内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 14:1‐35

14  それから,[イエス]が食事するため,安息に,パリサイたちある支配入っこと+,人々じっ見守っ+  すると,見よ,彼に,水腫かかっいるた。  そこでイエスは,律法通じ人々パリサイたち語りかけて,こう言わた。「安息に[病気を]治すこと許さますか,いませ+」。  しかし彼ら黙った。そこで[イエス]は[そのを]抱きかかえいやし,そこからお去らせなった。  それから彼らこう言わた。「あなた方うち,自分息子井戸落ち込ん場合+,安息からいっこれすぐ引き上げないいるでしょ+」。  すると彼らこれらことつい言い返すことできなかっ+  それから[イエス]は,招かそこ人々ひとつ例え話さた。彼らが,最も目立つ場所自分ため選ぶ様子留められからあり,こう言わ+  「だれから婚宴招かなら,最も目立つ場所横たわっなりませ+。もしかすると,だれあなたより主立っそのとき招かいるしれず,  その場合,あなたその招いて,『このその場所譲っください』と言うでしょう。そうすると,あなた恥ずかしい思いながら,そこ立っ最も低い場所着くことなるです+ 10  むしろ,あなた招かときは,行って,最も低い場所なり+,あなた招いて,『友よ,もっと高いほう進んください』と言うようなさい。そうするあなたは,一緒いるすべて誉れ受けることなるです+ 11  だれ自分高める低くされ,自分低くする高められるです+」。 12  次に[イエス]は自分招いこう言わた。「あなた正さん晩さん設けるときは,友人兄弟,また親族富ん隣人など呼んなりません。恐らく彼らいつかあなた招き返して,それあなた報いなることでしょう。 13  むしろ,あなたごちそう設けるときは,貧しい人,体自由人,足なえ人,盲目など招きなさい+ 14  そうすれあなた幸いです。彼らあなた報いるものないからです。あなた義人復活+報い受けるです」。 15  これらこと聞くと,一緒ひとりこう言った。「王国パン食べる*幸いです+」。 16  [イエス]*そのこう言わた。「ある盛大晩さん設けました。そして大勢招いです+ 17  そして晩さん時刻自分奴隷遣わして,招いおいたちに,『おいでください+。もう用意できましから』と言わせました。 18  ところが,彼らみな一様言い訳断わり始めまし+。最初言いました,『わたし買っで,出かけ行っそれなけれなりません。お願います,お断わりさせください*+』。 19  また言いました,『五くびき買っで,それ調べ行くところです。お願います,お断わりさせください+』。 20  さらに言いました,『妻めとっばかりです+。そのため,参上できないですが』。 21  それで,奴隷やって,これらこと主人伝えました。すると,家あるじ憤っ奴隷言いました,『急い大通り路地行き,貧しい人,体自由人,盲人,足なえなどここ連れなさい+』。 22  やがて奴隷言いました,『ご主人様,お命じなっとおり致しました。でも,まだ場所余っおります』。 23  すると主人奴隷言いました,『道路や,柵巡らし場所行き+,無理人々入っ来さて,わたしいっぱいなるようなさい+ 24  あなた方言うが,招かあのたちだれわたし晩さん味わわせない+』」。 25  さて,大群衆一緒旅行が,[イエス]は振り向い彼らこう言わた。 26  「わたしもとて,自分父,母,妻,子供,兄弟,姉妹,さらには,自分*さえ憎まないなら+,そのわたし弟子なることできませ+ 27  だれも,自分苦しみ*運びながらわたしあと付いないは,わたし弟子なることできないです+ 28  たとえば,あなた方うちだれが,塔建てよう思う場合,まず座っ費用計算+,自分それ完成するだけもの持っいるどう調べないでしょか。 29  そうないなら,その土台据えそれ仕上げることできないしれず,それいるたちみなあざけって, 30  『この建て始めものの,仕上げることできなかった』と言い始めるしれません。 31  また,どんなが,別戦い交えよう行進するあたり,まず座って,二万軍勢攻め来るに,一万軍勢相対することできるどう諮らないでしょ+ 32  事実,それできないなら,そのまだ遠く離れいるに,一団大使遣わし和平求めるです+ 33  このように,確かあなた方は,自分持ち物すべて別れ告げないかぎり+,だれわたし弟子なることできません。 34  「いかにもすぐれものです。しかし,塩さえその効き目失うなら,何もっそれつけるでしょ+ 35  それ肥やしふさわしくありません。人々それ捨てるです。聴くある聴きなさい+」。

脚注

または,「神王国食事つく」。
字義,「彼」。
または,「見なけれなりません。どうか,ご勘弁ください」。
または,「命」。付録4イ参照。
付録5ハ参照。