アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨブ 9:1-35

9  そこでヨブは答えて言った,   「まことに,それがその通りであることをわたしは知っている。 しかし,死すべき人間はどうして*への訴えで正しかろうか+   たとえ人が[]と争うのを喜ぶとしても+ 千に一つも答えることはできない。   []は心が賢く,力が強い+ だれが[]に強情さを示して,無傷で済まされよう+   []は山々を移しておられるが+,人々は[これを]知ることさえない。 []は怒りをもってそれを覆された方+   []は地をその所から震い動かしておられるので, その柱+さえも震える。   []は太陽に*,輝き出ないようにと言いつけておられ, 星の周りに封印を付される+   独りで天を張り伸ばし+ 海の高波*を踏んでおられ+   アシ星座*,ケシル星座*を造り, キマ星座*+の奥まった部屋[を造られ*], 10  探りようのない大いなることを行ない+ くすしいことを数知れず[行なっておられる+]。 11  見よ,[]はわたしのそばを通られるが,わたしは[を]見ない。 []は進んで行かれるが,わたしは[]を見分けない+ 12  見よ,[]は奪い去られる。だれが[]に抵抗できよう。 だれが[]に向かって,『あなたは何をしているのか』と言えよう+ 13  *がその怒りを元に戻らせることはない+ 暴れ者*+を助ける者たちは,[]の下に必ず身をかがめる。 14  ましてや,わたしが[]に答えるのならなおのこと! わたしは[]に対して言葉を選ぼう+ 15  この方にわたしは答えないであろう。たとえ,わたしが本当に正しいとしても+ わたしの訴訟の相手方にわたしは恵みを請うであろう+ 16  もしわたしが呼んだなら,[]はわたしに答えてくださるだろうか+ わたしは[]がわたしの声に耳を向けてくださるとは信じない。 17  この方はあらしをもってわたしを砕き, 理由もなく,確かにわたしの傷を増やされる+ 18  []は新鮮な息+を吸うこと*をわたしにお許しにならない。 []は苦いものでわたしを飽き飽きさせておられるからだ。 19  もし力の点でだれかが強いのなら,見よ,[がおられる+]* もし,公正の点で[だれかが強いのなら],ああ,わたしが呼び出されたらよいのだが。 20  たとえわたしが正しいとしても,わたしの口*がわたしを邪悪な者とし, たとえわたしがとがめがないとしても,[]はわたしを曲がった者と宣せられるであろう。 21  たとえわたしがとがめがないとしても,わたしは自分の魂を知らないであろう。 わたしは自分の命を拒むであろう。 22  一つのことがある。だから,まさしくわたしは言う, 『とがめのない者も,邪悪な者も,[]は終わらせる+』と。 23  たとえ鉄砲水*が突然,死をもたらすとしても, 罪のない者たちの絶望を,[]はあざけられるであろう。 24  地は,邪悪な者の手に渡された+ その裁き人たちの顔を,[]は覆われる。 もしそうでなければ,では,それはだれか。 25  また,わたしの日々は走者よりも速くなった+ それは飛び去ってゆき,決して幸せを見ることはない。 26  それは葦の舟のように進んで行った。 食べるものを求めてあちらこちらと突進する鷲のように+ 27  たとえ私が,『気遣いを忘れよう+ 顔色+を変えて,明るくなろう』と言いましても, 28  私は自分のすべての苦しみにおびえました+ 私は確かに知っています。あなたは私を罪のない者とみなしてはくださいません。 29  私は,きっと邪悪な者となりましょう。 どうして私はただいたずらに労するのでしょう+ 30  たとえ私が実際に雪の水で身を洗っても, 実際,灰汁で手*を清めても+ 31  あなたは私を,坑の中に浸し, わたしの衣も必ずわたしを忌むでしょう。 32  []はわたしの答えるべき,わたしのような人間ではない+ わたしたちが一緒に裁きに臨むべき[わたしのような人間でもない]。 33  わたしたちの間には裁決する者*がいない*+ わたしたちふたりの上にその手を置く者が。 34  []がその杖をわたしの上から取り除かれるように+ その怖ろしさが,わたしをおびえさせないように。 35  わたしに語らせ,[]を恐れさせないでもらいたい。 わたしは自分ではそうする気持ちはないからだ。

脚注

「神」。ヘ語,エール; 七十訳,「エホバ」。
太陽に」。ヘ語,ラヘレス; ギ語,ヘーリオーイ; ラ語,ソーリー
字義,「高い所」。
「アシ星座」。ヘ語,アーシュ。これを大熊座とみなす人もいる。
「ケシル星座」。ヘ語,ケスィール。これをオリオン座とみなす人もいる。
キマ星座」。ヘ語,ウェキーマー。これを牡牛座のプレアデス星団とみなす人もいる。
「プレアデスとヘスペロスとアークトゥルスおよび南の貯蔵室を造っておられる方」,七十訳; ウル訳,「アークトゥルスとオリオンとヒヤデスと南の奥まった部屋を造られ」。南の奥まった部屋とは,赤道より下の南半球の諸星団と解される。
「神」。ヘ語,エローアハ。3:4の脚注参照。
「暴れ者」。ヘ語,ラーハヴ。26:12の脚注参照。
「吸うこと」。ヘブライ語ではこれは動詞の不定詞独立形で,時に関しては不定。ここでは「許す」という動詞の目的語として使われている。
「見よ,[神]がおられる」,タル; マソ本,「見よ!」
「わたしの口」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本を訂正することにより,「[神]の口」。
「とげむち」,別のヘブライ語の派生形と取れば。
または,「たなごころ」。
「裁決する者」。または,「仲介者」。ギ語,メシテース,テモ一 2:5と同じ。
「いない」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「いさえしたなら」。