内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 9:1‐62

9  それから,[イエス]は十二呼び集め,すべて悪霊制し,さまざま病気治す権威お与えなっ+  そして,王国宣べ伝え,また[病気を]いやさせるため彼ら遣わして,  こう言わた。「旅ためも,杖食物も,パン銀子携え行っなりません。また,二下着持っなりませ+  しかし,どこ入っなら,そことどまり,そのそこ去りなさい+  そして,どこも,人々あなた方迎えないは,彼ら不利証して,その都市から出る+あなた方振り払いなさい+」。  そこで彼ら出かけ行き,村から区域回り,いたるところ良いたより宣明し,また治療行なっ+  さて,地域支配*ヘロデこう起きいる事柄すべてつい聞き,非常困惑た。というのは,ヨハネ死人からよみがえらさと,ある言い+  ほかは,エリヤ現われた,またさらにほかは,古代預言あるよみがえっなどと[言っ]てからある。  ヘロデこう言った。「ヨハネわたし打ち首+。そうすると,わたしこうことつい聞くこのだれだろか」。こうて[ヘロデ]は会ったい考え+ 10  それから使徒たち帰って,自分たち行なっことすべて詳しく話し+。次いで[イエス]は彼ら連れ,自分たちだけベツサイダいう都市退か+ 11  しかし,群衆それ知っあと付い行った。それで[イエス]は彼ら親切迎え,王国つい話しはじめ+,また治療必要するたちおいやしなっ+ 12  やがて傾き始めた。そこで十二寄って,こう言った。「群衆解散せ,彼ら周り田舎行っ宿得,また食糧見つけるようください。ここ寂しい場所ですから+」。 13  しかし[イエス]は彼ら言わた,「あなた方食べるこの人々与えなさい+」。彼ら言った,「わたしたち五つパンしかありませ+。わたしたち自身行っこの全部ため食料買っ来るいうならです+」。 14  実に,約五千ある+。しかし[イエス]は弟子たち言わた,「彼ら五十ずつ群れて,食事ときようならせなさい+」。 15  それで[弟子たち]はそのとおりし,みんなならせた。 16  それから[イエス]は五つパン取っ見上げ,それ祝福述べから小さく割き,群衆置かせるため弟子たち与えはじめ+ 17  こうすべて食べ満ち足りある。そして,彼らところあっ余り拾うと,かけらかご十二はいなっ+ 18  後に,[イエス]がひとり祈りおられると,弟子たちそのもと集まっ*。そこで[イエス]は彼ら質問て,こう言わた。「群衆わたしことだれある言っます+」。 19  彼ら答え言った,「バプテスト*ヨハネ,しかしほかエリヤ*,さらにほかは,古代預言よみがえっと[言っます+]」。 20  すると[イエス]は彼ら言わた,「だが,あなた方は,わたしことだれある言いますか」。ペテロ答え言っ+,「キリスト+です」。 21  すると[イエス]は彼ら厳しいことば語り,このことだれ話さないよう指示+ 22  またこう言わた。「人必ず多く苦しみ遭い,年長祭司書士たち退けられ,かつ殺さ+,三よみがえらされるです+」。 23  それから,すべてさらにこう言わた。「だれわたし付いたい思うなら,その自分捨て+,日々自分苦しみ*取り上げて,絶えわたしあと従いなさい+ 24  だれ自分*救お思うそれ失うからです。しかし,だれわたしため自分失うそれ救うなるです+ 25  全世界かち得も,自ら失い,あるいは損傷被るなら,そのとっいったい益するところあるでしょ+ 26  だれわたしわたし言葉恥じるようなるは,人も,自分栄光およびなるみ使いたちの[栄光]のうち到来する時,その恥じるです+ 27  しかし真実こめあなた方言いますが,ここ立っいるは,まず王国見るまで決して味わわないたちます+」。 28  実際起きことあるが,これらことから後,[イエス]はペテロヨハネヤコブ伴い,祈りするため登っ行か+ 29  そして,祈りおられるうちに,その異なっさまなり+,その着衣きらめくほど白くなっ*+ 30  また,見よ,二語り合っおり,それモーセエリヤあっ+ 31  これら栄光もっ現われ,彼エルサレム遂げるよう定まっいる出立*つい語りはじめある+ 32  ところで,ペテロおよびたち眠気押しひしがた。しかし,すっかり覚めに,彼栄光,またその立っいる見えある+ 33  そして,これらから離れ行くに,ペテロイエス言った,「先生,わたしたちここいる良いことです。それで,わたしたち三つ天幕立てさせください。一つあなたため,一つモーセため,一つエリヤためです」。彼自分言っいるよく分かっなかっ+ 34  しかし,彼こうこと言っいるうちに,雲でき彼ら覆いはじめた。雲入っ行くつれ,彼ら恐ろしくなっ+ 35  するとから+て,「これわたし,選ばある+。この聴き従いなさい+」と言った。 36  そして,そのあっは,イエスひとりほか見えなかっ+。それでも,彼ら沈黙守り,そのころは,自分たち事柄ついだれ知らせなかっ+ 37  明くる日,彼ら下りると,大群衆が[イエス]を出迎え+ 38  そして,見よ,群衆からひとり叫んこう言った。「師よ,私息子ひと目やっください。私独り+息子*です+ 39  ご覧ください,霊+取りつくと,突然叫びだすです。その[霊]は[息子]に吹かせながらけいれん起こさせ,打ち傷負わやっと引き下がるです。 40  そして,あなた弟子たちに,それ追い出しくれるようお願いましが,できませでし+」。 41  イエスそれこたえ言わた,「ああ,不信仰ねじけ世代+,いつまでわたしあなた方て,あなた方こと忍ばならないでしょう。あなた息子ここ連れなさい+」。 42  ところが,彼近づい来るさえ,悪霊地面たたきつけ,激しくけいれんさせある。しかしながら,イエスその汚れ叱りつけ,少年いやして,その引き渡さ+ 43  そこで,人々みな荘厳*+すっかり驚くようなった。 さて,[イエス]の行なうすべて事柄みんな驚嘆いると,[イエス]は弟子たちこう言わた。 44  「この言葉あなた方しっかり収めおきなさい。人人々引き渡されるよう定められいるです+」。 45  しかし彼らは,このことばつい依然理解なかった。事実,彼らその意味見抜くことないよう,それ彼らから秘められあり,また彼らこのことばついて[イエス]に質問する恐れ+ 46  その後,自分たちだれ一番偉いだろ*いう論議彼ら持ち上がっ+ 47  イエス彼ら論議知り,ひとり幼子連れ自分わき立た+ 48  それから彼らこう言わた。「だれわたしよっこの幼子迎えるわたしを[も]迎えるあり,だれわたし迎えるわたし遣わしを[もまた]迎えるです+。あなた方すべてより小さい行動する+こそ偉いです*+」。 49  ヨハネそれこたえ言った,「先生,わたしたちは,あるあなた使っ悪霊たち追い出しいるまし+,それとどめようまし+。彼わたしたち一緒従っない*からです+」。 50  しかしイエス言わた,「あなた方は[そのを]とどめようなりません。あなた方敵しないは,あなた方味方いるです+」。 51  その迎え上げられるべき*+いまやようおり,[イエス]はエルサレム行くこときっぱり向けられた。 52  それで,自分先立っ使者お遣わしなった。そこで彼ら出かけ行っサマリア+入った。彼ため準備ようあった。 53  しかし人々迎えなかった。そのエルサレム行くこと向けられからあっ+ 54  これて,弟子ヤコブヨハネ+言った,「よ,天から下っ彼ら滅ぼし尽くすようわたしたち+命ずることお望みですか」。 55  しかし[イエス]は振り向い彼らお叱りなった。 56  そこで彼ら行った。 57  さて,道進んこと,あるこう言った。「私は,あなたおいでなるなら,どこ付いまいります+」。 58  するとイエスその言わた,「きつねあり,天ねぐらあります。しかし横たえるありませ+」。 59  それから,別に,「わたし追随なりなさい」と言わた。その言った,「まず出かけ行っ葬ることお許しください+」。 60  しかし[イエス]は言わた,「死人+自分たち死人葬らせ,あなた行っ王国広く宣明なさい+」。 61  すると,さらにこう言った。「よ,わたしみ跡従います。ですが,まずわたし別れ*告げること+お許しください」。 62  イエスその言わた,「手すきかけから+後ろもの見る+王国十分ふさわしいありません」。

脚注

または,「四分領太守」。3:1その脚注参照。
または,「弟子たちた」。バチ写*,「弟子たちところた」。
または,「浸礼者; 浸す人」。ギ語,トン バプティステーン。
「わたしエホバ」の意。エ17,18,22(ヘ語),エーリーヤーフー。
付録5ハ参照。
または,「命」。ギ語,プシュケーン; エ17,18,22(ヘ語),ナフショー(ネフェシュ変化形)。付録4イ参照。
または,「きらめくほど輝いた」。
「出立」。ギ語,エクソドン。ペテ二 1:15参照。
または,「たっ子」。ギ語,モノゲネース。
「荘厳力」。または,「威光」。ギ語,メガレイオテーティ; ラ語,マーグニテューディネ; エ17,22(ヘ語),ゲドゥッラト。
または,「偉いか」。
または,「偉いなるです」。
または,「一緒ない」。
または,「その昇天日」。
または,「家いるたち別れを」。