内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 16:1‐34

16  それからエホバモーセた。それは,アロン息子エホバ近づいため*死ん+その死後ことあった。  そうエホバモーセこうた。「あなた兄弟アロン話しなさい。死ぬことないため+,垂れ幕内側+なる場所*へ,すなわちある覆い*は,いかなる入っならない+,と。雲うちあっ+わたしその覆い現われるからある+  「次もの携えて,アロンそのなる場所入るべきある+。すなわち,罪捧げ物ため若い雄牛+,および焼燔捧げ物ため雄羊+携えて。  彼なる亜麻長い着け+,亜麻股引き+そのあるべきある。また亜麻飾り帯+締め,亜麻ターバン+巻くべきある。これなる+ある。そしては,その浴びから+それ着けるように。  「また,イスラエル集会+から,罪捧げ物ため子やぎ+頭,焼燔捧げ物ため雄羊+取るべきある。  「そしてアロン捧げ物ため雄牛,すなわち自分自身ためものささげ+,自分+自分+ため贖罪行なわならない*+  「次やぎ*取り,それエホバ前,会見天幕入口立たせるように。  そしてアロンそのやぎついくじ引く+ように。一方くじエホバため,他方くじアザゼル+ため*ある。  そしてアロンは,エホバためそのくじ+たっほうやぎ差し出して,それ捧げ物なけれならない+ 10  しかし,アザゼルためそのくじたっほうやぎは,生きままエホバ立たせるべきある。それため贖罪行ない,こうそれアザゼルため荒野+放つ+ためある。 11  「それアロン捧げ物雄牛,すなわち自分自身ため*ものささげて,自分自身自分ため贖罪行なわならない。彼自分自身ためものあるその捧げ物雄牛ほふるよう+ 12  「そしては,エホバある祭壇+燃えるおき火満たし火取り+取り,また+くぼみ細か薫香*+満たして,それ垂れ幕内側携え行くよう+ 13  次そのエホバ+置かならない。香*+ある覆い+覆いつくすようて,彼死ぬことないようするある。 14  「そして雄牛幾らか取り+,それ覆い東側,その正面ところ*はね掛けるように。その幾らか覆い+はね掛ける+ 15  「次は,罪捧げやぎ,すなわちためものほふるよう+。その垂れ幕内側携え行き+,そのもっ+雄牛でし同じ行なうように。それ覆いほう向け*,覆いはね掛けなけれならない。 16  「こうなる場所ため,イスラエル汚れ+関し*,またそのすべて+おける彼ら違背関し贖罪行なわならない。彼らもととどまり,彼ら汚れうちある会見天幕ためこのよう行なうべきある。 17  「また,聖なる場所贖罪するため入っから来るまで,他*会見天幕いけない。彼自分自身ため+,自分ため,そしてイスラエル会衆全体*ため贖罪行なうある+ 18  「次エホバある祭壇+ところて,それため贖罪行なわならない*。雄牛幾らか,またやぎ幾らか取り,それ祭壇周囲付けるよう+ 19  また,その幾らかそのはね掛け+,こうそれイスラエル汚れから清め神聖ものなけれならない。 20  「聖なる場所会見天幕祭壇ため贖罪+終えたら,次い生きいるほうやぎ差し出さならない+ 21  それで,アロンそのいるやぎ両手置き+,イスラエルすべてとが+と,そのすべておける彼らあらゆる違背+その言い表わすよう+。それやぎ置き+,用意よっ+これ荒野送り出すよう+ 22  こうそのやぎすべてとが砂漠+担っ行き+,彼そのやぎ荒野送り出すある+ 23  「次アロン会見天幕入り,聖なる場所入る着け亜麻脱ぎ,それそこ置くよう+ 24  そして,聖なる場所+その浴び+,自分着け+,出自分焼燔捧げ物+焼燔捧げ物+ささげて,自分ためまたため*贖罪行なわならない+ 25  そして,罪捧げ物脂肪祭壇焼いする+ 26  「やぎアザゼル+ためり出し+は,自分洗うべきある。また,その浴びなけれならない+。その後,宿営入っい。 27  「しかし,罪捧げ物雄牛捧げやぎ,すなわちなる場所贖罪行なうためその携え行かものついは,彼これ宿営持っ行かせる。彼らその焼かならない+ 28  そして,それら自分洗うべきある。また,その浴びなけれならない。その後,宿営入っい。 29  「それで,これあなた方ため,定めない至る*法令なるある+。すなわち,第*,その+,あなた方自分苦しめるべきある+。あなた方は,そこで生ま*も,あなた方外国住む外人居留*,いっさい仕事ならない+ 30  そのに,あなた方ため,あなた方清いするために,贖罪+なされるからある*。あなた方エホバあっ自分すべてから清くなる+ 31  それあなた方とっ全き休み安息*+あり,あなた方自分苦しめなけれならない。これ定めない至る法令ある。 32  「そして,油そそぎ受け*+,その後継+祭司務め行なうためその満たさ*+祭司贖罪行ない,亜麻着けるよう+。それなるある+ 33  そして神聖なるため贖罪行ない+,また会見天幕ため+,そして祭壇ため+贖罪行なわならない。また,祭司たちため,次い会衆全員ため贖罪行なう+ 34  そしてこれあなた方ため定めない至る法令なるある+。イスラエルため,そのすべて関し一度贖罪行なうためある+」。 そこでエホバモーセ命じとおり行なった。

脚注

「近づいために」,マソ本,サマ五; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「普通異なる(適法ない)火差し出しために」。10:1; 民 3:4参照。
なる場所」。ヘ語,ハッコーデシュ
覆い憐れみ; なだめ)」。ヘ語,ハッカッポーレト; ギ語,ヒラステーリウー; ラ語,プロピティアートーリオーヘブ 9:5脚注参照。
贖罪行なわならない」。ヘ語,ウェキッペル
または,「雄子やぎ頭」,5同じように。
アザゼルため」,マソ本(ヘ語,ラアザーゼール),サマ五; 七十訳,「悪運び去る(そらせる)者」; ラ語,カプロー エーミッサーリオー,「使者なるやぎ; 身代わりやぎ」。
七十訳は,「また自分だけため」を付け加えいる。
「香」。ヘ語,ケトーレト; ラ語,インケンスム。
」。ヘ語,ハーエードゥート; ギ語,マルテュリオーン; ラ語,テスティモーニウム
「覆い(憐れみ座)……その正面ところ」。ヘ語,アルペネー ハッカッポーレト; 七十訳,「なだめ……そのに」; ウル訳,「なだめ……それ向けて」。2参照。
「覆い(憐れみ座)ほう向け」。ヘ語,アルハッカッポーレト; ギ語,エピ ト ヒラステーリオン,「なだめ」; ラ語,エー レギオーネ オーラーキュリー,「神託向かっ向かい)」。
または,「汚れから」。
「者」。または,「地もの」。ヘ語,アーダーム。
「の会衆全体」。ヘ語,コルケハル
贖罪行なわならない」。ヘ語,ウェキッペル
「自分ため,また自分ためため,さらに祭司たちために」,七十訳。
「定めない至る」。ヘ語,オーラーム。
付録8ロ参照。
そこで生ま」。ヘ語,ハーエズラーハ; ラ語,インディゲナ
外人居留も」。ヘ語,ウェハッゲール; ラ語,アドウェナ
字義,「そのは……贖罪行なうからある」。七十訳同様。
「全き休み安息」。または,「安息守る安息」。
シリ訳,ウル訳よる; マソ本,「彼そそぎ」; 七十訳,「彼らそそぎ」。
ウル訳よる; マソ本,「彼その満たした」; 七十訳,「彼らその満たした」。