内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 20:1‐47

20  [イエス]が殿教え,良いたより宣明おらあること,祭司書士たち年長たち一緒近づい+  彼向かっこう言い立てた。「どんな権威こうことするか,まただれあなたこの権威与えか,わたしたち言いなさい+」。  [イエス]は彼ら言わた,「わたしも,あなた方質問ますから,言いなさい+  ヨハネバプテスマ*からものでしか,それからものでし+」。  すると互い結論出し合っ言った,「我々が,『天から』と言えば,彼は,『あなた方信じなかっどうしてか』と言うだろ+  しかし,『人から』と言えば,民こぞって我々石打ちするだろ+。ヨハネ+預言あっ信じ込んいるから+」。  それは,どこからもの知らない返答た。  そこでイエス言わた,「わたしも,どんな権威自分これらこと行なうを,あなた方言いませ+」。  それから[イエス]はこの例え話し始められた。「あるぶどう設け+,それ耕作たち貸し出して,かなりあいだ外国旅行まし+ 10  しかし,しかるべきに,彼ひとり奴隷耕作たち+もと送りまし+。彼らぶどう実り幾らか納めるようするためです+。ところが,耕作たちは,[その奴隷]を打ちたたいのち,むなし手去らしまいまし+ 11  しかし重ねほか奴隷彼らもと遣わしました。その彼ら打ちたたい辱め,むなし手去らまし+ 12  それでももう一度,三遣わしまし+。この彼ら傷つけ追い出しです。 13  そこで,ぶどう持ち主言いました,『どうものだろう。わたし愛する息子+遣わすことよう。これなら恐らく尊敬するだろう』。 14  彼見ると,耕作たち互い論じ合っ言いました,『これ相続だ。こいつ殺して,相続財産我々ものよう+』。 15  そうして,彼ぶどう追い出し+,殺ししまっです+。それで,ぶどう持ち主彼らどうするでしょ+ 16  やって,これら耕作滅ぼし,そのぶどうほかたち与えるです+」。 [これを]聞い彼ら言った,「そんなこと決して起きませように!」 17  しかし,[イエス]はご覧なっ言わた,「では,『建築たち退け+,これ主要隅石なっ+』と書いあるどういうことですか。 18  その落ちるこなごななるでしょ+。だれこれその落ちる+,そのみじん砕かれるでしょ+」。 19  書祭司たちは,ちょうどそのに,彼掛けようが,民恐れた。彼らは,[イエス]が自分たちこと念頭おいこの例え話しこと気づいある+ 20  そこで,彼様子つぶさうかがっのち,義人ようふりさせるためひそか雇ったち遣わした。そのことばじり捕らえ+,彼政府に,そして総督権限もと引き渡そあっ+ 21  そこで,そのたち質問こう言った。「師よ,わたしどもは,あなた話したり教えたりされること正しく,また公平扱いなさらず,かえって真実即しお教えなること知っおります+ 22  わたしどもカエサル*払うことよろしいでしょか,よろしくないでしょ+」。 23  しかし,[イエス]はこうかつ見破っこう言わ+ 24  「デナリ*わたしなさい。それだれ銘刻ありますか」。彼らは,「カエサルです」と言っ+ 25  [イエス]は言わた,「では,ぜひとも,カエサルものカエサル+,しかしもの返しなさい+」。 26  するとは,民て,このことばつかまえることできず,むしろその答え驚い言えなかっ+ 27  しかしながら,復などない言うサドカイやっ+,彼質問て, 28  こうた。「師よ,モーセ+わたしたちに,『ある兄弟持ちながらに,その子供なかっなら,彼兄弟+そのめとり,自分兄弟ため彼女から子孫起こすべきある』と書きまし+ 29  さてここに,七兄弟ました。一めとりましが,子供ないまま死にまし+ 30  こう目, 31  つい彼女めとりました。七まで同様でした。彼ら子供残さみな死んです+ 32  最に,その死にまし+ 33  この果,復活*際,彼女彼らうちだれなるですか。その彼女ですから+」。 34  イエス言わた,「この事物体制*めとったり嫁いだります+ 35  か体制+死人から復活+かち得るふさわしいみなさたち+は,めとること嫁ぐことありません。 36  実際,彼らもう死ぬことないです+。彼らみ使いたちようあり,また,復活あることよったち*です+ 37  しかし,死よみがえらされることついは,モーセさえ,いばら茂み関する記述+で[それを]明らかました。そのさいは,エホバ*を,『アブラハム,イサク,ヤコブ+』と呼んます* 38  この死んなく,生きいるの[]です。彼ら皆,[]にとっ生きいる*です+」。 39  書それこたえ言った,「師よ,よくぞ言わました」。 40  もはやは,[イエス]に何一つ質問する勇気なかっある。 41  かわって[イエス]が言わた,「人々が,キリストダビデ言うどうしてです+ 42  ダビデで,『エホバ*わたし言わた, 43  わたしあなたあなた足台据えるまで,わたし座しなさい』と言っます+ 44  それゆえ,ダビデを『』と呼んいるです。それで,どうしてでしょか」。 45  それから,民すべて聴いいるところで,[イエス]は弟子たちこう言わ+ 46  「書たち付けなさい。彼ら長い歩き回ること望み,市立つ広場*あいさつと,会堂正面座席,そして晩さん特に目立つ場所好みます+ 47  彼は,やもめたち食い荒らし+,見せかけため長い祈りするたちです。こうたちより重い裁き受けるでしょ+」。

脚注

または,「浸礼; 浸すこと」。ギ語,バプティスマ。
または,「皇帝に」。ギ語,カイサリ; ラ語,カエサリー。
ローマ銀貨で,重さ3.85㌘。
「復活」。ギ語,アナスタセイ,「起き上がらせること; 立ち上がること」(「上へ」を意味するアナと「立つこと」を意味するスタシスから); ラ語,レスッレクティオーネ。
または,「事物秩序」。ギ語,アイオーノス; ラ語,サエクリー; エ17,18,22(ヘ語),ハーオーラーム,「事物秩序」。
「子たち」。または,「子供たち」。
付録1ニ参照。
または,「そのさいは,『アブラハム神……ヤコブあるエホバ』と言っます」。
または,「[神]の観点から生きいる」。
付録1ニ参照。
11:43脚注参照。