内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 18:1‐43

18  それから[イエス]は,彼ら祈り,かつあきらめならないことつい+,さらに例え話し  こう言わた。「ある都市に,恐れ抱かず,人敬意持たないある裁き人ました。  ところが,その都市ひとりやもめて,しきりもと+,『わたし自分訴訟相手対し公正裁きられるようください』と言いました。  さて,しばらくあいだすすみませでしが,後なっ自分言いました,『わたし恐れたり敬ったりするわけないが,  とにかく,このやもめ絶えわたし煩わすから+,彼女公正裁きられるようろう。そうすれば,とことんまでやっわたしこづきまわす*+ようことないだろう』」。  それからこう言わた。「不義あるが,この裁き人言っこと聞きなさい!  では,は,日夜ご自分向かっ叫ぶその選ばたちためは,たとえ彼ら対し長く忍んおられる+,必ず公正行なわれるようくださらないでしょ+  あなた方言いますが,彼らため速やか公正行なわれるようくださるです+。といえ,人到来する時,地上ほんとう信仰見いだす*でしょか」。  しかし[イエス]は,自分かなっいる自負+,ほかたち取る足りない考えるある人々+例え話さた。 10  「二祈りするため神殿上りました。一パリサイ人,他収税でした。 11  パリサイ立っ+,これらこと自分祈りはじめまし+。『よ,わたしは,自分ほか人々,ゆすり取る者,不義者,姦淫するなどようなく,またこの収税ようすらないこと感謝ます+ 12  わたし断食し,自分得るすべて十分納めます+』。 13  一方,収税離れところ立って,目ほう上げようず,胸たたきながら+,『よ,罪人わたし慈悲お示しください+』と言いました。 14  あなた方言いますが,このは,先よりかなっあること示し帰っ行きまし+。自分高めるみな辱められますが,自分低くする高められるです+」。 15  さて,人々は,[イエス]に触っいただこて,自分幼児たち*そのもと連れ来るようなった。ところが,弟子たちそれて,彼らたしなめるあっ+ 16  しかし,イエスは[幼児]たち自分もと呼んで,こう言わた。「幼子たちわたしところ来さなさい。止めようなりません。王国このようたちものからです+ 17  あなた方真実言いますが,だれも,幼子よう王国受け入れるなければ,決してそれ入れないです+」。 18  また,ある支配質問こう言った。「善いよ,何すれば,わたし永遠受け継げるでしょ+」。 19  イエス言わた,「なぜわたしこと善い呼ぶですか。ただひとり方,ほかは,だれ善いませ+ 20  あなたおきて知っます+。『姦淫犯しいけない+,殺人いけない+,盗んいけない+,偽り証しいけない+,あなた敬いなさい+』」。 21  すると言った,「わたしそれらみな若いからずっ守っまし+」。 22  それ聞いから,イエス言わた,「あなた足りないことまだ一つあります。あなた持っいるみな売って,貧しい人々配りなさい。そうすれば,天持つようなるでしょう。それから,来て,わたし追随なりなさい+」。 23  これ聞いて,彼深く悲しんだ。彼非常富んからある+ 24  イエスじって,こう言わた。「お金持つ人々王国入っ行く難しいことでしょ+ 25  実際,富ん王国入るよりは,らくだ縫い針通るほう易しいです+」。 26  これ聞いたちは,「果たしてだれ救いられるでしょか」と言った。 27  [イエス]は言わた,「人不可能も,とっ可能です+」。 28  しかしペテロ言った,「ご覧ください,わたしたち自分ものて,あなた従っまいりまし+」。 29  [イエス]は彼ら言わた,「あなた方真実言いますが,王国ために,家,妻,兄弟,親,あるいは子供+ 30  この時期いずれ得,来たらする事物体制*永遠ないませ+」。 31  それから[イエス]は十二わき連れ行って,こう言わた。「ご覧なさい,わたしたちエルサレム上っ行きます。そして,人関し,預言たちよっ書かこと+みな成し遂げられるでしょ+ 32  例えば,彼国民[のたち]のもと引き渡され,愚弄+,不遜扱い受け+,つばかけられます+ 33  そして彼らは,[人]をむち打っ+から殺します+,三よみがえるです+」。 34  しかし,彼らこれらこと意味何一つ悟らなかった。このことば彼らから隠さあり,彼ら言わ事柄分かっなかっ+ 35  さて,[イエス]がエリコ近づい行かれると,ある盲人道路わき座っ物ごい+ 36  彼は,群衆進ん行く[物音]を聞いで,これどういうこと尋ねはじめた。 37  人々は,「ナザレイエス通っ行くだ!」と知らせ+ 38  そこで,彼叫ん言った,「ダビデ,イエスよ,わたし憐れみおかけください+!」 39  すると,先行くたちが,静かいるよう厳しく言いはじめた。しかし,彼それだけよけいに,「ダビデよ,わたし憐れみおかけください」と叫びたてるあっ+ 40  そこでイエス立ち止まり,その[人]を連れ来るよう命令+。彼近くから,[イエス]*こうお尋ねなった。 41  「わたし欲しいです+」。彼言った,「*,視力取り戻さください+」。 42  そこでイエス言わた,「視力取り戻しなさい。あなた信仰あなたよくならせまし*+」。 43  すると,彼たちどころ視力取り戻しある+。そして,栄光たたえつつ+[イエス]のあと従うようなった。また,民すべても,[これを]見賛美ささげた。

脚注

または,「脅しつける」。「目打つ」というから。
または,「ほんとうこの信仰見いだす」。
または,「子供たち」。
または,「事物秩序」。ギ語,アイオーニ; ラ語,サエクロー; エ22(ヘ語),バーオーラーム,「事物秩序で」。
字義,「彼」。
または,「ご主人様」。
または,「あなた救いました」。