内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ルカ 3:1‐38

3  ティベリウス​・​カエサル​*の​治世​の​第​十五​年,ポンテオ​・​ピラト​が​ユダヤ​の​総督,ヘロデ​*+が​ガリラヤ​の​地域​支配​者*,一方​その​兄弟​フィリポ​が​イツリア​および​テラコニテ​地方​の​地域​支配​者,そして​ルサニア​が​アビレネ​の​地域​支配​者​で​あっ​た​時,  祭司​長​アンナス,および​カヤファ​+の​時代​に,​の​宣言​が​荒野​に​おい​て​+ゼカリヤ​の​子​ヨハネ​+に​臨ん​だ。  それ​で​彼​は​ヨルダン​周辺​の​全​地方​に​来​て,罪​の​許し​の​ため​の​悔い改め​の[象徴​と​し​て​の]バプテスマ​を​宣べ伝え​た+  預言​者​イザヤ​の​言葉​の​書​に​記さ​れ​て​いる​とおり​で​ある。「聴け! だれ​か​が​荒野​で​叫ん​で​いる。『あなた方​は​エホバ​*の​道​を​備えよ。その​道路​を​まっすぐ​に​せよ+  谷間​は​みな​埋め​られ,山​と​丘​は​みな​平ら​に​され​ね​ば​なら​ず,曲がっ​た​ところ​は​まっすぐ​な​道​に,でこぼこ​の​所​は​なだらか​な​道​に​なら​ね​ば​なら​ない+  そして​肉​なる​者​は​みな​​の​救い​の​手だて​を​見る​で​あろ​う+』」。  それで,彼​から​バプテスマ​を​受け​よう​と​し​て​出​て​来る​群衆​に​対し​て,彼​は​こう​言い​はじめ​た。「まむし​ら​の​子孫​よ+,来​よう​と​し​て​いる​憤り​から​逃れる​べき​こと​を,だれ​が​あなた方​に​暗示​し​た​の​です​か+  それ​で​は,悔い改め​*に​ふさわしい​実​を​生み出し​なさい+。そして,自分​の​中​で,『わたしたち​の​父​に​アブラハム​が​いる』など​と​言いだし​て​は​なり​ませ​ん。あなた方​に​言っ​て​おき​ます​が,​は​これら​の​石​から​アブラハム​に​子供​たち​を​起こす​力​を​お持ち​に​なる​の​です。  実際​の​ところ,斧​は​すでに​木​の​根もと​に​置い​て​あり​ます。それゆえ,りっぱ​な​実​を​生み出し​て​い​ない​木​は​みな​切り倒さ​れ​て​火​に​投げ込ま​れる​の​です+」。 10  すると,群衆​は​彼​に​こう​尋ねる​の​で​あっ​た。「では,わたしたち​は​どう​し​たら​よい​の​でしょ​う​か+」。 11  彼​は​答え​て​言う​の​で​あっ​た,「下着​を​二​枚​持つ​人​は​一​枚​も​持た​ない​人​と​分け合い,食べ物​を​持つ​者​も​同じ​よう​に​し​なさい+」。 12  しかし,収税​人​たち​まで​が​バプテスマ​を​受け​に​来​て,「師​よ,わたしたち​は​どう​し​たら​よい​の​でしょ​う​か」と​言っ​た+ 13  [ヨハネ]は​彼ら​に​言っ​た,「税率​以上​の​もの​を​要求​し​て​は​なり​ませ​ん+」。 14  また,兵役​に​つい​て​いる​人々​も,「わたしたち​と​し​て​は​どう​し​たら​よい​の​でしょ​う​か」と​尋ねる​の​で​あっ​た。すると​彼​は​言っ​た,「だれ​を​も​悩まし​たり,だれ​を​も​偽っ​て​訴え​たり​し​て​は​なら​ず+,自分​の​給与​*で​満足​し​なさい+」。 15  さて,民​は​待ち設け​て​おり,また​すべて​の​者​が​ヨハネ​に​関し,「あるいは​彼​が​キリスト​で​は​なかろ​う​か」と​心​の​中​で​考え​を​巡らし​て​い​た​の​で+ 16  ヨハネ​は​すべて​の​者​に​こう​言っ​て,その​答え​を​与え​た。「わたし​は,あなた方​に​水​で​バプテスマ​を​施し​ます。しかし,わたし​より​強い​方​が​来​られ​ます。わたし​は​その​方​の​サンダル​の​締めひも​を​ほどく​に​も​値し​ませ​ん+。その​方​は​あなた方​に​聖霊​と​火​で​バプテスマ​を​施す​でしょ​う+ 17  [穀物​を]あおり分ける​シャベル​が​その​手​に​あり​ます。それ​は​自分​の​脱穀​場​を​すっかり​きれい​に​し,小麦​を​自分​の​倉​の​中​に​集める​ため​です+。しかし,もみがら​の​ほう​は+,消す​こと​の​でき​ない​火​で​焼き払う​でしょ​う+」。 18  それで,彼​は​ほか​に​も​多く​の​勧め​を​し,引き続き​民​に​良い​たより​を​宣明​し​た。 19  しかし​地域​支配​者​*の​ヘロデ​は,自分​の​兄弟​の​妻​ヘロデア​に​関し,また​ヘロデ​が​行なっ​た​すべて​の​邪悪​な​行為​に​関し​て​彼​に​戒め​られ​た​ため+ 20  そう​し​た[行為]すべて​に​加え​て​さらに​この​こと​を​行なっ​た。すなわち,ヨハネ​を​獄​に​閉じ込め​た​の​で​ある+ 21  さて,民​が​皆​バプテスマ​を​受け​て​い​た​時,イエス​+も​また​バプテスマ​を​お受け​に​なっ​た*。そして,祈っ​て​おら​れる​と,天​+が​開け, 22  聖霊​が​はと​の​よう​な​形​を​とっ​て​彼​の​上​に​下り,また​天​から​声​が​あっ​た。「あなた​は​わたし​の​,[わたし​の]愛する​者​で​ある。わたし​は​あなた​を​是認​し​た+」。 23  なお,イエス​自身​は,[その​業​+を]開始​さ​れ​た​*時,およそ​三十​歳​で​あり+,[人​の]意見​で​は*,ヨセフ​の​子​+で​あっ​た+[ヨセフ​は]ヘリ​の[子], 24  [ヘリ​は]マタテ​の[子],[マタテ​は]レビ​の[子],[レビ​は]メルキ​の[子],[メルキ​は]ヤンナイ​の[子],[ヤンナイ​は]ヨセフ​の[子], 25  [ヨセフ​は]マタテヤ​の[子],[マタテヤ​は]アモス​の[子],[アモス​は]ナホム​の[子],[ナホム​は]エスリ​の[子],[エスリ​は]ナンガイ​の[子], 26  [ナンガイ​は]マアテ​の[子],[マアテ​は]マタテヤ​の[子],[マタテヤ​は]セメイン​の[子],[セメイン​は]ヨセク​の[子],[ヨセク​は]ヨダ​の[子], 27  [ヨダ​は]ヨハナン​の[子],[ヨハナン​は]レサ​の[子],[レサ​は]ゼルバベル​+の[子],[ゼルバベル​は]シャルテル​*+の[子],[シャルテル​は]ネリ​の[子], 28  [ネリ​は]メルキ​の[子],[メルキ​は]アデイ​の[子],[アデイ​は]コサム​の[子],[コサム​は]エルマダム​の[子],[エルマダム​は]エル​の[子], 29  [エル​は]イエス​*の[子],[イエス​は]エリエゼル​の[子],[エリエゼル​は]ヨリム​の[子],[ヨリム​は]マタテ​の[子],[マタテ​は]レビ​の[子], 30  [レビ​は]シメオン​の[子],[シメオン​は]ユダ​の[子],[ユダ​は]ヨセフ​の[子],[ヨセフ​は]ヨナム​の[子],[ヨナム​は]エリヤキム​の[子], 31  [エリヤキム​は]メレア​の[子],[メレア​は]メンナ​の[子],[メンナ​は]マタタ​の[子],[マタタ​は]ナタン​+の[子],[ナタン​は]ダビデ​+の[子], 32  [ダビデ​は]エッサイ​+の[子],[エッサイ​は]オベデ​*+の[子],[オベデ​は]ボアズ​+の[子],[ボアズ​は]サルモン​*+の[子],[サルモン​は]ナフション​+の[子], 33  [ナフション​は]アミナダブ​*+の[子],[アミナダブ​は]アルニ​*+の[子],[アルニ​は]ヘツロン​+の[子],[ヘツロン​は]ペレツ​+の[子],[ペレツ​は]ユダ​+の[子], 34  [ユダ​は]ヤコブ​+の[子],[ヤコブ​は]イサク​+の[子],[イサク​は]アブラハム​+の[子],[アブラハム​は]テラ​+の[子],[テラ​は]ナホル​+の[子], 35  [ナホル​は]セルグ​+の[子],[セルグ​は]レウ​+の[子],[レウ​は]ペレグ​+の[子],[ペレグ​は]エベル​+の[子],[エベル​は]シェラハ​+の[子], 36  [シェラハ​は]カイナン​の[子],[カイナン​は*]アルパクシャド​+の[子],[アルパクシャド​は]セム​+の[子],[セム​は]ノア​+の[子],[ノア​は]レメク​+の[子], 37  [レメク​は]メトセラ​+の[子],[メトセラ​は]エノク​+の[子],[エノク​は]ヤレド​+の[子],[ヤレド​は]マハラルエル​+の[子],[マハラルエル​は]カイナン​+の[子], 38  [カイナン​は]エノシュ​+の[子],[エノシュ​は]セツ​+の[子],[セツ​は]アダム​+の[子],[アダム​は]​の[子]で​あっ​た。

脚注

「カエサル」。または,「皇帝」。ギ語,カイサロス; ラ語,カエサリス。
すなわち,ヘロデ​大王​の​子​ヘロデ​・​アンテパス。
「地域​支配​者」。字義,「四分領​太守」; ローマ​皇帝​の​代理​を​する​地域​君主。ラ語,テトラルカ。
付録1ニ参照。
字義,「思い​の​変化」。ギ語,メタノイアス。
「給与」。または,「賃金」。ラ語,スティーペンディイース。
1​節,「地域​支配​者」の​脚注​参照。
または,「浸礼​を​お受け​に​なっ​た; 浸さ​れ​た」。ギ語,バプティステントス。
または,「[教える​こと​を]開始​さ​れ​た」。
「[人​の]意見​で​は」。または,「律法​に​よっ​て​証明​さ​れ​た​とおり」。
字義,「サラティエル」。
「イエス」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳,シリ訳​,エ18,22; シリ訳​,エ17,21,「ヨセ」。
「ヨベル」,シナ写​*,バチ写,シリ訳​
「サラ」,シナ写​*,バチ写,シリ訳​
「アミナダブ」,アレ写,ウル訳,シリ訳​; バチ写,「アドメイン」。
「アラム」,アレ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳​。または,「ラム」。代​一 2:9; マタ 1:3,4参照。
パピ写​75,ベザ写​は,創 10:24; 創 11:12,15; 代​一 1:18と​一致​し​て,「カイナン​の[子],[カイナン​は]」の​部分​を​省い​て​いる。