内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 17:1‐16

17  エホバなおもモーセ話しこう言わた。  「アロンそのおよびイスラエルすべて話しなさい。あなた彼らこう言うように。『これエホバ命じ言わことある。  「『「だれイスラエルで,雄牛,若い雄羊,またはやぎ宿営ほふり,あるいはそれ宿営ほふりながら,  エホバ幕屋エホバ捧げ物差し出すためそれ会見天幕入口携えないいれ+,血その帰せられる。彼流した。そのから断たならない+  これは,イスラエル自分犠牲を,すなわち彼ら野原犠牲ささげるもの携え来るためある+。彼らそれエホバもとへ,会見天幕入口祭司もと携えなけれならない+。彼らそれエホバ共与犠牲犠牲なけれならない+  そして祭司そのを,会見天幕入口あるエホバ祭壇+振り掛け,また脂肪+エホバ安らぎ香り焼いなけれならない+  それ彼らは,自分たち不倫交わり持っいる*+やぎ悪霊たち*,もはや犠牲ささげいけない+。これあなた方ため,代々定めない至る法令なる」』。  「またあなた彼らこう言うべきある。『だれイスラエルあるいはあなた方外国住んいる外人居留で,焼燔捧げ物+犠牲ささげながら,  エホバささげるためそれ会見天幕入口携えないいれ+,そのから断たならない+ 10  「『だれイスラエルあるいはあなた方*外国住んいる外人居留で,いかなるものあれ食べるいれ+,わたし必ず自分を,血食べいるその敵し向け+,その**からまさに断つあろう。 11  肉あるからあり+,わたしは,あなた方自分ため贖罪行なうようそれ祭壇置いある+。血+が,[そのある*]魂よっ贖罪行なうからある+ 12  それゆえにわたしイスラエルこう言った。「あなた方うちいずれ食べならない。あなた方外国住んいる外人居留+食べいけない+」。 13  「『だれイスラエル属するあるいはあなた方外国住んいる外人居留で,食べ野獣または狩猟捕らえいれば,そのその注ぎ出し+覆わならない+ 14  あらゆるなるもの*そのあり,魂そのある*からある。そのためわたしイスラエルこう言った。「あなた方いかなるなるもの食べならない。あらゆるなるものそのからある+。すべてそれ食べる断たれる+」。 15  [すでに]死体なっものあるいは野獣引き裂かもの食べるいれ+,その生まあれ外人居留あれ,その自分洗い,水浴びなけれならない。その夕方まで汚れされる+。そののち清くなるある。 16  しかし,それ洗わず,その浴びないあれば,その自分とが対し責め負わならない+』」。

脚注

または,「自分たち淫行(不道徳)を犯しいる」。
「やぎ悪霊たちに」。または,「サテュロスたちに」。字義,「やぎたち(毛深い,もしくは毛むくじゃらたち)に」,マソ本; ウル訳,「悪霊たちに」; 七十訳,「無意味ものに」。
「あなた方」,七十訳,シリ訳。
字義,「彼女」,すなわち,その「魂」。
字義,「彼女民」,すなわち,その民。
「そのある」,節初め部分合わせ挿入た。「によって」と訳さ前置詞そのの「魂ために」という表現含まれる前置詞異なっいる。
または,「すべてなるもの魂」。
「魂そのある」。字義,「そのよる」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳省いいる。