内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 6:1‐30

6  そこでヨブ答え言った,   「ああ,わたし悩み+ことごとく量られ,同時わたし逆境人々はかり掛けなら!   今やそれより重いからある。だから,わたし言葉乱暴だっ+   全能*わたしあり+その毒液わたし飲んいるからある+*から恐怖わたし向かっ整列する*+   しまうま*+鳴くあろか。あるいは,雄牛その飼い葉鳴くだろか。   味ないものなく食べられるだろか。あるいは,うすべにたちあおいねばねばあろか。   わたしは[何ものも]触ること拒んだ。それらわたし食物変質ようだ。   ああ,わたし願い実現し,わたし望み*かなえくださるよいだが。   そして,すぐ運んで,わたし砕き,み手放って,わたし断っくださるよいだが+ 10  それさえなおわたし慰めなり,わたし産み苦しみも,[うれしさ+に]小躍りよう。[たとえ]が同情くださらなくも。わたしなる+言わこと+隠しことないからだ。 11  わたしで,わたし待っなけれならない+また,わたし終わりで,わたし自分*生き延びさせなけれならないか。 12  わたしあろか。あるいは,わたしあろか。 13  助力わたしうちなく,有効働きわたしから追いやらだろか。 14  だれ自分仲間からある親切*差し控える+全能恐れさえ捨てることなる+ 15  わたし兄弟たち奔流ように,不実こと+流れ去っゆく奔流水路ように。 16  それ黒ずみ,その隠れる。 17  それなくなる+時期なると,沈黙られた。暑くなると,そのから枯渇する+ 18  その進路そらされ,それむなしい上っ行って,滅びうせる。 19  テマ+隊商は[これを]眺め,シバ*+旅行これ待った。 20  彼ら頼っため確か恥じる。彼らそのまでて,失望する+ 21  今や,あなた方等しくなっから+あなた方怖ろしいことて,恐れる+ 22  わたしこう言っからあろか。『わたしに[何を]与えよ。あなた方うちから,わたしため贈り物せよ。 23  そして,敵対からわたし救助せよ+圧制から,あなた方わたし請け戻さなけれならない+』。 24  わたし教え諭せ。そうすれば,わたし黙るあろ+わたしどんな間違い犯しか,わたし理解せよ+ 25  言わ廉直ことは ― ああ,ひどいことない+しかし,あなた方戒める*戒める+ 26  あなた方企てる言葉戒めることか。絶望言うこと+単なるため過ぎない+ 27  まして,あなた方ないことさえくじ投げ+自分たちこと物々交換するあろ+ 28  だから今,ためらわないで,わたし注意払っくれ。そしてわたしが,あなた方向かっうそ言う+どうを[見よ]。 29  どうか,立ち返っくれ ― 不義生じないように ―。そうだ,立ち返っくれ ― わたしなおそこある+ 30  わたし不義あるだろか。あるいは,わたし上あご逆境わきまえないだろか。

脚注

「エホバ」,七十訳,ウル訳。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「神から恐怖社交交わりからわたし追い出す」,マソ本二つ字母入れ替えることより。
または,「オナガー; 野ろば」。
「神」。ヘ語,エローアハ。
または,「自分の[魂の]」。ヘ語,ナフシー; ギ語,プシュケー
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
字義,「シェバ」。
「戒める」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。