内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 16:1‐31

16  次いで[イエス]は弟子たちこう言わた。「ある富んて,家令*+かかえましが,このが[主人]の貨財浪費いる訴えそのもとなさまし+  そこでその[家令]を呼ん言いました,『わたしあなたつい聞くこのどういうことか。あなた家令つい会計報告出しなさい+。あなたもうこの管理できないだ』。  そこで家令自分言いました,『どうよう。主人+わたしから家令取り上げるいうことだ。わたし掘りするほど強くないし,物ごいする恥ずかしい。  そうだ,どうすれよい分かっぞ。わたし家令から外さとき,人々わたし自分迎え入れくれるようする+』。  それからは,主人債務ひとりひとり自分もと呼んから,最初こう言いました。『あなたわたし主人どれくらい借りあるか』。  彼言いました,『オリーブバト*です』。[家令]は言いました,『あなた契約受け取り,座って,早く五十書きなさい』。  次に,彼言いました,『さて今度あなたが,どれくらい借りいるか』。彼言いました,『小麦コル*です』。[家令は]言いました,『あなた契約受け取って,八十書きなさい』。  すると,主人その家令ほめました。不義ありますが,実際知恵もっ行動からです+。この事物体制*は,自分たち世代対しは,実際やり方より賢いです+  「また,わたしあなた方言いますが,不義*+よっ自分ため作り+,そうもの尽きとき,彼らあなた方永遠住みか*迎え入れくれるようなさい+ 10  ごく小さな忠実多くこと忠実あり,ごく小さな不義多くこと不義です+ 11  それゆえ,あなた方不義関し忠実あること示しないなら,だれあなた方真実もの託するでしょ+ 12  そして,あなた方ほかつい忠実あること示しないなら+,だれあなた方に,あなた方ため*与えるでしょか。 13  どんな家僕主人対し奴隷なることできません。一方憎ん他方愛するか,あるいは一方堅く付い他方侮るようなるからです。あなた方*対し奴隷なることできませ+」。 14  さて,金愛するあるパリサイたちこれらすべてこと聴いて,彼こと冷笑はじめ+ 15  そこで[イエス]は彼ら言わた,「あなた方自分するたちです+あなた方知っおらます+。人高大ものは,から嫌悪べきものからです+ 16  「律法預言たちヨハネまででし+。その以来,王国良いたより宣明おり*,あらゆるたぐいそれ向かっ押し進んます+ 17  実際,律法文字一画+成就ないいるより+,天過ぎ去るほう易しいです+ 18  「自分離婚めとるみな姦淫犯す*あり,夫から離婚*めとる姦淫犯すことなります+ 19  「ところで,ある富ん+,紫亜麻飾り,豪しゃ日々楽しんまし+ 20  一方,ラザロ*いうあるこじき*ところ置かれ,かいようだらけで, 21  その富ん食卓から落ちる満たしたい思っました。そのうえまた,犬かいようなめるでした。 22  さて,やがてこじき+,み使いたちよっアブラハム++[の位置*]に運ばました。 「また,富ん死ん+葬らました。 23  そして,ハデス**上げると,自分責め苦うちありまし+,はるか離れアブラハムおり,ラザロその懐[の位置]にいる見えました。 24  それ呼びかけ言いました,『父アブラハム+,わたし憐れみおかけなり,ラザロ遣わして,その浸しわたし冷やすようさせください+。わたしこの燃えさかる苦もんいるからです+』。 25  しかしアブラハム言いました,『子よ,あなた自分生きいるに,自分良い全部受け,それ対しラザロ良くないを[受けた]こと思い出しなさい。しかし今,彼ここ慰め得,あなた苦もんうちある+ 26  そして,これらすべて加えて,わたしたちあなた方大きく深い裂け目+定められおり+,そのため,ここからあなた方もと行きたい思うたちそれできず,人々そこからわたしたちところ渡っ来ることできない+』。 27  すると言いました,『それなら,お願いです,父よ,彼わたし遣わしください。 28  わたし兄弟ますから。こう徹底証しし,彼らこの責め苦場所入ることないようするです』。 29  しかしアブラハム言いました,『彼らモーセ+預言たち+ある。それ聴き従えよい+』。 30  すると言いました,『いいえ,そうありません,父アブラハムよ,だれ死人から行けば,彼ら悔い改めることでしょう』。 31  しかし[アブラハム]は言いました,『モーセ預言たち聴き従わないなら+,だれ死人からよみがえっも,やはり説得応じないあろう』」。

脚注

または,「家管理人」。ギ語,オイコノモン; エ22(ヘ語),ソーケーンバイト。
1バト22相当た。
1コル220相当た。
または,「事物秩序」。ギ語,アイオーノス; ラ語,サエクリー; エ17,18,22(ヘ語),ハーオーラーム,「事物秩序」。
字義,「不義マモン」。ギ語,マモーナー テース アディキアス。
字義,「永遠天幕」。
または,「あなた方自身物」,パピ写75,シナ写,アレ写,ベザ写,ワシ写,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ,シ; バチ写,「わたしたち自身物」。
「富……に」。字義,「マモンに」。ギ語,マモーナーイ; ラ語,マモーナエ; エ17,18,22(ヘ語),ハンマーモーン,「マモン」。
「良いたより宣明おり」。ギ語,エウアンゲリゼタイ; ラ語,エーウァンゲリザートゥル; エ22(ヘ語),ミトバッセレト。
マタ 5:32,「犯す」の脚注参照。
字義,「解き放さた」。
「ラザロ」,シナ写,アレ写,バチ写; エ18,22(ヘ語),エルアーザール,「エレアザル」(「神助けくださった」の意)。
または,「貧しい人」。
「懐[の位置]」,食事さい同じ長いすあるなっいる場合ような。
「ハデス」,シナ写,アレ写,バチ写; エ6‐8,10‐18,22,「シェオル」; ラ語,インフェルノー。付録4ロ参照。
「葬らました。そして,ハデスで」,アレ写,バチ写; シナ写*,「ハデス葬らて」; ウル訳(ラ語),「インフェルノー葬らました。しかし」。