内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 23:1‐56

23  こうこぞって立ち上がり,彼ピラトもと引い行っ+  そして,彼こと訴え始め+こう言った。「わたしたちは,このわたしたち国民かく乱+,カエサル*払うこと禁じ+,自分キリスト言っいるまし+」。  そこでピラト質問言った,「あなたユダヤか」。[イエス]は答え言わた,「あなた自身が[そう]言っます+」。  それからピラトたち群衆言った,「わたしこの犯罪見いだせない+」。  しかし執よう迫るようなり,「彼ユダヤじゅう教え回っあおり,しかもガリラヤから始めここまでです」と言った。  それと,ピラトは,このガリラヤどう尋ね,  彼ヘロデ*管轄+からいること確かめのち,彼ヘロデもと送った。[ヘロデ]自身そのころエルサレムある。  イエスと,ヘロデ大そう歓んだ。彼こと聞い+,かなりから一度会ったい思っ+からあり,また行なうしるし多少たい希望ある。  そこで[ヘロデ]はかなり言葉質問はじめた。しかし[イエス]はお答えならなかっ+ 10  しかしながら,祭書士たち次々立ち上がり,彼こと激しく訴えるあっ+ 11  そこでヘロデ衛兵たち一緒なっけなし+,色鮮やか*着せ愚弄+,それからピラトもと送り返した。 12  実その日,ヘロデピラト+互い親しいなった。それまで彼ら互い反目続けある。 13  そこでピラト支配たち,そして呼び集めて, 14  こうた。「あなた方は,民駆り立て反乱起こさせるこのわたしところ連れた。それで,見よ,わたしあなた方取り調べが,あなた方挙げる罪状根拠なるようもの何らこの見いだせなかっ+ 15  事実,ヘロデそうあった。彼わたしたちところ送り返しからだ。見よ,彼価するようこと+犯しない。 16  それゆえわたしは,彼打ち懲らしから+釈放することする」。 17 * ―― 18  しかしいっせい叫ん言った,「この取り除け+。我々バラバ釈放せよ+!」 19  (この[男]は市内起きある暴動殺人かど入れられある。) 20  ピラト彼ら呼ばわった。イエス釈放すること望んからある+ 21  そのときは,「杭つけろ! 彼つけろ!*」とわめきたて+ 22  [ピラト]はたび彼ら言った,「この[男]がどんな悪事いうか。わたしは,死価するようこと見いださなかった。それゆえ,わたし打ち懲らしから釈放することする+」。 23  すると,彼しつこく迫るようなり,大声上げて,彼つけるよう要求た。そして,彼らうち勝つようなっある+ 24  それピラトは,彼要求合うよう宣告下し+ 25  つまり,暴殺人かど入れられ男,彼ら要求ほう釈放+,イエスほう彼ら意向ゆだねある+ 26  さて,[イエス]を行くさい,彼らは,キレネ生まれで,田舎からシモンいう捕まえ苦しみ負わせ,イエス後ろからそれ運ば+ 27  しかし,非大勢たちが,悲嘆あまり打ちたたき,彼こと嘆き悲しみながらそのあと付い行った。 28  イエスたちほう向いて,こう言わた。「エルサレムたちよ,わたしため泣くやめなさい。むしろ,自分自分子供たちため泣きなさい+ 29  見よ,人々が,『うまずめは,そして産まなかっ飲ませなかっ乳房幸いだ!』と言う来るからです+ 30  そのときは,山向かって,『我々倒れかかれ!』と言い,丘向かって,『我々覆っくれ!』と[言い]始めるでしょ+ 31  というのは,木水気ある彼らこうこと行なうあれば,それ枯れどんなこと起こるでしょ+」。 32  しかし,ほか悪行が,彼処刑れるため,やはり引か行っ+ 33  そして,“どくろ*”とれる着い+,彼らそこで[イエス]をつけ,そしてその悪行たちを,一そのに,一そのて[杭つけ+]。 34  [[しかしイエスこうれるあった。「よ,彼らお許しください+。自分たちいる知らないですから」。]]* さらに,彼分配ようて,彼らくじ引い+ 35  そして,民立っじっ+。しかし支配たち冷笑ながらこう言うあった。「ほか救っだ。このキリスト,あるなら+,自分救うよい+」。 36  兵たちまで愚弄+,すぐ近く酸いぶどう差し出しながら+ 37  こうた。「もしお前ユダヤなら,自分救っみろ」。 38  また,彼上方は,「これユダヤ*」と*書き記しものあっ+ 39  ところで,[杭に]掛けられ悪行ことあしざま言いはじめ+,「あなたキリストないか。自分わたしたち救え」。 40  他それ答え,彼叱っこう言った。「お前少し恐れないか。同じ裁き受けいる+ 41  しかも,我こうなる全く当然だ。自分対する相応報い受けいるだから。しかしこの[人]は外れことない+」。 42  そしてさらに言った,「イエスよ,あなたご自分王国入られる+,わたしこと思い出しください」。 43  すると[イエス]は言わた,「今日*あなた真実言いますが,あなたわたしパラダイス+*いるでしょ+」。 44  ところで,すでにごろなっに,闇全地垂れこめて,第*まで及ん+ 45  日なくなっしまっある。その時,聖なる*垂れ幕+真ん中引き裂け+ 46  そしてイエス呼ばわっ言わた,「よ,わたしみ手託します+」。こう言っから,[イエス]は引き取ら+ 47  士*起き事柄栄光たたえるようなり,「ほんとうこの義人あった」と言っ+ 48  そして,このためそこ集まっ群衆皆,起き事柄たたきながら帰っ行った。 49  また,彼親しく知ったち皆,やや離れ立っ+。それに,共ガリラヤから付いたちも,これらこと見つめ立っある+ 50  さて,見よ,ヨセフいうた。一員*あり,善良かなっあっ+ 51  この[人]は彼ら謀りごと行動支持する投票なかっある+ ― 彼ユダ*都市アリマタヤあり,王国待っ+ 52  このピラトもと行き,イエス頂きたい願い出+ 53  そしてそれ下ろし+上等亜麻包み,岩掘り込ん横たえ+。それは,まだだれ横たえられことないものあっ+ 54  さて,それあり+,安息+夕暮れ近づい* 55  しかし,彼ガリラヤからたちは,あと付い行っその記念+見,またそのどのよう横たえられを[見+]。 56  それからたちは,香料香油+準備するため戻っ行った。しかし,言うまでなく,安息おきてしたがって休ん+

脚注

または,「皇帝」。ギ語,カイサリ; ラ語,カエサリー。
すなわち,ヘロデ大王ヘロデアンテパス。3:1参照。
または,「きらびやかな」。
パピ写75,アレ写,バチ写17省いいる; シナ写,ワシ写,ウル訳,シリ訳,「ところ祭りごとだれ釈放する必要あった」。(ベザ写,シリ訳ク,シこれら19付け加えいる。)
または,「彼杭(柱)に留めろ!」 付録5ハ参照。
「“どくろ”」。ギ語,クラニオン; ラ語,カルウァーリアエ; エ17,18(ヘ語),グルゴルター。マタ 27:33参照。
シナ写,エフ写,ウル訳,シリ訳ク,ペこれらかっこ挿入いる; パピ写75,バチ写,ベザ写*,ワシ写,シリ訳省いいる。
字義,「ユダヤ,この(者)は」。ギ語,ホ バシレウス トーン イウーダイオーン フートス; ラ語,ヒーク エスト レクス イウダエオールム; エ22(ヘ語),ゼフー メレク ハイエフーディーム(hai·Yehu·dhim')。
パピ写75,バチ写,シリ訳ク,シよる; ベザ写,ウル訳,シリ訳は,「ギリシャ語,ラテン語,ヘブライ文字で」を付け加えて,ヨハ 19:20一致いる。
「今日」。WHギリシャ本文で「今日」に相当するコンマ打ち,「今日」が「わたしパラダイスいる」にかかるよういるが,ギリシャ文字写本コンマ用いられなかった。この翻訳は,文脈そって,「今日」に当たるコンマ省い訳し方いる。シリ訳(西暦5世紀)はこのよう訳しいる,「アーメン,わたし今日なんじ言う,我なんじエデンおらん」― FCバーキット,「四福音クレトニア訳」,第1巻,ケンブリッジ,1904年。
パラダイスに」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳,エ11,13,16; ギ語,エン トーイ パラデイソーイ; エ17,18,22(ヘ語),ベガンエーデン,「エデンに」。七十訳創 2:8,10,15,16参照。
「第時」は午後3ごろ当たる。「第時」は12ごろで,日から数える。
または,「住まい住居)」。ギ語,トゥー ナウー; ラ語,テンプリー; エ17,18,22(ヘ語),ハヘーカール
または,「百隊長」。100兵士司令官。
「議会一員」。または,「評議員; 元老院議員」。ギ語,ブーレウテース。
または,「ユダヤ人」。ギ語,イウーダイオーン。
または,「安息迫った」。