内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ルカ 12:1-59

12  そうしている間に,おびただしい群衆が*集まって来て互いに踏み合うほどになったが,[イエス]はまず弟子たちにこう言い始められた。「パリサイ人たちのパン種+に気を付けなさい。それはつまり偽善のことです+  しかし,注意深く秘められているもので表わし示されないものはなく,知られないで終わる秘密はありません+  それゆえに,あなた方が闇の中で言うことはみな光の中で*聞かれ,私室でささやくこと*は屋上から宣べ伝えられるのです+  さらに,わたしの友+であるあなた方に言いますが,体を殺しても,その後もう何もできない者たちを恐れてはなりません+  しかし,だれを恐れるべきかをあなた方に示しましょう。殺したあとにゲヘナ*に投げ込む+権威のある方を恐れなさい+。そうです,あなた方に言いますが,このをこそ恐れなさい+  すずめ五羽はわずかな価の硬貨二つで*売っているではありませんか。それでも,その一羽といえどものみ前で忘れられることはありません+  ところが,あなた方の髪の毛+までがすべて数えられているのです。恐れることはありません。あなた方はたくさんのすずめより価値があるのです+  「それで,あなた方に言いますが,人の前でわたしとの結びつきを告白する者は皆+,人ののみ使いたちの前でその者との結びつきを告白します+  しかし,人の前でわたしのことを否認する者は+のみ使いたちの前で否認されるのです+ 10  そして,人のに逆らう言葉を言う者はみな許されるでしょう。しかし,聖霊を冒とくする者は許されません+ 11  それでも,人々があなた方を,公の集会*や政府の役人また権威者たちの前に連れて行くとき,弁明のためにどのように,何を*話すか,また何を言うかについて思い煩ってはなりません+ 12  聖霊が+,言うべきことをその時あなた方に教えるからです+」。 13  さて,群衆の中のある者が彼にこう言った。「師よ,わたしの兄弟に,相続財産をわたしと分けるように言ってください」。 14  [イエス]は彼に言われた,「人よ,だれがわたしを,あなた方の裁き人また分配人*に任命したのですか+」。 15  それから,人々にこう言われた。「じっと見張っていて,あらゆる強欲に警戒しなさい+。満ちあふれるほどに豊かであっても,人の命はその所有している物からは生じないからです+」。 16  そうして,彼らに例えを話して,こう言われた。「ある富んだ人の土地が豊かに産出しました。 17  そこで彼は自分の中で論じはじめて言いました,『どうしようか。作物を集める場所がないのだ』。 18  それで言いました,『こうしよう+。わたしの倉を取り壊して,もっと大きいのを建て,そこにわたしの穀物と良い物をみんな集めるのだ+ 19  そして自分の魂にこう言おう+。「魂よ,お前にはたくさんの良い物が何年分もためてある。楽にして,食べて,飲んで,楽しめ+」』。 20  しかしは彼に言われました,『道理をわきまえない者よ,今夜,あなたの魂*は求められる+。そうしたら,あなたの蓄えた物はだれのものになるのか+』。 21  自分のために宝をためても,に対して富んでいない者はこうなるのです+」。 22  それから,[イエス]は弟子たちにこう言われた。「このような訳であなた方に言いますが,何を食べるのだろうかと自分の魂のことで,また何を着るのだろうかと自分の体のことで思い煩うのをやめなさい+ 23  魂は食物より,体は衣服より価値があるのです。 24  渡りがらす+が種をまいたり刈り取ったりしないことによく注目しなさい。また,納屋も倉も持っていません。それでもはこれを養っておられます。あなた方は,鳥よりずっと価値があるではありませんか+ 25  あなた方のうちだれが,思い煩ったからといって自分の寿命に一キュビトを加えることができるでしょうか+ 26  それゆえ,一番小さな事さえできないのに,なぜほかの事について思い煩うのですか+ 27  ゆりがどのように育つかによく注目しなさい+。労しも,紡ぎもしません。しかしあなた方に言いますが,栄光を極めたソロモンでさえ,これらの一つほどにも装ってはいませんでした+ 28  では,が,今日は存在しても明日はかまどに放り込まれる野の草木にこのように衣を与えておられるなら,ましてあなた方には衣を与えてくださるのです。信仰の少ない人たちよ+ 29  それで,自分は何を食べるのだろうか,何を飲むのだろうかと尋ね求めるのをやめ,心配して気をもむのをやめなさい+ 30  これらはみな,世の諸国民がしきりに追い求めているものですが,あなた方のは,あなた方がこれらのものを必要としていることを知っておられるのです+ 31  それでやはり,絶えず[]の王国を求めてゆきなさい。そうすれば,これらのものはあなた方に加えられるのです+ 32  「恐れることはありません+,小さな群れよ+。あなた方のは,あなた方に王国を与えることをよしとされたからです+ 33  自分の持ち物を売って+,憐れみの施しをしなさい+。自分のために,すり切れることのない財布,決して尽きることのない宝を天に作りなさい+。そこでは,盗人が近づくことも,蛾が食い尽くすこともありません。 34  あなた方の宝のある所,そこにあなた方の心もあるのです+ 35  「あなた方の腰+に帯を締め,ともしび+をたいていなさい。 36  こうしてあなた方は,自分たちの主人が婚礼*から帰って来る*のを待ち+,[主人]が到着して[戸を]たたいたら+すぐに開けられるようにしている人たちのようでありなさい+ 37  主人が到着したときに,見張っているところを見られるそれらの奴隷は幸いです+! あなた方に真実に言いますが,[主人]は帯を締め+,彼らを食卓の前に横にならせ,そばに来て奉仕してくれるでしょう+ 38  そして,[主人]が第二見張り時*に,あるいはたとえ第三見張り時*に到着したとしても,このようにしているところを見られるなら,彼らは幸いです+ 39  しかし,このことを知っておきなさい。家あるじは,盗人がどの時刻に来るかを知っていたなら,ずっと見張っていて,自分の家に押し入られるようなことは許さなかったでしょう+ 40  あなた方も用意をしていなさい。あなた方の思わぬ時刻に人のは来るからです+」。 41  その時ペテロがこう言った。「よ,この例えはわたしたちに話しておられるのですか,それとも,みんなにもですか」。 42  するとはこう言われた。「主人が,時に応じてその定めの食糧を与えさせるため,自分の従者団の上に任命する+忠実な家令*+,思慮深い+者はいったいだれでしょうか。 43  主人が到着して,そうしているところを見るならば,その奴隷は幸いです+ 44  真実をこめてあなた方に言いますが,[主人]は彼を任命して自分のすべての持ち物をつかさどらせるでしょう+ 45  しかし,もしもその奴隷が,心の中で,『わたしの主人は来るのが遅い』と言って+,下男や下女たちをたたき,食べたり飲んだり酔ったりし始めるならば+ 46  その奴隷の主人は,彼の予期していない日,彼の知らない時刻に来て+,最も厳しくこれを罰し*,その受け分を不忠実な者たちと共にならせるでしょう+ 47  その時,自分の主人の意向を理解していながら用意せず,またはその意向にそって事を行なわなかったその奴隷は,何度も打ちたたかれるのです+ 48  しかし,理解していなかったために+打たれるべきことをした者は,少なく打たれます+。実際,だれでも多く与えられた者,その者には多くのことが要求されます+。そして,人々が多くをゆだねた者,その者に人々は普通以上を要求するのです+ 49  「わたしは地上に火をおこすために来ました+。そして,それがすでにたきつけられた以上,この上わたしの願うべきことがあるでしょうか。 50  実に,わたしには受けるべきバプテスマがあります。それが終わるまで,わたしはどんなにか苦しむことでしょう+ 51  あなた方は,わたしが地上に平和を与えるために来たと思いますか。決してそうではありません。あなた方に言いますが,むしろ,分裂です+ 52  今からのち,一つの家で五人の者が分裂し,三人が二人に,二人が三人に逆らうのです+ 53  彼らは分裂し,父は息子に,息子は父に逆らい,母は娘に,娘は母に逆らい,しゅうとめは嫁に,嫁はしゅうとめに逆らうでしょう+」。 54  それから[イエス]はさらに群衆にもこう言われた。「雲が西の方にわき起こるのを見ると,あなた方はすぐに,『あらしが来るぞ』と言い,そのとおりになります+ 55  また,南風が吹いているのを見ると,あなた方は,『熱波があるぞ』と言い,そのようになります。 56  偽善者たち,あなた方は地や空の様子の調べ方を知っているのに,この特別な時の調べ方を知らないのはどうしてですか+ 57  なぜあなた方は,何が義にかなっているかをも自分で判断しないのですか+ 58  たとえば,訴訟の相手と共に支配者のところへ行くときには,その道にある間にその人との論争から抜け出ることに取りかかり,彼があなたを裁き人の前に引き出し,裁き人があなたを廷吏に引き渡し,廷吏があなたを獄に投げ込むようなことが決してないようにしなさい+ 59  あなたに言いますが,価のごくわずかな最後の小さな硬貨*を払うまで+,あなたがそこから出ることは決してないでしょう」。

脚注

字義,「幾万人もが」。
または,「公に; 隠しだてなく」。
字義,「私室で耳に向かって話したこと」。
付録4ハ参照。
「わずかな価の硬貨二つで」。字義,「二アサリオンで」。1アサリオンは1デナリの16分の1であった。付録8イ参照。
「公の集会」。字義,「会堂」。
「どのように,何を」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳; ベザ写,古ラ訳,シリ訳ク,ペ,「どのように」; シリ訳,「何を」。
または,「分割者」。
または,「命」。ギ語,プシュケーン; エ17,18,22(ヘ語),ナフシェカー(ネフェシュの変化形)。
または,「婚宴」。
または,「離れて来る; 出発して来る」。付録5ニ参照。
午後9時ごろから真夜中まで。マル 13:35の脚注参照。
真夜中から午前3時ごろまで。
「家令」。または,「家の管理人」。ギ語,オイコノモス; ラ語,ディスペンサートル; エ17(ヘ語),ハッソーケーン,「家令」。創 24:2の脚注; エフェ 1:10,「管理」の脚注参照。
「最も厳しくこれを罰し」。または,「彼を二つに切り」。
「価のごくわずかな最後の小さな硬貨」。字義,「最後のレプタ」。付録8イ参照。