内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

レビ記 12:1‐8

12  エホバさらにモーセ話し言わた,  「イスラエル話しこう言いなさい。『女宿し+男子産ん場合,彼女あいだ汚れされなけれならない。月経不浄期間同じよう汚れなる+  そして,八に,その包皮割礼施される+  さらに三十三間,彼女浄めうちとどまる。聖なるものいっさい触れいけない。自分浄め日数満ちるまでなる場所入っいけない+  「『さて,もし女子産んあれば,彼女十四*,月経とき同じよう汚れされなけれならない。さらに六十六間,彼女浄めとどまる。  次いで,息子またはため自分浄め日数満ちに,彼女若い雄羊,そのもの焼燔捧げ物ため+,そして捧げ物ため若いいえばと*やまばと+を,会見天幕入口へ,祭司もと携え来る。  そしてそれエホバささげて,彼女ため贖罪行なわならない。こう彼女自分から清くなるある+。これ男子または女子産ん関する律法ある。  しかし,もし出すだけ余裕ないあれ*,彼女やまばとまたは若いいえばと*+持っ行くように。一焼燔捧げ物ため,一捧げ物ためある。そして祭司彼女ため贖罪行なわならない+。こう彼女清くなるある』」。

脚注

字義,「二間」。
「若いいえばと」。字義,「いえばと子」。
字義,「もし彼女まで届かないあれば」。
「若いいえばと」。字義,「いえばとら」。