内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 2:1‐52

2  さてそのころ,人住む全地*登録命ずる布告+カエサル*アウグスツスからた。  (この最初登録クレニオシリア総督あっ行なわものある。)  それで,すべて登録するため+,それぞれ自分都市旅立った。  もとよりヨセフも,ダビデまた家族一員あっ+,ナザレ都市て,ガリラヤからユダヤ入り,ベツレヘム+呼ばれるダビデ都市上った。  約束どおり嫁ぎ+,今身重なっ+マリア+登録するためあった。  彼らそこいるに,彼女出産た。  そして彼女子,初子産み+,これくるんで,飼い葉おけ横たえ+。泊まり部屋*彼ら場所なかっからある。  またその同じ地方は,羊飼いたち戸外住ん*,夜間自分群れた。  すると突然,エホバ*み使い+彼らそば立ち,エホバ*栄光+彼ら周りきらめいた。そのため彼ら非常恐れ感じた。 10  しかしみ使い彼ら言った,「恐れることありません。見よ,わたしあなた方に,民すべて大きな喜びなる良いたより告げ知らせいるです+ 11  今日,ダビデ都市+で,あなた方救い主+なるキリスト*+*生まからです。 12  そして,これあなた方ためしるしです。あなた方は,幼児くるまり,飼い葉おけ横たわっいる見つけるでしょう」。 13  すると突然,大勢天軍*そのみ使いなり+賛美+こう言った。 14  「上なる高き所+栄光に,地上平和+善意人々*あるよう+」。 15  それで,み使いたち彼ら離れ行っから,羊飼いたち互いこう言いはじめた。「ぜひベツレヘムまで行って,エホバ*+わたしたち知らせくださっこの出来事ようないか」。 16  そこで彼ら急い行き,マリア,それヨセフ,そして飼い葉おけ横たわっいる幼児見つけた。 17  彼らそれ見ると,この幼子つい自分たち語ら事柄知らせた。 18  すると,聞く皆,羊飼いたち話す事柄驚嘆た。 19  しかしマリアは,心あれこれ結論下しつつ,こう語られる事柄すべてを[記憶に]とどめいっ+ 20  それから羊飼いたちは,自分たち聞いたりたりすべてつい栄光たたえ,また賛美ながら戻っ行った。自分たち告げられとおりあっある。 21  さて,八+満ち割礼施す+なると,そのイエス*名づけられ+。胎内宿される前,み使いよっ付けられある+ 22  また,モーセ律法したがってその浄め期間+満ち時,彼らエホバ*差し出すため,その[子]を連れエルサレム上った。 23  エホバ*律法に,「胎開く男子みなエホバ*対しなるもの呼ばならない+」と書いあるとおりある。 24  また,エホバ*律法に,「やまばともしくは若いいえばと+」と述べられいるところしたがって犠牲ささげるためあった。 25  そして,見よ,エルサレムシメオンいうた。これかなっ敬虔あり,イスラエル慰め待っ+。そして,聖霊そのあった。 26  さらにこのは,エホバ*キリスト+見るまでないいうことが,聖霊よっから啓示た。 27  さて,彼動かさ+神殿入った。そして,その両親が,律法しきたりどおり行なうため+,幼子イエス連れ入っ来ると, 28  自らその[子]を迎え,ほめたえこう言った。 29  「主権なる*よ,今こそあなたは,ご自分宣言どおり,この奴隷安らかゆかくださいます+ 30  わたしあなた救い手だてからです+ 31  それあらゆる見るところあなた用意ものあり+ 32  諸国民+からベール取り除く+ため*+,またあなたイスラエル栄光です」。 33  するとそのは,[幼子]につい語られる事柄終始不思議思った。 34  また,シメオン彼ら祝福が,そのマリアこう言った。「見よ,このは,イスラエル多く倒れ+,また再び立ち上がる*ため+,そして非難浴びるしるしため置かます+ 35  (そうです,長いまさにあなた*貫くでしょ+。)それは,多く推論暴かれるためです+」。 36  さて,アシェルで,パヌエルある,女預言アンナた。(このずっ取っおり,処女から暮らしが, 37  今やもめ+あり,八十四あった。)この神殿から離れことなく,断食祈願もっ夜昼神聖奉仕ささげ*+ 38  そして,ちょうどこの時間近く*感謝ささげ,また,エルサレム救出待つ人々+すべてに,[その子供]につい*語りはじめた。 39  こうて,エホバ*律法したがってすべてこと果たしてから+,彼らガリラヤへ,自分たち都市ナザレ+戻っ行った。 40  そして,幼子成長強くなっゆき+,知恵満たされ,恵み+引き続きそのあった。 41  さて,彼両親は,過ぎ越し祭りためごとエルサレム行く習わしあっ+ 42  そして[イエス]が十二なっあっが,彼ら祭り習慣したがって上っ行き+ 43  その期間終わりまでとどまった。しかし彼ら帰途つい時,少年イエスエルサレム残って,両親そのこと気づかなかった。 44  一緒旅行いる連れいるもの思い,一日道のり+行っから,親族知人尋ねまわった。 45  ところ見つからないで,彼らエルサレム引き返して,丹念捜した。 46  するとに,彼神殿おり+,教師たち真ん中座って,その[話すこと]を聴いたり質問たりいる見つかった。 47  しかし,彼[の話すこと]を聴いたち皆,その理解答え終始驚き惑っある+ 48  そこで,[イエス]をて,彼らすっかり驚いしまった。そして言った,「子供よ,どうしてこんなことくれです。ご覧なさい,父上わたし痛む思いながらあなた捜しです」。 49  しかし言った,「なぜ捜さなけれならなかっですか。私自分の[家]にいるはずことご存じなかっです+」。 50  しかしながら,彼らは[イエス]がことば意味悟らなかっ+ 51  それからは[両親]と下っナザレた。そして,引き続き彼ら服しおら+。また,彼こうことば*すべて注意深くおさめ+ 52  そしてイエスは,知恵おい+,身体成長おいも,またから恵み+さらに進んいった。

脚注

「人住む……地」。字義,「住まいる[ところ]」。ギ語,テーン オイクーメネーン,女性単数形。地指しいる。
または,「皇帝」。ラ語,カエサレ。
「泊まり部屋」。または,「客室」。マル 14:14参照。
または,「野住んで」。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
「主なるキリスト」。ギ語,クリストス キュリオス。エ5‐8,10あるとおり,この表現は,「エホバキリスト」という意味ヘブライ語,マーシーアハ エホーワーギリシャあるしれない。2:26参照。
または,「キリストなるが」。
「軍」。または,「(の)万軍」。ラ語,ミーリティアエ。
「善意人々」。または,「[神]が是認れる人々」。ギ語,アントローポイス エウドキアス。
付録1ニ参照。
マタ 1:21脚注参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
「主権なる主」,シナ写,アレ写,バチ写; ギ語,デスポタ; エ7,8,10,13,16,17,22(ヘ語),アドーナーイ; エ9,18,「エホバ」。
または,「諸国民啓示ため光」。
「再び立ち上がる」。または,「復活(の)」。ギ語,アナスタシン。マタ 22:23脚注参照。
または,「命」。ギ語,プシュケーン。付録4イ参照。
「神聖奉仕ささげて」。または,「崇拝ささげて」。ギ語,ラトレウウーサ; エ22(ヘ語),ベオヴダーハ,「彼女仕えること崇拝すること)において」。出 3:12脚注参照。
「神」,シナ写,アレ写,バチ写; ウル訳,シリ訳ペ,シ,「主」; エ5,7‐17,「エホバ」。
字義,「それついて」。
付録1ニ参照。
または,「事柄」。ギ語,レーマタ。1:37脚注参照。