内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 13:1‐59

13  それからエホバモーセアロンこう言わた。  「人皮膚発疹またはかさぶた+または斑紋生じ,それその皮膚おいまさにらい病*+災厄なっ場合,その祭司アロンまたは祭司あるそのところ連れられなけれならない+  そして皮膚あるその災厄よくなけれならない+。その災厄ところ白くなっおり,外見からその災厄皮膚より深ければ,それらい病災厄ある。そして祭司それよくて,その汚れいる宣告なけれならない。  しかし,もしその皮膚おい白く,外見から皮膚より深くなく,その白くなっなければ,祭司その災厄あいだ隔離+みるように。  そしてそのよくなけれならない。もしその災厄止まり,その災厄皮膚広がっないよう見えるなら,祭司そのさらに隔離なけれならない+  「そしてそのもう一度見るように。もしその災厄鈍り,その災厄皮膚広がっないなら,祭司その清い宣言なけれならない。それかさぶたあっある。そして,その自分洗っ清くなるある。  しかし,浄立証ため祭司そのかさぶた紛れなく皮膚広がっいるならば,その祭司もう一度なけれならない+  祭調べみるように。もしそのかさぶた皮膚広がっいるならば,祭司その汚れいる宣告なけれならない。それらい病ある+  「らい病災厄生じ場合,その祭司ところ連れられならない。 10  そして調べみるよう+。その皮膚白い発疹あり,それ白くし,生き赤膚+その発疹あれば, 11  それその皮膚おける慢性らい病+ある。祭司その汚れいる宣告なけれならない。その隔離+なくよい。それ汚れからある。 12  さて,らい病紛れなく皮膚発生し,らい病その災厄持つからまでその皮膚全面まさに覆って,祭司見た目いっぱいなっいる場合, 13  祭て,らい病その全体覆っいるなら,その災厄清いもの*宣言なけれならない。その全体白くなっいる。その清い。 14  しかし,生その現われるは,その汚れなる。 15  そして+その生きよくて,その汚れいる宣告なけれならない。その生き汚れいる。それらい病ある+ 16  あるいは,その戻っそれ白く変わっ場合,その祭司ところ来るように。 17  そしてそのよく見るよう+。その災厄白く変わっいれば,祭司その災厄清いもの宣言なけれならない。その清い。 18  「肉ついは,その皮膚はれ物+できそれいえ, 19  そのはれ物白い発疹または赤みがかっ白色斑紋でき場合,その自分祭司見せなけれならない。 20  そしてよく見るよう+。もし外見からそこ皮膚より低くなり,その白くなっいれば,祭司その汚れいる宣告なけれならない。それらい病災厄ある。それはれ物発生ある。 21  しかし,祭それて,いま,その白いなく,しかも皮膚より深くなく,鈍くなっいるならば,祭司そのあいだ隔離+みるように。 22  そして,もしそれなく皮膚広がるなら,祭司その汚れいる宣告なけれならない。それ災厄ある。 23  しかし,もしその斑紋そのままあり,それ広がっないなら,それはれ物炎症+ある。祭司その清い宣言なけれならない+ 24  「あるいは,肉皮膚よるでき,その傷跡生肉赤みがかっ白色もしくは白色斑紋なっ場合, 25  祭それよくなけれならない。もしその斑紋ところ白く変わり,外見からそれ皮膚より深ければ,それらい病ある。それ傷跡発生あり,祭司その汚れいる宣告なけれならない。それらい病災厄ある。 26  しかし,祭それて,いま,その斑紋白いなく,しかも皮膚より低くなっない鈍くなっいれば,祭司そのあいだ隔離みるように。 27  そしてそのよく見るように。もしそれ紛れなく皮膚広がっいれば,祭司その汚れいる宣告なけれならない。それらい病災厄ある。 28  しかし,斑そのそのままあり,それ皮膚広がら鈍くなっいるなら,それ傷跡生じ発疹ある。祭司その清い宣言なけれならない。それ傷跡炎症からある。 29  「男またはで,そのまたはあご災厄生じ場合, 30  祭+その災厄よく見るように。もし外見からそれ皮膚より深く,そこ黄色くなり,少なくなっいれば,祭司そのよう汚れいる宣告なけれならない。それ異常脱毛+ある。それまたはあごらい病ある。 31  しかし,祭異常脱毛災厄も,見よ,外見からそれ皮膚より深くなく,そこ黒いない場合,祭司その異常脱毛災厄あいだ隔離+みるよう+ 32  そしてその災厄よく見るように。もし異常脱毛広がっおらず,そこ黄色生じないで,その異常脱毛+外見から皮膚より深くなければ, 33  その自分そっもらうように。しかし,異常脱毛ところそらない+。祭司その異常脱毛再び隔離みるように。 34  「そしてその異常脱毛よく見るように。もし異常脱毛皮膚広がっおらず,外見からそれ皮膚より深くなければ,祭司その清い宣言なけれならない+。その自分洗っ清くなるある。 35  しかし,浄立証その異常脱毛皮膚紛れなく広がるならば, 36  祭+そのよく見るように。異常脱毛皮膚広がっいるなら,祭司黄色い関し調べなくよい。それ汚れある。 37  しかし,一異常脱毛そのままなって,そこ黒い生えいるなら,異常脱毛いえある。その清い。祭司その清い宣言なけれならない+ 38  「男またはで,その皮膚斑紋+,すなわち白い斑紋でき場合, 39  祭+調べみるように。もしその皮膚ある斑紋鈍い白色あれば,それない発疹ある。それ皮膚生じある。その清い。 40  「男で,そのはげくる場合+,それはげある。その清い。 41  また,その正面ところはげくる*なら,それはげある。その清い。 42  しかし,赤みがかっ白色災厄はげきる場合,それらい病あり,頭またははげ発生ある。 43  そして+そのよく見るように。もしそのまたははげ赤みがかっ白色災厄よる発疹あって,肉皮膚おけるらい病外見いれば, 44  そのらい病*ある。それ汚れある。その汚れいる,と祭司宣告べきある。彼災厄そのある。 45  身災厄持つらい病は,その裂き+,頭整えいるべきある+。そして,口ひげ*覆っ+,『汚れいる,汚れいる!』と呼ばわるべきある+ 46  そのあるいつも,彼汚れある。彼汚れあって,他から離れ住むべきある。宿営+その住むべきなる。 47  「衣関しは,らい病災厄それ生じる場合,それ羊毛亜麻も, 48  亜羊毛縦糸+横糸も,またこしらえどんな+あっも, 49  そしてまたは赤みがかっ災厄その衣,皮,縦糸,横糸,またあれ生じ場合,それらい病災厄あり,祭司見せなけれならない。 50  そして+その災厄て,その災厄あいだ隔離+みるように。 51  七その災厄て,その災厄衣,縦糸,横糸+,またどんな用途せよ用いられいるその広がっいるを[見る]ならば,その災厄悪性らい病+ある。それ汚れものある。 52  それその衣,羊毛あるいは亜麻+縦糸もしくは横糸,またせよその災厄生じ焼き捨てなけれならない。それ悪性+らい病からある。それ焼かれるべきある。 53  「しかし,祭調べて,いま,その衣,縦糸,横糸,またせよ+その災厄広がっないなら, 54  祭その災厄生じいる洗うよう命じ,それ再び隔離みるように。 55  そして洗い落としその災厄見るように。もしその災厄見かけ変えないなら,その災厄広がっなくも,それ汚れものある。あなたそれ焼くべきある。それは,その下側外側すり切れ低くなっ箇所ある。 56  「しかし,祭調べて,いま,その災厄洗い落とさ鈍くなっいるならば,そこそのまた皮,縦糸,横糸からちぎり取るように。 57  しかしながら,もしそれが,その,縦糸,横糸+,またせよ依然現われるなら,それ発生いるある。その災厄起きいるあれ,火焼くべきある+ 58  あなた衣,縦糸,横糸,またせよついは,その災厄消えときに,それもう一度洗わならない。こうそれ清くなるある。 59  「これが,羊または亜麻+衣,縦糸横糸,またせよおけるらい病災厄関する律法あり,それ清い宣言し,あるいは汚れいる宣告するためものある」。

脚注

聖書の「らい病」というは,今日,医学ハンセン呼ばいるもの含まいる。
「清いもの」。または,「伝染ない」。
字義,「そのからはげくる」。
字義,「らい病人」。
または,「上唇」。