内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 15:1‐32

15  さて,収税+罪人たち+みな,彼[の話]を聞こしきり近づい来るあった。  そのため,パリサイ書士たちしきり不平ならし,「この罪人たち歓迎一緒食事する」と言っ+  すると[イエス]はこの例え彼ら話して,こう言わた。  「あなた方うち,百持って,そのうち失っときに,九十九荒野残し,失わもの見つけるまでそれ捜し行かないいるでしょ+  そして,見つけると,そのそれ自分載せ歓びます+  そうして,家着くと,友人隣人呼び集めて,こう言うです。『一緒歓んください。失わわたし見つかっからです+』。  あなた方言いますが,このように,悔い改める罪人+ついは,悔い改め必要ない九十九義人+つい以上喜びあるです。  「また,十ドラクマ*硬貨持って,一ドラクマ硬貨なくし場合に,ともしびともし掃き,それ見つけるまで注意深く捜さないいるでしょか。  そして,それ見つけると,彼女自分友人隣人たち呼び集めて,こう言います。『一緒歓んください。わたしなくしドラクマ硬貨見つかっからです』。 10  あなた方言いますが,このように,悔い改める罪人ついは,み使いたち喜びわき起こるです+」。 11  それから[イエス]はこう言わた。「ある息子ありまし+ 12  そして,そのうち若いほう父親言いました,『父上,財産うちわたし頂く+下さい』。そこで自分資産+ふたり分けやりました。 13  その後,何たたないうちに,若いほう息子すべて取りまとめ遠い土地旅行出,そこで放とう生活自分財産乱費まし+ 14  すべて使い果たし時,その地方一帯ひどい飢きん起こり,彼困窮始めました。 15  彼その地方ある市民もと行っ寄せることまでし,その自分やっ+飼わました。 16  そしては,豚食べいるいなごまめさや満たしたいさえ思っましが,彼に[何か]与えようするだれませでし+ 17  「本心立ち返っ時,彼言いました,『わたしところ多く雇い人あり余るほどパンあるに,わたしここ飢きんためそうだ。 18  立っところ+,こう言おう。「父上,わたし対しも,あなた対し*おかしまし+ 19  わたしもうあなた息子呼ばれる値しません。あなた雇い人ようください」』。 20  そこで立っ父親もと行きました。彼まだ遠くいるに,父親姿哀れ思い,走っ行っその抱き,優しく口づけです。 21  その時,息子言いました,『父上,わたし対しも,あなた対し*おかしまし+。わたしもうあなた息子呼ばれる値しません。あなた雇い人ようください*+』。 22  しかし父親自分奴隷たち言いました,『さあ早く,長い衣,その一番良い出しこれ着せ+,そのはめ+,足サンダルはかなさい。 23  それから,肥えさせ+若い雄牛連れほふる*。食べて,楽しもないか。 24  このわたし息子が,死ん生き返っから+。失わ見つかっだ』。こう彼ら興じ始めました。 25  「さて,年上息子+ました。そして,帰っ近づくと,合奏踊り聞こえです。 26  そこで,僕呼び,これどういうこと尋ねました。 27  [僕]は言いました,『あなたご兄弟+おいでなっです。それで,健やか戻っられいうで,あなたお父様+肥えさせ若い雄牛ほふらです』。 28  ところ憤り,入っ行こませでした。すると,父親て,彼懇願はじめまし+ 29  彼答え父親言いました,『わたしこれまでいうものあなたため奴隷よう働いて,一度いえあなたおきて踏み越えことありません。それなのに,このわたしは,友人一緒楽しむため子やぎさえただ一度下さっことありませ+ 30  それが,娼婦たち一緒なっあなた資産食いつぶし+,このあなた息子+到着するや,あなた肥えさせ若い雄牛ためほふっです+』。 31  すると,[父親]は言いました,『子よ,あなたいつもわたし一緒し,わたしみなあなたもの+ 32  だが,わたしたちとにかく楽しん歓ばないわけいかなかっだ。このあなた兄弟は,死ん生き返り,失わ見つかっから+』」。

脚注

ドラクマギリシャ銀貨で,1ドラクマ重さ3.40㌘。
または,「あなたみ前も」; 七十訳サム一 20:1同じ。
18脚注参照。
「あなた雇い人ようください」,シナ写,バチ写,ベザ写,シリ訳; パピ写75,アレ写,ワシ写,ウル訳,シリ訳ペ,シ省いいる。
または,「連れ犠牲するだ」。