内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 6:1-30

6  そこでヨブは答えて言った,   「ああ,わたしの悩み+がことごとく量られ, 同時にわたしの逆境を人々がはかりに掛けたなら!   今やそれは海の砂よりも重いからである。 だから,わたしの言葉は乱暴な話だったのだ+   全能者*の矢がわたしと共にあり+ その毒液をわたしの霊が飲んでいるからである+ *からの恐怖がわたしに向かって整列する*+   しまうま*+は草の上で鳴くであろうか。 あるいは,雄牛はその飼い葉の上で鳴くだろうか。   味のないものは塩がなくて食べられるだろうか。 あるいは,うすべにたちあおいのねばねばした汁に味があろうか。   わたしの魂は[何ものにも]触ることを拒んだ。 それらはわたしの食物の中の変質のようだ。   ああ,わたしの願いが実現し, わたしの望みを*がかなえてくださるとよいのだが。   そして,がすぐ事を運んで,わたしを砕き, み手を放って,わたしを断ってくださるとよいのだが+ 10  それさえもなおわたしの慰めとなり, わたしは産みの苦しみの中でも,[うれしさ+に]小躍りしよう。 [たとえ]が同情をしてくださらなくとも。わたしは聖なる方+の言われたこと+を隠したことはないからだ。 11  わたしの力が何なので,わたしは待っていなければならないのか+ また,わたしの終わりが何なので,わたしは自分の魂*を生き延びさせなければならないのか。 12  わたしの力は石の力であろうか。 あるいは,わたしの肉は銅であろうか。 13  助力はわたしのうちにはなく, 有効な働きもわたしから追いやられたのだろうか。 14  だれでも自分の仲間から愛ある親切*を差し控える者は+ 全能者への恐れをさえ捨てることになる+ 15  わたしの兄弟たちは冬の奔流のように,不実なことをした+ 流れ去ってゆく冬の奔流の水路のように。 16  それは氷で黒ずみ, その上に雪が隠れる。 17  それは水のなくなる+時期になると,沈黙させられた。 暑くなると,その所から枯渇する+ 18  その道の進路はそらされ, それはむなしい所へ上って行って,滅びうせる。 19  テマ+の隊商は[これを]眺め, シバ人*+の旅行団はこれを待った。 20  彼らは頼ったために確かに恥じる。 彼らはその所まで来て,失望する+ 21  今や,あなた方は無に等しくなったからだ+ あなた方は怖ろしいことを見て,恐れる+ 22  わたしがこう言ったからであろうか。『わたしに[何かを]与えよ。 あなた方の力のうちから,わたしのために贈り物をせよ。 23  そして,敵対者の手からわたしを救助せよ+ 圧制者の手から,あなた方はわたしを請け戻さなければならない+』。 24  わたしを教え諭せ。そうすれば,わたしも黙るであろう+ わたしがどんな間違いを犯したか,わたしに理解させよ+ 25  言われた廉直なことは ― ああ,ひどいことではない+ しかし,あなた方が戒める*のは何を戒めるのか+ 26  あなた方が企てるのは言葉を戒めることなのか。 絶望した者の言うこと+は単なる風のために過ぎないのに+ 27  まして,あなた方は父のない者のことでさえくじを投げ+ 自分たちの友のことで物々交換をするであろう+ 28  だから今,ためらわないで,わたしに注意を払ってくれ。 そしてわたしが,あなた方の顔に向かってうそを言う+かどうかを[見よ]。 29  どうか,立ち返ってくれ ― 不義が生じないように ―。 そうだ,立ち返ってくれ ― わたしの義はなおそこにあるのだ+ 30  わたしの舌に不義があるだろうか。 あるいは,わたしの上あごは逆境をわきまえないだろうか。

脚注

「エホバ」,七十訳,ウル訳。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「神から恐怖社交交わりからわたし追い出す」,マソ本二つ字母入れ替えることより。
または,「オナガー; 野ろば」。
「神」。ヘ語,エローアハ。
または,「自分の[魂の]」。ヘ語,ナフシー; ギ語,プシュケー
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
字義,「シェバ」。
「戒める」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。