内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 17:1‐37

17  それから[イエス]は弟子たちこう言わた。「つまずきもとなるもの来ること避けられませ+。しかし,それ来るその経路なる災いです+  そのとっは,臼石かけられ投げ込ま+すれば,そのほうが,これら小さなつまずかせるよりましでしょ+  自分自身注意払いなさい。あなた兄弟犯すなら,叱責与え+,その悔い改めるなら,許しあげなさい+  たとえそのあなた対し一日おかし,『わたし悔い改めます』と言っあなたもと戻っも,あなたその許しあげなけれなりませ+」。  さて,使徒たちこう言った。「わたしたちさらに信仰お与えください+」。  すると言わた,「あなた方からし種粒ほど信仰あっなら,この黒桑*に,『根こそぎ抜かて,海植われ!』と言っも,それあなた方従うでしょ+  「あなた方に,[畑を]すき返したり群れたりする奴隷て,そのから入っ来ると,『すぐここて,食卓ついなりなさい』と言ういるでしょか。  むしろ,『わたし晩さんため用意し,前掛けかけて,わたし食べたり飲んだり終わるまでわたし仕えなさい。そのあと,あなた食べたり飲んだりよろしい』と言うありませか。  奴隷割り当てからいって,その恩義感じたりないではありませか。 10  ですからあなた方も,自分割り当てられ全部ときは,『わたしたち立たない奴隷です+。わたしたちことは,当然べきことでした』と言いなさい」。 11  そして,エルサレム進ん行かれる途中,[イエス]はサマリアガリラヤ真ん中通っおら+ 12  そして,ある入っ行かれるに,十らい病+出会っが,彼ら遠く離れところ立ち上がり, 13  声上げこう言った。「イエスよ,先生,わたしたち憐れみおかけください+!」 14  それで,彼ら見かけ時,[イエス]はこう言わた。「行って,自分祭司たち見せなさい+」。すると,出かけ行く途中で,彼ら清められある+ 15  そのうちは,自分いやさて,大声栄光たたえながら+戻った。 16  そして,[イエス]*足もとうつ伏し+感謝た。しかも,それサマリアあっ+ 17  イエス答え言わた,「十清められありませでしか。では,ほかどこいるですか。 18  栄光帰するため戻っは,この他国ほかだれなかっですか」。 19  そして,そのこう言わた。「立って,出かけ行きなさい。あなた信仰あなたよくならせ*です+」。 20  ところで,王国いつ来るパリサイたち尋ねられ+,[イエス]は彼ら答え言わた,「王国際立っつくさま来るなく, 21  また人々が『ここ見よ!』とか『そこを!』と言うものありませ+。見よ,王国あなた方ただ中*あるです+」。 22  それから[イエス]は弟子たちこう言わた。「あなた方一日たい願いながら,[それを]見られないます+ 23  そして人々あなた方に,『そこ見よ!』とか,『ここ見よ!』と言うでしょ+。出行ったり,その追いかけたりなりませ+ 24  稲妻+は,そのひらめきよって,天ところからところ輝きわたりますが,人+ちょうどそのようからです。 25  しかし,彼まず多く苦しみ遭い,この世代から退けられなりませ+ 26  また,ノア起きとおり+,人またそうなるでしょ+ 27  人々食べたり,飲んだり,めとったり,嫁いだりて,ついにノア箱船入るなり,洪水*彼らみな滅ぼしまし+ 28  また同じように,ちょうどロト起きとおりです+。人々食べたり,飲んだり,買ったり,売ったり,植えたり,建てたりました。 29  しかし,ロトソドムからから硫黄降って,彼らみな滅ぼしです+ 30  人表わし示さよういる同様でしょ+ 31  「その日,屋上いるは,家財あっも,それ取り下りならず,野いるも,後ろもの戻っなりません。 32  ロトこと思い出しなさい+ 33  だれも,自分*自分ため安全守ろするそれ失い,一方,それ失うは,それ生き長らえさせるです+ 34  あなた方言いますが,その夜,二人[の男]が一つ寝床いるでしょう。一方連れ行かれ,他方捨てられるです+ 35  二人[の女]が同じひいいるでしょう。一方連れ行かれ,他方捨てられるです+」。 36 * ―― 37  そこで,彼らこたえ言った,「よ,どこですか」。[イエス]は彼ら言わた,「死体あるところ+,そこ集まっいるでしょ+」。

脚注

または,「この木」。
字義,「彼」。
または,「あなた救った」。
または,「あなた方に」。
または,「大洪水; 大変動」。ギ語,カタクリュスモス; ラ語,ディールウィウム; エ17,18,22(ヘ語),ハンマッブール,「洪水」。
または,「命」。ギ語,プシュケーン; エ17,18,22(ヘ語),ナフショー(ネフェシュ変化形)。
パピ写75,シナ写,アレ写,バチ写,ワシ写省いいる; ベザ写,ウル訳,シリ訳ク,ヘ,ペ,シ,「二いるでしょう。一方連れ行かれ,他方捨てられるでしょう」。