内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 14:1‐57

14  エホバき続きモーセ話しこう言わた。  「これは,らい病+自分浄め立証する関する律法なる。そのとき祭司もと連れられなけれならない+  また,祭宿営行かならない。そして祭司よく見るように。もしらい病災厄そのらい病からいえいるなら+  祭命令出すように。その*は,自分清めために,生き清い+と,杉材+と,えんじむし緋色+と,ヒソプ+持っ行かならない。  そして命令出すように。一方は,土中,流れる*+殺さならない*  生いるほうついは,彼それを,そして杉材えんじむし緋色ヒソプ取るべきある。そして,それらその生きいるを,流れいる殺し浸すように。  次それを,らい病から清めいる+はね掛け+,こうその清い宣言なけれならない+。また,生きいるほう野原*放つよう+  「そして,身清めいる自分洗い+,すべてそり落とし,水浴びなけれならない+。こう清くなるある。その宿営入っい。だが,彼あいだ自分天幕住まならない+  そして,そのなったら,頭あごまゆすべてそり落とすある+。まさに,そのすべてそり落とすべきある。また,自分洗い,その浴びなけれならない。こうその清くなるある。 10  「そして+に,そのは,きずない*若い雄羊と,きずない子羊+,そのもの頭,また湿らせ穀物捧げ物+上等麦粉十分エファと,油ログ*持っ行く+ 11  そして,彼清い宣言する祭司は,身清めいるそのそれらを,会見天幕入口エホバ差し出す*ように。 12  そして一方若い雄羊取り,それ罪科捧げ物+ログ+ささげ,それら振揺捧げ物+エホバ揺り動かすように。 13  次で,その若い雄羊を,罪捧げ物焼燔捧げ物いつもほふられる場所*+,すなわちなる場所+ほふるように。罪捧げ物同じように,罪科捧げ物祭司属するからある+。それ極めてなるものある。 14  「そしてその罪科捧げ物幾らか取るように。祭司それを,身清めいる耳たぶと,右手親指と,右足親指付けならない+ 15  次祭司ログ+からその幾らか取り,それ祭司手のひら注ぐように。 16  そしては,自分手のひらある浸し,その幾らかエホバはね掛けるよう+ 17  そして,そののひらある残りついは,祭司その幾らかを,身清めいる耳たぶと,右手親指と,右足親指に,つまり罪科捧げ物付ける+ 18  そして,祭手のひらあるあと残りは,身清めいる付ける。こう祭司そのためエホバ贖罪+行なわならない。 19  「次祭司捧げ物ささげ+,不浄から清めいるため贖罪行なわならない。その焼燔捧げ物ほふる。 20  そしてその焼燔捧げ物穀物捧げ物+祭壇ささげ,こう祭司+そのため贖罪行なわならない+。その清くなるある+ 21  「しかしながら,立低い+十分資力ないあれ*+,そのは,自分贖罪するため,振揺捧げ物する罪科捧げ物若い雄羊頭,また穀物捧げ物湿らせ上等麦粉十分エファと,油ログ持っ行くように。 22  さらに,そのしたがってやまばと+若いいえばと*を[持っ行き],その一方捧げ物,他方焼燔捧げ物するように。 23  それ+,自分浄め立証ため+,それら会見天幕入口祭司もと+,エホバ携え行かならない。 24  「次祭司罪科捧げ物+若い雄羊ログ取るように。祭司それら振揺捧げ物エホバ揺り動かさならない+ 25  次罪科捧げ物その若い雄羊ほふるように。祭司その罪科捧げ物幾らか取り,それ清めいる耳たぶと,右手親指と,右足親指付けならない+ 26  または,油幾らか祭司手のひら注ぐ+ 27  そして手のひらある幾らかエホバはね掛ける+ように。 28  次祭司自分手のひらある幾らかを,身清めいる耳たぶと,右手親指と,右足親指に,つまり罪科捧げ物ところ付けるよう+ 29  そして,祭手のひらあるあと残りは,身清めいる付ける+。そのためエホバ贖罪行なうためある。 30  「次は,その資力よるやまばとしく若いいえばと+ 31  すなわちその資力達しもの一方捧げ物+,他方焼燔捧げ物+て,穀物捧げ物ささげるように。こう祭司清めいるためエホバ贖罪行なわならない+ 32  「これが,そのらい病災厄あっで,自分浄め立証そのため資力ないため律法ある」。 33  それからエホバモーセアロンこう言わた。 34  「あなた方カナン+に,すなわち所有わたし与える+入り,あなた方所有するそのわたしらい病災厄臨ま場合+ 35  その持ち主祭司告げ,『災厄ようものわたし現われました』と言わならない。 36  そのとき命令出し,そのたち祭司その災厄よう入っ来る以前そのなけれならない。彼そのあるすべて汚れいる宣告することないためある。その祭司その見るため入る。 37  そのとき,その災厄あって,黄緑または赤みがかっくぼみあり,その外見から表面より低くなっいれば, 38  祭その入口行き,そのあいだ隔離+なけれならない。 39  「そしてまた行っ調べみるよう+。もしその災厄広がっいれば, 40  祭命令出し,そのたち災厄生じいるはぎ取り+,それ汚れ場所捨てるように。 41  またその内側すっかりけずり取ら*,そのたちはがし取っ*その粘土モルタル汚れ場所注ぎ出すように。 42  次彼らほか持って,さきそれはめ込むように。また*粘土モルタル持っ来さて,その塗り付けさせるように。 43  「だが,もしその再び生じ,石はぎ取っ後,家からはがし取っ*壁土塗り付けそれその発生するならば, 44  祭+入っ調べみるように。もしその災厄広がっいるなら,それそのおける悪性らい病+ある。それ汚れいる。 45  それその材木またそのすべて粘土モルタルもろともその取り壊させ,それ汚れ場所運び出さならない+ 46  しかし,その隔離いる期間+そこ入るいれば,その夕方まで汚れることなる+ 47  また,その自分洗うべきある+。その食事自分洗うべきある。 48  「しかしながら,祭確かやっ調べが,いま,家壁土塗り付けその災厄広がっないならば,祭司その清い宣言なけれならない。その災厄いえからある+ 49  次で,そのから浄めるために,彼+杉材+えんじむし緋色+ヒソプ取るように。 50  そして,一を,土中,流れる殺すよう+ 51  次で,杉材ヒソプ+えんじむし緋色生きいるほう取り,殺し流れいるそれら浸し,それその向かっ+はね掛けるよう+ 52  こうて,鳥流れいる水,また生き杉材ヒソプえんじむし緋色もっそのから浄めるある。 53  次生きいるほう野原放ち,そのため贖罪+行なわならない。それ清くなるある。 54  「これが,すべてらい病災厄+,異常脱毛+ 55  衣+らい病, 56  また,発疹,かさぶた,斑紋+関する律法あり, 57  どんなそれ汚れいるか,どんな場合清いつい*指示するためものある+。これらい病関する律法ある+」。

脚注

「その者(彼)」,マソ本,ウル訳; サマ五,七十訳,シリ訳,「彼ら」。
字義,「生き水」。
「一方は……殺さならない」。字義,「そしては……一方殺さならない」,マソ本; サマ五,七十訳,シリ訳,「そして彼らは……一方殺さならない」。
字義,「野に」。
サマ五七十訳は「一の」を付け加えいる。
1ログ0.31相当た。
字義,「の立たせる」。
字義,「彼いつも……をほふる場所」,マソ本; サマ五,七十訳,「彼らいつも……をほふる場所」。
「十分資力ないあれば」。字義,「そのが[それに]達しないあれば」。22,30‐32同様表現ある。
「若いいえばと」。字義,「いえばとら」。
「また彼らその内側を……けずり取り」,サマ五,七十訳,シリ訳。
「はがし取った(切り取った)」,マソ本; タル,シリ訳,「けずり取った」。
すなわち,祭司。
「はぎ取って」,マソ本; タル,七十訳,シリ訳,「けずり取って」。
字義,「汚れもの清いものついて」。