内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルツ 2:1‐23

2  さて,ナオミ近親*+た。エリメレク家族富裕+で,そのボアズ*+いった。  やがてモアブルツナオミ言った,「どうか,野出さください。そして,どなたその恵みさせいただける付い落ち穂拾わせください+」。それ彼女言った,「行っおいで,わたしよ」。  そこで彼女出かけ行っ入り,刈り入れたち後ろ落ち穂拾いはじめ+。そうして,図らずも,エリメレク+家族あるボアズ属する一続き+  すると,見よ,ボアズベツレヘムからて,刈り入れたちに,「エホバおられるよう+」と言うあった。それ対し彼らも,「エホバあなた祝福ますよう+」と言った。  そのボアズ+は,刈り入れたち立てられ若者こう言った。「この若いどこか」。  そこで,刈り入れたち立てられ若者答え言った,「このモアブ+で,ナオミ一緒モアブから帰っです+  そして彼女言いました,『どうぞ落ち穂拾わせください+。わたし必ず刈り入れたち後ろ,切り取ら拾うことます』。そして彼女入って,朝そのから,今しがた入っ少し下ろすまで,ずっ立ち通し働きまし+」。  後ボアズルツ言った,「娘よ,あなたもう聞いでしょが,ほか落ち穂拾い行かないください+。この場所からよそ移っ行っなりません。そのようて,わたしところ若いたちすぐそばいるようなさい+  彼女たち刈り入れる留めて,是非それ付い行きなさい。わたし若いたちに,あなた触れないよう+命じなかっでしょか。のど渇いときは,是非あの容器ところ行って,若者たちくんくれるもの飲みなさい+」。 10  それ聞い彼女ひれ伏し,地かがめ+こう言った。「み目恵みて,気かけ頂くは,どうことございましょう。私異国ございます+」。 11  するとボアズ答え言った,「あなた死後しゅうとめ尽くしすべてことつい+,わたし詳しく+聞きました。また,あなた自分母,また親族土地離れて,それまで知らなかっところ来るようなっいきさつつい+も[聞きました]。 12  エホバあなた行ない報いくださっ+,あなた十分報礼+イスラエルエホバからもたらさますように。そのあなた避け所求めやっです+」。 13  これ対し彼女言った,「我よ,あなた恵みさせいただけますように。私慰め,このはしため励まし言葉かけ*くださっですから+。このは,あなたはしためようさえありませ+」。 14  そのボアズ食事彼女こう言った。「こちら寄りなさい。さあ,このパン少し食べ+,あなたパン切れこの浸しなさい」。それ彼女刈り入れたち傍ら座った。すると炒っ穀物+差し出し,彼女それ食べるあった。こう彼女満ち足りが,それでもなお残るほどあった。 15  そののち彼女落ち穂拾うため+立ち上がった。するとボアズ自分ところ若者たち命じ言った,「彼女切り落とし拾わせなさい。この手出し+ならない。 16  そして,このために,穂から必ず幾らか引き抜いおくように。それ残しこの拾えるよう+,この叱りつけるようことならない」。 17  こう彼女夕方まで落ち穂拾い続け+,そののち自分拾い集めもの打っ脱穀+。するとそれ大麦エファ*+ほどあった。 18  次い彼女それ持っ入った。しゅうとめは,彼女拾い集めもの*。次い彼女は,自分満ち足りるほど食べなお残っ食べ物取り出し+,それを[しゅうとめ]に与えた。 19  それしゅうとめ言った,「あなた今日どこ落ち穂拾っですか。どこ働いですか。あなたことかけくださっ祝福ありますよう+」。それ彼女は,自分だれもと働いしゅうとめ話した。そしてさらにこう言った。「わたし今日そのもと働いボアズいいます」。 20  それ聞いナオミ言った,「そのエホバから祝福ありますよう+。[]は生きいる死ん+ご自分ある親切お捨てならなかっです+」。ナオミさらに言った,「それわたしたち縁続きです+。わたしたち買い戻す+ひとりです*」。 21  そこでモアブルツ言った,「そのわたしこう言わました。『わたし収穫全部終わるまで,わたしところ若いたちそばから離れないなさい+』」。 22  するとナオミ+ルツ+言った,「わたしよ,そのところ若いたち一緒行くようて,ほか悩まさないよういるよいでしょ+」。 23  こう彼女そのボアズところ若いたちすぐそば付いて,大麦収穫+小麦収穫終わるまで落ち穂拾った。そして,ずっしゅうとめ一緒住ん+

脚注

または,「知り合い」。
「強さよって」という意味あろう。
字義,「はしため話しかけて」。
22㍑。
「しゅうとめは……をた」,マソ本,七十訳; シリ訳,ウル訳,「そしてしゅうとめに……を見せた」。
「わたしたち買い戻すひとりです」。または,「買い戻す請け戻す権利ある,わたしたち近親ひとりです」。ヘ語,ミッゴーアレーヌー,単数形; 幾つヘブライ写本複数形。