内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 15:1‐33

15  エホバ引き続きモーセアロン話しこう言わた。  「イスラエル話しなさい。あなた方彼らこう言うように。『だれ*生殖から*漏出+起こしいる場合,その漏出汚れいる。  そして,これは,その漏出よるその汚れなる。すなわち,生殖漏出流れも,あるいは生殖漏出ためふさがも,それその汚れある。  「『漏出起きいる横たわっ寝床すべて汚れものなり,その座っ品物みな汚れものなる。  また,彼寝床触れ自分洗うべきある。その浴びなけれならず,夕方まで汚れされる+  また,漏出起きいる座し座る自分洗う+べきある。その浴びなけれならず,夕方まで汚れされる。  また,漏出起きいる+触れ自分洗うべきある。その浴びなけれならず,夕方まで汚れされる+  また,漏出起きいる清いつば吐きかけなら,その場合その自分洗い,水浴びなけれならない。その夕方まで汚れされる。  また,漏出起きいる乗っ+すべて汚れものなる。 10  また,何せよあっ触れみな夕方まで汚れなる。それ運ん自分洗う。その浴びなけれならず,夕方まで汚れされる。 11  また,漏出起きいる+すすがまま触れみな自分洗い,水浴びなけれならない。その夕方まで汚れされる。 12  また,漏出起きいる触れ打ち砕くべきある+。木+すべてすすぐべきある。 13  「『さて,漏出起きその漏出から清まっ場合,その自分ため,自分浄めため数えるよう+。そして,自分洗い,流れるその浴びなけれならない+。こう清くなるある。 14  そして,八に,その自分ためやまばと+または若いいえばと*取るべきある。そして,エホバ前,会見天幕入口て,それ祭司渡さならない。 15  次い祭司それを,一方捧げ物て,他方焼燔捧げ物ささげるよう+。祭司そのため,その漏出関しエホバ贖罪行なわならない。 16  「『さて,男そのから射精+あっ場合,その自分全身浴びなけれならず,夕方まで汚れされる。 17  衣その射精あっものすべて洗わならず,夕方まで汚れものされる+ 18  「『男一緒射精つい言えば,そのふたり浴びなけれならず,夕方まで汚れされる+ 19  「『また,女漏出起きて,その漏出ある場合+,そのあいだ自分月経+不浄うちとどまるべきある+。彼女触れみな夕方まで汚れされる。 20  また,何せよ彼女月経不浄その汚れものなり+,すべて彼女その座っ汚れものなる。 21  また,彼女寝床触れみな自分洗うべきある。その浴びなけれならず,夕方まで汚れされる+ 22  また,何せよその彼女座っ品物触れみな自分洗うべきある。その浴びなけれならず,夕方まで汚れされる+ 23  また,寝床あるいは品物彼女座っなら,それ触れることよっ+夕方まで汚れされる。 24  また,男彼女寝ることあって,その月経不浄及ぶなら+,そのあいだ汚れされ,彼横たわる寝床すべて汚れものなる。 25  「『女ついは,血漏出いつも月経不浄ない続いいる場合+,あるいは月経+不浄[の期間]より長く流出ある場合,その汚れ漏出起きいるすべては,月経不浄日々同じようなる。彼女汚れある。 26  その漏出起きいる彼女その横たわっ寝床みな,彼女とっ月経不浄寝床同じようなる+。彼女その座っ品物みな,月経不浄よる汚れ[の場合]と同じよう汚れものなる。 27  また,それら触れ+みな汚れなる。その自分洗って,水浴びなけれならず,夕方まで汚れされる。 28  「『しかし,その漏出から清くなっなら,彼女自分ため数えるように。その彼女清いなる+ 29  そして,八に,彼女自分ためやまばと+または若いいえばと取るべきある。それ会見天幕入口いる祭司ところ携え行くよう+ 30  そして祭司一方捧げ物,他方焼燔捧げ物するよう+。祭司彼女ため,その汚れ漏出関しエホバ贖罪行なわならない+ 31  「『こうあなた方イスラエルその汚れから離れなけれならない。彼らあるわたし幕屋汚して,その汚れうち死ぬことないためある+ 32  「『これが,漏出+起きいる男,またそのから射精+あっため,それよっ汚れるようなっ関する律法, 33  また,汚れある月経+女,男子せよ女子せよすべて漏出流れ出いる+,さらには,汚れ男[に関する律法]である』」。

脚注

字義,「男,男」,マソ本,七十訳。
字義,「そのから」。
「若いいえばと」。字義,「いえばとら」。