アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ルカ 17:1-37

17  それから[イエス]は弟子たちにこう言われた。「つまずきのもととなるものが来ることは避けられません+。しかし,それが来るその経路となる人は災いです+  その人にとっては,臼石を首にかけられて海の中に投げ込まれた+とすれば,そのほうが,これら小さな者の一人をつまずかせるよりはましでしょう+  自分自身に注意を払いなさい。あなたの兄弟が罪を犯すなら,叱責を与え+,その人が悔い改めるなら,許してあげなさい+  たとえその人があなたに対して一日に七回罪をおかし,『わたしは悔い改めます』と言ってあなたのもとに七回戻って来たとしても,あなたはその人を許してあげなければなりません+」。  さて,使徒たちがにこう言った。「わたしたちにさらに信仰をお与えください+」。  するとは言われた,「あなた方にからしの種粒ほどの信仰があったなら,この黒桑の木*に,『根こそぎ抜かれて,海に植われ!』と言ったとしても,それはあなた方に従うでしょう+  「あなた方の中に,[畑を]すき返したり群れの番をしたりする奴隷がいて,その者が野から入って来ると,『すぐにここに来て,食卓について横になりなさい』と言う人がいるでしょうか。  むしろ,『わたしの晩さんのために何か用意し,前掛けをかけて,わたしが食べたり飲んだりし終わるまでわたしに仕えなさい。そのあと,あなたは食べたり飲んだりしてよろしい』と言うのではありませんか。  奴隷が割り当ての事をしたからといって,その人は恩義を感じたりしないではありませんか。 10  ですからあなた方も,自分に割り当てられた事を全部したときには,『わたしたちは何の役にも立たない奴隷です+。わたしたちのしたことは,当然すべきことでした』と言いなさい」。 11  そして,エルサレムに進んで行かれる途中,[イエス]はサマリアとガリラヤの真ん中を通っておられた+ 12  そして,ある村に入って行かれる際に,十人のらい病+の人が彼に出会ったが,彼らは遠く離れたところで立ち上がり, 13  声を上げてこう言った。「イエスよ,先生,わたしたちに憐れみをおかけください+!」 14  それで,彼らを見かけた時,[イエス]はこう言われた。「行って,自分を祭司たちに見せなさい+」。すると,出かけて行く途中で,彼らは清められたのである+ 15  そのうちの一人は,自分がいやされたのを見て,大声での栄光をたたえながら+戻って来た。 16  そして,[イエス]*の足もとにうつ伏して+感謝した。しかも,それはサマリア人であった+ 17  イエスは答えて言われた,「十人が清められたのではありませんでしたか。では,ほかの九人はどこにいるのですか。 18  に栄光を帰するために戻って来たのは,この他国の人のほかにはだれもいなかったのですか」。 19  そして,その人にこう言われた。「立って,出かけて行きなさい。あなたの信仰があなたをよくならせた*のです+」。 20  ところで,の王国がいつ来るのかをパリサイ人たちに尋ねられた時+,[イエス]は彼らに答えて言われた,「の王国は際立って目につくさまで来るのではなく, 21  また人々が『ここを見よ!』とか『そこを!』とか言うものでもありません+。見よ,の王国はあなた方のただ中に*あるのです+」。 22  それから[イエス]は弟子たちにこう言われた。「あなた方が人のの日を一日でも見たいと願いながら,[それを]見られない日が来ます+ 23  そして人々はあなた方に,『そこを見よ!』とか,『ここを見よ!』とか言うでしょう+。出て行ったり,その後を追いかけたりしてはなりません+ 24  稲妻+は,そのひらめきによって,天の下の一ところから天の下の別のところに輝きわたりますが,人の+もちょうどそのようだからです。 25  しかし,彼はまず多くの苦しみに遭い,この世代から退けられねばなりません+ 26  また,ノアの日に起きたとおり+,人のの日にもまたそうなるでしょう+ 27  人々は食べたり,飲んだり,めとったり,嫁いだりしていて,ついにノアが箱船の中に入る日となり,洪水*が来て彼らをみな滅ぼしました+ 28  また同じように,ちょうどロトの日に起きたとおりです+。人々は食べたり,飲んだり,買ったり,売ったり,植えたり,建てたりしていました。 29  しかし,ロトがソドムから出た日に天から火と硫黄が降って,彼らをみな滅ぼしたのです+ 30  人のが表わし示されようとしている日も同様でしょう+ 31  「その日,屋上にいる人は,家財が家の中にあっても,それを取りに下りてはならず,野に出ている人も,後ろのものに戻ってはなりません。 32  ロトの妻のことを思い出しなさい+ 33  だれでも,自分の魂*を自分のために安全に守ろうとする者はそれを失い,一方,それを失う者は,それを生き長らえさせるのです+ 34  あなた方に言いますが,その夜,二人[の男]が一つの寝床にいるでしょう。一方は連れて行かれ,他方は捨てられるのです+ 35  二人[の女]が同じ臼でひいているでしょう。一方は連れて行かれ,他方は捨てられるのです+」。 36*  ―― 37  そこで,彼らはこたえて言った,「よ,どこでですか」。[イエス]は彼らに言われた,「死体のあるところ+,そこには鷲も集まっているでしょう+」。

脚注

または,「この桑の木」。
字義,「彼」。
または,「あなたを救った」。
または,「あなた方の間に」。
または,「大洪水; 大変動」。ギ語,カタクリュスモス; ラ語,ディールウィウム; エ17,18,22(ヘ語),ハンマッブール,「大洪水」。
または,「命」。ギ語,プシュケーン; エ17,18,22(ヘ語),ナフショー(ネフェシュの変化形)。
パピ写75,シナ写,アレ写,バチ写,ワシ写は省いている; ベザ写,ウル訳,シリ訳ク,ヘ,ペ,シ,「二人の男が野にいるでしょう。一方は連れて行かれ,他方は捨てられるでしょう」。