内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 8:1‐56

8  そのなく,[イエス]は,都市から都市,村からされ,王国良いたより宣べ伝え*また宣明+。そして十二一緒おり,  邪たち病気除いもらったち+,七つ悪霊+,マグダレネ呼ばれるマリア,  ヘロデ[家]の管理クーザヨハンナ+,そしてスザンナおよびほか多くたち,これら自分持ち物もっ彼ら奉仕た。  さて,方都市からもとたち群衆集まっ時,[イエス]は例えよっこう+  「種まきまき出かけました。ところで,彼まいいると,その幾らか道路わき落ち踏みつけられ,天それ食べしまいまし+  ほからか岩塊落ち,芽ばえのち,水気ない干上がっしまいまし+  ほからかいばら落ち,一緒成長するいばらそれふさいしまいまし+  ほからか良い落ち,芽ばえのち,百生み出しまし+」。これらこと語りつつ,大声さらにこう言わた。「聴くある聴きなさい+」。  しかしたちは,この例えどういう意味でしょ尋ねはじめ+ 10  [イエス]はた,「あなた方は,王国神聖奥義理解すること聞き入れられますが,残り人々とって,それ例えよるです+。彼らむだ見,聞い意味悟らないようするためです+ 11  さて,例+意味こうです。種言葉です+ 12  道わきものは,聞いたちです+,そののち+やって,信じ救われることないようそのからみ言葉取り去るです+ 13  岩ものは,み言葉聞く喜んそれ受けるたちですが,これらありません。しばらく信じますが,試み時期なる離れ去っしまいます+ 14  いばら落ちもの,これ聞いたちですが,生活思い煩い快楽さらわしまい+,すっかりふさがて,何完成ませ+ 15  りっぱものついいえば,これは,りっぱ良いみ言葉聞いのち+,それしっかり保ち,耐え忍ん結ぶたちです+ 16  「ともしびともしのち,それ覆ったり,寝床置いたりするません。むしろそれ燭台置き,入っ来るその見えるようます+ 17  隠いるもの明らかならないものなく+,また,注意深く秘められいるもの知ら終わり,あらわなら済むもの決してないです+ 18  ですからあなた方は,どのよう聴く注意払いなさい。だれ持っいる者,そのさらに与えられます+,持っない者,そのからは,持っいる思うものまで取り去られるです+」。 19  さて,彼兄弟たち+ところやっが,群衆ためそば行けなかっ+ 20  けれども,「あなたお母さん兄弟たち立って,あなた会おます」ということ伝えられ+ 21  [イエス]は彼ら言わた,「わたし母,そしてわたし兄弟たちは,言葉聞いて,それ行なうこれらたちことです+」。 22  あること,[イエス]と弟子たち乗った。そして[イエス]は,「湖向こう渡りましょう」と言わた。それ彼ら出帆+ 23  しかし,帆いるに,[イエス]は眠っしまわた。折しも,激しいあらし吹き下ろし,彼らは[水]をいっぱいかぶっ危険状態なっ+ 24  ついに,彼は[イエス]のもと行き,彼起こして,こう言った。「先生,先生,わたしたち死んしまいそうです+!」 [イエス]は起こし,風荒れ狂う叱りつけられ+。すると,それ収まり,なぎなっある。 25  それから,彼こう言わた。「あなた方信仰どこあるですか」。しかし,彼ら恐れ打た驚嘆しまい,互いこう言った。「これいったいどういうだろう。風さえ命じると,それこの従う+」。 26  こうゲラサ*地方着いた。それガリラヤ向かいある+ 27  ところが,[イエス]が上がると,そこ都市で,悪霊たちつかいる出会った。そしてこのかなり長いこと衣服ことなく,家なく,墓場住みついある+ 28  彼イエス見る大声叫び,そのひれ伏して,大きなこう言った。「イエスよ,わたしあなたかかわりあるです*+。お願います,わたし責め苦遭わないください+」。 29  (というのは,そのから来るようと,[イエス]がその汚れ命じおらからある。その[霊]は長いあいだ堅くとらえあり+,男監視もと置か足かせつながが,かせ断ち切り,悪霊よっ寂しい場所追いやられるあった。) 30  イエスに,「あなたか」とお尋ねなった。彼は,「軍団です」と言った。数多く悪霊入り込んからある+ 31  そしては,去っ底知れ深み*行けお命じならないよう+,しきり懇願するあっ+ 32  ところで,かなり+群れそこ食べた。それ彼らは,その入ること許しくださるよう懇願+。すると[イエス]は,彼らその許しお与えなった。 33  そこで,悪たちから行って,豚入った。すると,その群れ突進行き,断がいから落ちおぼれ死ん+ 34  しかし,牧たち起き逃げ行き,そのことそこ都市あたり田舎知らせ+ 35  そこで起きようた。そしてイエスところやって,悪霊たち衣服着け,正気なっイエス足もと座っいるた。それ彼ら恐れ気持ちいっぱいなっ+ 36  そのたちは,悪霊取りつかどのようよくなっ*人々伝え+ 37  それで,周ゲラサ*地方から大勢人々皆,自分たちところから離れくれるよう求めた。彼ら非常恐れとらわれある+。それから[イエス]は乗っ戻っ行かた。 38  しかし,悪たちは,ずっ一緒させ欲しいしきり願い求めるあった。しかし[イエス]はこう言っお去らせなっ+ 39  「家帰りなさい。そして,あなたくださっすべてことつい語りつづけなさい+」。それ去っ行き,イエス自分ことすべてその都市全体ふれ告げ+ 40  イエスられると,群衆親切迎えた。人々みな待ち設けある+ 41  そこへ,見よ,ヤイロいうやった。この会堂主宰役員あった。そしてイエス足もとひれ伏し,自分入っくださるよう懇願はじめ+ 42  彼十二ほどなる独り*おり,その[娘]がそうなっからある+ [イエス]が進ん行かれると,群衆そのまわり群がっ+ 43  そこへ,十あいだ流出患い+,だれから治しもらえないひとり+ 44  後から近づいて,彼外衣房べり*+触っ+。すると,彼女流出たちどころ止まっある+ 45  それイエスた,「わたし触っだれです+」。みんなそれ否定に,ペテロこう言った。「先生,群衆あなた取り囲んで,押し寄せ来るです+」。 46  それでもイエスた,「だれわたし触りました。わたしは,力+自分から行く分かっです+」。 47  女は,気づかすまなかって,おののきながらやった。そして,彼ひれ伏し,自分触っ理由,また自分いかにたちどころいやさを,そこすべて打ち明け+ 48  しかし[イエス]はこう言わた。「娘よ,あなた信仰あなたよくならせまし*+。平安うち行きなさい+」。 49  [イエス]がまだおられるうちに,会堂主宰役員代理て,「娘さん亡くならました。もう煩わせなりません」と言っ+ 50  これて,イエスお答えなった,「恐れることありません。ただ信仰示しなさい+。そうすれば,彼女救わます」。 51  その着くと,[イエス]は,ペテロ,ヨハネ,ヤコブおよび少女ほかは,だれ一緒入ることお許しならなかっ+ 52  しかし,人みな泣き,彼女こと打ちたたい悲しんた。それで[イエス]は言わた,「泣かなくよい+。彼女死んない,眠っいるです+」。 53  すると,人ことあざ笑いた。彼女すでに死んこと知っからある+ 54  しかし[イエス]は取っ呼びかけ,「少女よ,起きなさい!*」と言わ+ 55  すると,彼*+戻り,彼女たちどころ起き上がっある+。それから[イエス]は,何食べ物与えるようお命じなっ+ 56  そこで,彼たち忘れるほどなった。しかし[イエス]は,起き事柄ついだれ話さないよう彼ら指示+

脚注

「宣べ伝え」。または,「布告し」。ギ語,ケーリュッソーン; ラ語,プラエディカーンス。
「ゲラサ人」,パピ写75,バチ写,ベザ写,古ラ訳,ウル訳; シナ写,「ゲルゲサ人」; アレ写,シリ訳ペ,シ,「ガダラ人」。
慣用句; 異議示す反発質問。付録7ロ参照。
または,「去っ深みに」。ロマ 10:7参照。
または,「どのよう救わを」。
26脚注参照。
または,「たっの」。ギ語,モノゲネース。裁 11:34,「一人子あった」の脚注参照。
「房べり」。または,「縁飾り; 飾り房」。
または,「あなた救いました」。
または,「目覚ましなさい!」
または,「彼女生命)」。ギ語,ト プネウマ アウテース; エ17,18,22(ヘ語),ルーハーハ。