内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ルカ 12:1‐59

12  そういるに,おびただしい群衆*集まっ互い踏み合うほどなっが,[イエス]はまず弟子たちこう言い始められた。「パリサイたちパン種+付けなさい。それつまり偽善ことです+  しかし,注意深く秘められいるもの表わし示さないものなく,知らない終わる秘密ありませ+  それゆえに,あなた方言うことみな*聞かれ,私室ささやくこと*屋上から宣べ伝えられるです+  さらに,わたし+あるあなた方言いますが,体殺しも,そのもうできないたち恐れなりませ+  しかし,だれれるべきあなた方示しましょう。殺しあとゲヘナ*投げ込む+権威ある恐れなさい+。そうです,あなた方言いますが,このこそ恐れなさい+  すずめわずか硬貨二つ*売っいるではありませか。それでも,そのいえどもみ前忘れられることありませ+  ところが,あなた方+まですべて数えられいるです。恐れることありません。あなた方たくさんすずめより価値あるです+  「それで,あなた方言いますが,人わたし結びつき告白する+,人み使いたちその結びつき告白ます+  しかし,人わたしこと否認する+み使いたち否認れるです+ 10  そして,人逆らう言葉言うみな許されるでしょう。しかし,聖霊冒とくする許さませ+ 11  それでも,人あなた方を,公集会*政府役人また権威たち連れ行くとき,弁明ためどのように,何*話すか,また言うつい思い煩っなりませ+ 12  聖+,言うべきことそのあなた方教えるからです+」。 13  さて,群あるこう言った。「師よ,わたし兄弟に,相続財産わたし分けるよう言っください」。 14  [イエス]は言わた,「人よ,だれわたしを,あなた方裁き人また分配*任命です+」。 15  それから,人こう言わた。「じっ見張って,あらゆる強欲警戒なさい+。満ちあふれるほど豊かあっも,人その所有いるから生じないからです+」。 16  そうして,彼例え話して,こう言わた。「ある富ん土地豊か産出ました。 17  そこで自分論じはじめ言いました,『どうようか。作物集める場所ないだ』。 18  それました,『こうよう+。わたし取り壊して,もっと大きい建て,そこわたし穀物良いみんな集める+ 19  そしてこう言お+。「魂よ,お前たくさん良いためある。楽て,食べて,飲んで,楽しめ+」』。 20  しかし言わました,『道理わきまえないよ,今夜,あなた*求められる+。そうたら,あなた蓄えだれものなる+』。 21  自ためためも,対し富んないこうなるです+」。 22  それから,[イエス]はたちこう言わた。「このようあなた方言いますが,何食べるだろ自分ことで,また着るだろ自分こと思い煩うやめなさい+ 23  魂食物より,体衣服より価値あるです。 24  渡りがらす+まいたり刈り取ったりないことよく注目なさい。また,納屋持っません。それでもこれ養っおらます。あなた方は,鳥よりずっ価値あるではありませ+ 25  あなた方うちだれが,思い煩っからいっ自分寿命キュビト加えることできるでしょ+ 26  それゆえ,一小さなさえできないに,なぜほかつい思い煩うです+ 27  ゆりどのようよく注目なさい+。労しも,紡ぎません。しかしあなた方言いますが,栄光極めソロモンさえ,これら一つほど装っませでし+ 28  では,が,今日存在明日かまど放り込まれる草木このよう与えおられるなら,ましてあなた方与えくださるです。信仰少ないたち+ 29  それで,自食べるだろか,何飲むだろ尋ね求めるやめ,心配もむやめなさい+ 30  これらみな,世国民しきり追い求めいるものですが,あなた方は,あなた方これらもの必要いること知っおられるです+ 31  それやはり,絶ず[]の王国求めゆきなさい。そうすれば,これらものあなた方加えられるです+ 32  「恐れることありませ+,小さな群れ+。あなた方は,あなた方王国与えることよしされからです+ 33  自持ち物売っ+,憐れみ施しなさい+。自分ために,すり切れることない財布,決して尽きることない作りなさい+。そこは,盗人近づくことも,蛾食い尽くすことありません。 34  あなた方ある所,そこあなた方あるです+ 35  「あなた方+締め,ともしび+たいなさい。 36  こうあなた方は,自分たち主人婚礼*から帰っ来る*待ち+,[主人]が到着て[戸を]たたいたら+すぐ開けられるよういるたちようありなさい+ 37  主到着ときに,見張っいるところられるそれら奴隷幸いです+! あなた方真実言いますが,[主人]は締め+,彼ら食卓ならせ,そば奉仕くれるでしょ+ 38  そして,[主人]が見張り*に,あるいはたとえ見張り*到着も,このよういるところられるなら,彼ら幸いです+ 39  しかし,このことおきなさい。家あるじは,盗人どの時刻来る知っなら,ずっ見張って,自分押し入られるようこと許さなかっでしょ+ 40  あなた方用意なさい。あなた方思わ時刻来るからです+」。 41  そのペテロこう言った。「よ,この例えわたしたち話しおられるですか,それとも,みんなですか」。 42  するとこう言わた。「主人が,時応じその定め食糧与えさせるため,自分従者任命する+忠実家令*+,思慮深い+いったいだれでしょか。 43  主到着て,そういるところ見るならば,その奴隷幸いです+ 44  真こめあなた方言いますが,[主人]は任命自分すべて持ち物つかさどらせるでしょ+ 45  しかし,もしもそのが,心で,『わたし主人来る遅い』と言っ+,下男下女たちたたき,食べたり飲んだり酔ったり始めるなら+ 46  その主人は,彼予期ない日,彼知らない時刻+,最も厳しくこれ罰し*,その受け分忠実たちならせるでしょ+ 47  その,自分主人意向理解ながら用意ず,またはその意向そっ行なわなかっその奴隷は,何打ちたたかれるです+ 48  しかし,理なかっため+打たれるべきことは,少なく打たます+。実際,だれ多く与えられ者,その多くこと要求ます+。そして,人々多くゆだね者,その人々普通以上要求するです+ 49  「わたしおこすためまし+。そして,それすでにたきつけられ以上,このわたし願うべきことあるでしょか。 50  実に,わたし受けるべきバプテスマあります。それ終わるまで,わたしどんな苦しむことでしょ+ 51  あなた方は,わたし地上平和与えるため思いますか。決してそうありません。あなた方言いますが,むしろ,分裂です+ 52  今からのち,一つ分裂し,三に,二逆らうです+ 53  彼分裂し,父息子に,息子逆らい,母に,娘逆らい,しゅうとめに,嫁しゅうとめ逆らうでしょ+」。 54  それから[イエス]はさらにこう言わた。「雲西わき起こる見ると,あなた方すぐに,『あらし来るぞ』と言い,そのとおりなります+ 55  また,南吹いいる見ると,あなた方は,『熱波あるぞ』と言い,そのようなります。 56  偽たち,あなた方様子調べ方知っいるに,この特別調べ方知らないどうしてです+ 57  なぜあなた方は,何かなっいる自分判断ないです+ 58  たとえば,訴相手支配ところ行くときは,そのあるその論争から抜け出ること取りかかり,彼あなた裁き人引き出し,裁き人あなた廷吏引き渡し,廷吏あなた投げ込むようこと決してないようなさい+ 59  あなたますが,価ごくわずか最後小さな硬貨*払うまで+,あなたそこから出ること決してないでしょう」。

脚注

字義,「幾万が」。
または,「公に; 隠しだてなく」。
字義,「私室向かっこと」。
付録4ハ参照。
「わずか硬貨二つで」。字義,「二アサリオンで」。1アサリオン1デナリ161あった。付録8イ参照。
「公集会」。字義,「会堂」。
「どのように,何を」,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳; ベザ写,古ラ訳,シリ訳ク,ペ,「どのように」; シリ訳,「何を」。
または,「分割者」。
または,「命」。ギ語,プシュケーン; エ17,18,22(ヘ語),ナフシェカー(ネフェシュ変化形)。
または,「婚宴」。
または,「離れ来る; 出発来る」。付録5ニ参照。
午後9ごろから真夜中まで。マル 13:35脚注参照。
真夜中から午前3ごろまで。
「家令」。または,「家管理人」。ギ語,オイコノモス; ラ語,ディスペンサートル; エ17(ヘ語),ハッソーケーン,「家令」。創 24:2脚注; エフェ 1:10,「管理」の脚注参照。
「最も厳しくこれ罰し」。または,「彼二つ切り」。
「価ごくわずか最後小さな硬貨」。字義,「最後レプタ」。付録8イ参照。