物としてエホバに差し出すのであれば,緑の穂を火で炒ったもの,新しい穀物の粗びき*を,あなたの熟した初物による穀物の捧げ物として差し出すべきである+ 15  そして,それには油をかけ,その上に乳香を置くように。これは穀物の捧げ物である+ 16  そして祭司はその覚えとなるもの+,すなわちその粗びきと油の幾らか,およびそのすべての乳香を焼いて煙にし,エホバへの火による捧げ物としなければならない。

脚注

または,「無酵母パンと」。
「砕く」。ヘブライ語ではこれは動詞の不定詞独立形で,時に関しては不定で,非人称。
揚げ物用のなべで,今日のスープなべやシチューなべのようなもの。
「蜜」。はち蜜ではなく,いちじくの汁やシロップ,あるいは種々の果物の液やシロップであったと思われる。
または,「としては」。
すなわち,穀粒を粗く砕いたもの。