内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 7:1‐50

7  民聞くところ自分話すことすべて言い終えると,[イエス]はカペルナウム入ら+  さて,ある*奴隷で,彼とっ大切が,病気なっかかっ+  イエスことと,彼ユダヤ年長たちそのもと遣わし,来自分奴隷無事切り抜けさせくださるよう頼んだ。  そこで,イエスもとやっ人々真剣*懇願はじめて,こう言った。「あのあなたこれお授けなるふさわしいです。  わたしたち愛し+,わたしたちため自ら会堂建てほどです」。  それイエス一緒出かけ行った。しかし,そのからあまり遠くないまで時,士官は,彼よう言わせようて,すでに友人たち送り出しところあった。「閣下,ご足労おかけするまでありません。私は,自分屋根あなた入っいただくほどないからです+  そのため,自みもと参上するふさわしくない考えです。ただそのお言葉下さって,私いやされるようください。  とますは,私権威もと置か人間ですが,私もと兵士おりまして,このに,『行け!』と言えば,その行き,別に,『来い!』と[言えば],そのます。また,私奴隷に,『これせよ!』と[言えば],それ致します+」。  そこで,これらことと,イエスことつい驚嘆し,自分あと従っくる群衆ほう向いて,こう言わた。「あなた方言いますが,イスラエルおいさえ,わたしこれほど信仰ことありませ+」。 10  そして,送り出さたち帰り着いみると,その奴隷健康なっある+ 11  このすぐ*,[イエス]はナインいう都市旅行が,弟子たちおよび群衆一緒旅行いった。 12  彼その都市近づくと,何と,見よ,死人+運び出さ来るところあった。それは,その独り*息子+あった。そのうえ,彼女やもめだっある。その都市かなり多く人々彼女一緒た。 13  そして,彼ご覧なると,哀れ思い+,「泣かないよい」と言わ+ 14  そうして,近づい棺台お触りなった。それで,担いたち立ち止まった。それから[イエス]は言わた,「若者よ,あなた言います,起き上がりなさい+* 15  すると,死起き直り,もの言い始めある。次いで[イエス]はそのお渡しなっ+ 16  ここおいて,すべて恐れ+打たれ,栄光たたえつつ,「偉大預言+わたしたち起こさた」,「ご自分注意向けくださっ+」と言いだした。 17  こう関するこのたよりユダヤ周囲地方広まった。 18  さて,ヨハネたちこう事柄すべてつい報告+ 19  そこでヨハネ弟子うち呼び寄せ,「あなたたるべきですか。それとも,わたしたちほか*待つべきでしょ+」と言わせようて,彼ら*もと遣わした。 20  彼ところやっ来ると,そのたちこう言った。「バプテストヨハネわたしどもあなたもと遣わして,『あなたたるべきですか。それとも,わたしたち*待つべきでしょか』と申しおります」。 21  その[イエス]は,病気悲痛疾患また邪悪から大勢治し+,また多く盲目もの見る恵み授けおらた。 22  ゆえに,その[二]に答えこう言わた。「行っ+,あなた方見聞きことヨハネ報告なさい。盲人+見えるようなり,足なえ歩き,らい病清められ,耳聞こえなかっ聞き,死人よみがえらされ,貧しい人々良いたより+告げられます+ 23  それで,わたしつまずかなかっ幸いです+」。 24  ヨハネ使去っ行っから,[イエス]はヨハネつい群衆こう言い始められた。「あなた方眺め荒野行っですか。風揺れるです+ 25  では,何行っですか。柔らか外衣装っです+。きらびやか装いぜいたく暮らしいるたちなら家々いるです+ 26  では,いったい行っでしょか。預言です+。そうです,しかも,あなた方言いますが,預言はるか上回るです+ 27  これは,そのついて,『見よ,わたしあなたわたし使者遣わす+。そのあなたあなた備えるあろう』と書かいるです+ 28  あなた方言いますが,女から生まヨハネより偉大だれませ+。しかし,王国おい小さいほうより偉大です+」。 29  (そしてすべて収税たちは,[これ*]聞いて,かなっある+。彼らヨハネバプテスマ*受けある+ 30  しかし,パリサイおよび通じたちは,自分たち対するみ旨顧みなかっ+。彼らは[ヨハネ]からバプテスマ受けなかっある。) 31  「それで,わたしこの人々だれなぞらえましょか。彼らだれいるでしょ+ 32  幼たち立つ広場座っ互い叫び合っいるます。こう言うです。『あなたたちためフルート吹いに,あなたたち踊らなかった。わたしたち泣き叫んに,あなたたち泣き悲しまなかっ+』。 33  これように,バプテストヨハネパン食べたりぶどう飲んだりないと,『彼悪霊いる』とあなた方言います+ 34  人食べたり飲んだりすると,『見よ,食い意地張った,ぶどうふける男,収税罪人たち友!』とあなた方言います+ 35  しかしやはり,知+その子供すべてよっかなっいること示されるです+」。 36  さて,パリサイあるが,一緒食事するようしきり求めた。そこで[イエス]はそのパリサイ入り+,食卓ついなった。 37  すると,見よ,その都市罪人知られるあっが,[イエス]がそのパリサイ食事ついなっおられること知り,雪花石こう+容器入っ香油携えやった。 38  そして,後行っその足もと置き,泣いて,自分ぬらし始め,自分それふき取るあった。また,彼優しく口づけし,その香油塗っある。 39  それて,彼招いパリサイは,自分こう言った。「このもし預言あるなら+,自分触っいるだれで,どんなか,彼女罪人いうこと知っいるだろ+」。 40  しかし,イエス言わた,「シモン,わたしあなた言うことあります」。彼言った,「師よ,おっしゃっください!」 41  「あるし主対し債務なっました。一方五百デナリ*借りまし+,他方五十デナリでした。 42  返ためもの彼らなかっで,[貸し主]は彼ら惜しみなく許しやりまし+。では,ふたりうちどちらよけい愛するようなるでしょか」。 43  シモン言った,「彼惜しみなくよけい許しやっほう思います」。[イエス]は言わた,「あなた正しく判断ました」。 44  そうして,女ほう向きながら,シモンこう言わた。「あなたこのますか。わたしあなた入りましが,あなたわたしためくれませでし+。しかし,この自分わたしぬらし,自分それふき取りました。 45  あなたわたしづけたりませでし+,このは,わたし入っから,わたし優しく口づけやめませでした。 46  あなたわたし塗りませでし+,このわたし香油塗っです。 47  あなたますが,このことよって,彼女は,多いいえ,許さです+。彼女多く愛しからです。ところが,わずかしか許さないは,わずかしか愛さないです」。 48  それから言わた,「あなた許さます+」。 49  すると,一食卓ついなっ人々は,自分こう言い始めた。「罪さえ許すいうこのどういうだろ+」。 50  しかし[イエス]は言わた,「あなた信仰あなた救っです+。平安うち行きなさい+」。

脚注

または,「百隊長の」。ラ語,ケントゥリオーニス。百隊長100兵士司令あった。
または,「急いで」。
「このすぐ」,パピ写75,シナ写c,アレ写,バチ写; シナ写*,エフ写,ベザ写,「その翌日」。
または,「たっの」。ギ語,モノゲネース。8:42脚注参照。
「目覚ましなさい!」
「ほかの(異なった)方」,シナ写,バチ写; アレ写,ベザ写,「別方」。
または,「主人」。
「別方」,パピ写75,アレ写,バチ写; シナ写,ベザ写,「ほかの(異なった)方」。
または,「彼を」。
または,「浸礼; 浸すこと」。ギ語,バプティスマ。
デナリローマ銀貨で,1デナリ重さ3.85㌘。