内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ヨブ 7:1‐21

7  「地上​の​死す​べき​人間​に​は​強制​労働​+が​ある​で​は​ない​か。その​日々​は​雇わ​れ​た​労働​者​の​日々​の​よう​で​は​ない​か+   奴隷​の​よう​に​人​は​陰​を​あえぎ​求め+雇わ​れ​た​労働​者​の​よう​に​その​賃金​を​待つ+   かくて,わたし​は​無駄​な​太陰月​を​所有​さ​せ​られ+悩み​の​夜​+が​わたし​に​数え分け​られ​た。   横​に​なっ​た​とき,わたし​は​また​言っ​た,『わたし​は​いつ​起き​られる​だろ​う​か』と+そして​実際,夜​が​ふける[とき],わたし​は​また​夜明け方​まで​眠れ​ない​状態​に​飽き飽き​さ​せ​られ​た。   わたし​の​肉​は​うじ​+と​土くれ​+を​まとっ​た。わたし​の​皮​は,かさぶた​を​形成​し​て​は,また​崩れる+   わたし​の​日々​は,織り手​の​杼​より​も​速く​なっ​た+それ​は​望み​も​なく​尽きる+   私​の​命​は​風​に​過ぎ​ない​こと​を​思い出し​て​ください+私​の​目​も​二​度​と​幸せ​を​見​ない​こと​を。   わたし​を​見る​者​の​目​は​わたし​を​眺める​こと​は​あり​ませ​ん。あなた​の​目​が​私​に​向け​られ​て​も,私​は​い​ない​でしょ​う+   雲​は​必ず​尽き​て​去っ​て​行き​ます。その​よう​に,シェオル​に​下っ​て​行く​者​は,上っ​て​来る​こと​は​あり​ませ​ん+ 10  彼​は​もう​自分​の​家​に​帰る​こと​は​なく,その​場所​も​もう​彼​を​認める​こと​は​あり​ませ​ん+ 11  この​私​も,私​も​自分​の​口​を​制する​こと​を​し​ませ​ん。私​は​自分​の​霊​*の​苦悩​の​うち​に​語り​ます。私​は​自分​の​魂​の​苦しみ​を​気​に​かけ​ます+ 12  私​は​海​でしょ​う​か,それ​と​も​海​の​巨獣​でしょ​う​か。あなた​が​私​の​上​に​見張り​を​置か​れる​と​は+ 13  『わたし​の​寝床​は​わたし​を​慰め,わたし​の​床​は​わたし​の​気遣い​を​支える​の​を​助け​て​くれる』と,私​が​言っ​た​とき, 14  あなた​は​夢​で​私​を​おびえ​させ​まし​た。また,幻​に​よっ​て​私​を​おののか​せ​て​飛び上がら​せ​ます。 15  それ​で​私​の​魂​は​窒息​を​選び,私​の​骨​より​も​むしろ​死​+を[選び​ます]。 16  私​は[それ​を]退け​まし​た+。定め​の​ない​時​まで​も​生き​たい​と​は​思い​ませ​ん。私​に​構わ​ない​で​ください。私​の​日々​は​呼気​に​過ぎ​ない​の​です+ 17  死す​べき​人間​+は​何者​な​の​で,あなた​は​これ​を​育て*これ​に​み心​を​留め​られる​の​です​か。 18  また,朝​ごと​に​これ​に​注意​を​払い,絶え​ず​これ​を​試さ​れる​の​です​か+ 19  どうして​あなた​は​私​から​視線​を​そらさ​れ​ない​の​です​か+つば​を​呑み込む​まで​*私​を​このまま​に​し​て​おか​れ​ない​の​です​か。 20  私​が​罪​を​おかし​た​の​でし​たら,人間​*を​見守る​方​+よ,私​は​あなた​に​対し​て​何​を​成し遂げ​られる​でしょ​う。どうして,あなた​は​私​を​ご自分​の​的​と​し​て​立て,私​が​あなた​*に​とっ​て​重荷​と​なる​よう​に​され​た​の​でしょ​う​か。 21  それ​に,どうして​あなた​は​私​の​違犯​を​赦さ​ず+私​の​とが​を​見過ごさ​れ​ない​の​です​か。今,塵​+の​中​に​私​は​横たわる​から​です。あなた​は​必ずや​私​を​捜し求め​られ​ます​が,私​は​い​ない​でしょ​う」。

脚注

「自分​の​」。ヘ語,ルーヒー; ラ語,スピーリトゥース
または,「これ​を​重んじ」。
「つば​を​呑み込む​まで」。すなわち,ほんの​つかの間​の​時間。民 4:20の​脚注​参照。
人間」。ヘ語,ハーアーダーム
「あなた」,七十訳​および​元​の​ヘブライ​語​本文; マソ本,「自分​自身」。これ​は​ユダヤ​人​の​ソフェリム​に​よる​18​の​修正​箇所​の​一つ。付録2ロ参照。