内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 12:1-8

12  エホバはさらにモーセに話して言われた,  「イスラエルの子らに話してこう言いなさい。『女が胤を宿して+男子を産んだ場合,彼女は七日のあいだ汚れた者とされなければならない。月経中の不浄の期間と同じように汚れた者となる+  そして,八日目に,その子の包皮の肉に割礼が施される+  さらに三十三日の間,彼女は浄めの血のうちにとどまる。聖なるものにいっさい触れてはいけない。自分の浄めの日数が満ちるまで聖なる場所に入ってもいけない+  「『さて,もし女子を産んだのであれば,彼女は十四日の間*,月経のときと同じように汚れた者とされなければならない。さらに六十六日の間,彼女は浄めの血と共にとどまる。  次いで,息子または娘のための自分の浄めの日数が満ちた時に,彼女は若い雄羊,その一年目のものを焼燔の捧げ物のために+,そして罪の捧げ物のために若いいえばと*かやまばと+を,会見の天幕の入口へ,祭司のもとへ携えて来る。  そして彼はそれをエホバの前にささげて,彼女のために贖罪を行なわねばならない。こうして彼女は自分の血の源から清くなるのである+。これが男子または女子を産んだ者に関する律法である。  しかし,もし羊を出すだけの余裕がないのであれば*,彼女は二羽のやまばとまたは二羽の若いいえばと*+を持って行くように。一羽は焼燔の捧げ物のため,一羽は罪の捧げ物のためである。そして祭司は彼女のために贖罪を行なわねばならない+。こうして彼女は清くなるのである』」。

脚注

字義,「二間」。
「若いいえばと」。字義,「いえばと子」。
字義,「もし彼女まで届かないあれば」。
「若いいえばと」。字義,「いえばとら」。