内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ヨブ 5:1‐27

5  「どうか,呼んでみなさい! だれかあなたに答える者がいるか。また,聖なる者たちのだれ*に,あなたは向かおうとするのか。   愚かな者は悩みが殺し,容易に唆される者はそねみが死なせることになるからだ。   わたしは,愚かな者が根づくのを見たが+にわかにその住まう所をのろい憎むようになった。   その子らは救いから遠く離れており+彼らは救い出す者もないまま,門で砕かれる。   彼の刈り入れるもの*は飢えた者が食べ,屠殺者の鉤*からさえこれを奪う。実際,わなが彼らの資産に飛び付く*   ただの塵から有害なものは出て来ず,ただの土地から悩みは生え出ないからである。   人*は,悩みのために生まれるからだ。それも火花*が上の方へ飛ぶように。   しかし,わたしなら*に問い,*に自分の事*をゆだねよう+   探りようのない大いなることをなさる*くすしいことを数知れず[なさる+に]。 10  地の表に雨を与え+原野に水を送る+[に]。 11  低い者を高い所に置き+悲しむ者を高くして救いを得させる[に]。 12  抜け目のない者の企てを覆して+彼らの手が効果的に働かないようにされる[に]。 13  賢い者を彼らのこうかつさによって捕まえ+ずるい者たちの計り事が迅速に処置されるようになさる+[に]。 14  彼らは昼間でさえ闇に遭い,真昼でも,まるで夜のように手探りする+ 15  そして,剣から,彼らの口から救う強い者の手から貧しい者を[救う+に]。 16  こうして立場の低い者にも望みがあるが+不義は実際,その口をつぐむ+ 17  見よ,*が戒める人*は幸いだ+全能者の懲らしめを退けてはならない! 18  []は痛みを生じさせるが,[傷を]包み,打ち砕くが,ご自身の手がいやすことをするからだ。 19  六つの苦難の中で[]はあなたを救い出してくださり+七つ目の中でも何も有害なものがあなたに触れることはない+ 20  飢きんの間も[]はあなたを必ず死から請け戻し+戦いの間でも剣の力*から[請け戻して]くださる。 21  舌のむちからあなたは隠され+奪い取ることが起きても,あなたはそれを恐れることはない。 22  奪い取ることと飢えをあなたはあざ笑うことになる。地の野獣もあなたは恐れるには及ばない。 23  野の石とあなたの契約は[結ばれ],野の野獣も,あなたと和らいで生きるようにされるからである+ 24  そしてあなたは,平安が自分の天幕であることを確かに知り,必ずや行って,自分の牧草地を見るが,何かがないのに気づくようなことはない。 25  また,あなたは自分の末が多いこと+あなたの子孫が地の草本のようであること+を確かに知るであろう。 26  あなたは精力を保ちながら埋葬所に入るであろう+穀物の束がその時期に積もるように。 27  見よ,これがわたしたちの調べたところで,その通りである。これを聞き,あなたも ― 自分でこれを知れ」。

脚注

「聖なるみ使いたちのだれ」,七十訳。
字義,「彼の収穫物[である]もの」。
「屠殺者の鉤」。または,「いばら」。
「実際,わなが彼らの資産に飛び付く」。マソ本を訂正することにより,「渇いている者たちはまさしく彼らの乳をくみ出す」。
または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
字義,「炎の子ら」。
または,「神たる者」。ヘ語,エール; 七十訳,「エホバ」。
「神」。ヘ語,エローヒーム。エローアハの複数形で,卓越と威光を表わす。七十訳,「エホバ」。
または,「自分の訴訟」。
字義,「大いなることをなさる方,そして[それを]探ることがない」。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「人」。または,「死すべき人間」,4:17の場合と同じ。ヘ語,エノーシュ。
字義,「の手」(複)。