内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

レビ記 1:1‐17

1  それ​から​エホバ​は​モーセ​を​呼び*,会見​の​天幕​+の​中​から​彼​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。  「イスラエル​の​子​ら​に​話し​なさい+。あなた​は​彼ら​に​こう​言わ​ね​ば​なら​ない。『あなた方​の​うち​の​だれ​か​*が​家畜​の​中​から​エホバ​に​捧げ物​*を​する​*場合,あなた方​は​その​捧げ物​を​牛​また​羊​の​群れ​の​中​から​差し出す​べき​で​ある。  「『その​捧げ物​が​牛​の​群れ​の​中​から​の​焼燔​の​捧げ物​*+で​あれ​ば,雄​の,きず​の​ない​もの​+を​差し出す​べき​で​ある。会見​の​天幕​の​入口​で,彼​は​それ​を​自分​の​自発​的​意志​に​よる​もの​と​し​て​エホバ​の​前​に​差し出す​よう​に+  そして​彼​は​手​を​その​焼燔​の​捧げ物​の​頭​の​上​に​置か​ね​ば​なら​ない。それ​は​彼​の​ため,その​贖罪​を​行なう​*ため​に+,慈しみ​を​もっ​て​受け入れ​られる​こと​に​なる+  「『次い​で​その​若い​雄牛​は​エホバ​の​前​で​ほふら​れ​ね​ば​なら​ない*。そして,祭司​+で​ある​アロン​の​子​ら​は​その​血​を​ささげ,その​血​を,会見​の​天幕​の​入口​に​ある​祭壇​の​上​の​周囲​に​振り掛ける​よう​に+  また,その​焼燔​の​捧げ物​の​皮​を​はぎ,各​部分​に​切り分ける​よう​に+  そして,祭司​*で​ある​アロン​の​子​ら​は​祭壇​の​上​に​火​を​置き+,その​火​の​上​に​まき​を​並べる​よう​に+  次い​で,祭司​*で​ある​アロン​の​子​ら​は,その​小​部分​に​し​た​もの​+を,頭​も​腎​脂肪​も​共​に​し​て,祭壇​上​に​ある​火​の​上​の​まき​の​上​に​並べる​よう​に。  また,その​腸​+と​すね​は​水​で​洗う*。そして​祭司​は,焼燔​の​捧げ物​と​し​て​その​すべて​を​祭壇​の​上​で​焼い​て​煙​に​し​なけれ​ば​なら​ない。エホバ​へ​の,火​に​よる​安らぎ​の​香り​の​捧げ物​*で​ある+ 10  「『また,焼燔​の​捧げ物​の​ため​の​その​捧げ物​が​小​動物​の​群れ​+から,つまり​若い​羊​や​やぎ​の​中​から​で​あれ​ば,雄​+の,きず​の​ない​もの​を​差し出す​よう​に+ 11  そして​それ​は,祭壇​の​わき,その​北側​に​おい​て,エホバ​の​前​で​ほふら​れ​ね​ば​なら​ない*。祭司​で​ある​アロン​の​子​ら​は​その​血​を​祭壇​の​上​の​周囲​に​振り掛ける​よう​に+ 12  次い​で,それ​を​各​部分​に,また​頭​と​腎​脂肪​に​切り分け,祭司​は​それら​を,祭壇​上​に​ある​火​の​上​の​まき​の​上​に​並べる​よう​に+ 13  また,腸​+と​すね​+と​を​水​で​洗う。祭司​は​その​すべて​を​ささげ,それ​を​祭壇​の​上​で​焼い​て​煙​に​し​なけれ​ば​なら​ない+。これ​は​焼燔​の​捧げ物,エホバ​へ​の,火​に​よる​安らぎ​の​香り​の​捧げ物​で​ある+ 14  「『しかし,エホバ​へ​の​焼燔​の​捧げ物​と​し​て​の​その​捧げ物​が​鳥​の​中​から​で​あれ​ば,その​者​は​やまばと​+か​若い​いえばと​*+の​中​から​その​捧げ物​を​差し出さ​ね​ば​なら​ない。 15  そして​祭司​は​それ​を​祭壇​の​ところ​で​ささげ,その​首​を​ひねり取っ​て​+祭壇​の​上​で​焼い​て​煙​に​する​よう​に。しかし,その​血​は​祭壇​の​側面​に​流し出さ​ね​ば​*なら​ない。 16  また,その​餌袋​および​その​羽​*を​取り除き,それ​を​祭壇​の​わき,その​東側​の​脂灰​*+の​ため​の​場所​に​投げる​よう​に。 17  また,その​翼​の​ところ​で​それ​を​切り開く​よう​に。それ​を​切り分け​て​は​なら​ない+。次い​で​祭司​は​それ​を​祭壇​の​上,火​の​上​に​ある​その​まき​の​上​で​焼い​て​煙​に​し​なけれ​ば​なら​ない。これ​は​焼燔​の​捧げ物+,エホバ​へ​の,火​に​よる​安らぎ​の​香り​の​捧げ物​で​ある+

脚注

「それ​から……呼び」。ヘ語,ワイイクラー。モーセ​の​この​3​番​目​の​書​は,ヘブライ​語​で​は,この​冒頭​の​表現​を​もっ​て​その​書名​と​し​て​いる。七十訳,ウル訳​は​この​書​の​名称​を「レビ​記」と​し​て​いる(ギ語,レウイティコン; ラ語,レーウィーティクス,「レビ​人[レビ​人​たち]に​関する」)。
「だれ​か」。または,「ある​人」。ヘ語,アーダーム。
「捧げ物」。ヘ語,コルバーン; ギ語,ドーラ,「贈り物」。マル 7:11と​比較。
または,「捧げ物​を​ささげる」。
「焼燔​の​捧げ物」。ヘ語,オーラー; ギ語,ホロカウトーマ; ラ語,ホロカウストゥム,「全燔​祭<ホロコースト>」,火​で​焼き尽くさ​れる​犠牲。
「その​贖罪​を​行なう」。字義,「彼​の​上​に​覆い​を​設ける」。
または,「そして​彼​は​その​若い​雄牛​を……ほふら​ね​ば​なら​ない」。七十訳,「そして​彼ら​は​その​若い​雄牛​を……ほふる」。
「祭司」(複),サマ五,七十訳,および​五つ​の​ヘブライ​語​写本; マソ本,「祭司」(単)。5,8​節と​比較,どちら​も​マソ本​で​は​複数​形。
「祭司」(複),マソ本,七十訳,シリ訳。
または,「また,彼​は​その​腸​と​すね​を​水​で​洗う」。
出 29:18の​脚注​参照。
または,「そして​彼​は​それ​を……の​前​で​ほふら​ね​ば​なら​ない」。
「若い​いえばと」。字義,「いえばと​の​子​ら」。
または,「側面​に​押し(絞り)出さ​れ​ね​ば」。
「その​羽」,七十訳; シュン訳,テオ訳,「その​細か​な​羽(綿毛)」; あるいは,「その​汚物(糞便)」か​も​しれ​ない。
出 27:3,「脂灰」の​脚注​参照。