内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 42:1‐17

42  そこでヨブエホバ答え言った,   「私あなたすべてことなし得ること知りまし+あなた達成ない考えないこと+   『知識ない計り事暗くいるこのだれ+』。それゆえ,私語りましが,理解ませでした。知らない,私とっ余りにくすしいこと+   『どうか,聞くように。そうすれば,わたし話すあろう。わたしあなた尋ねるで,あなたわたし知らせ+』。   私あなたことうわさ*聞いましが,は,私このあなた確かおります。   それゆえに,私撤回し,まさしく悔い改めます*+」。  そしてエホバこれら言葉ヨブ語ら後,エホバさらにテマンエリパズこう言わある。 「わたし怒りあなたあなた+向かっ燃えた。それは,あなた方わたし関して,わたしヨブよう真実こと語らなかっ+からある。  それ今,自分たちため雄牛雄羊+取って,わたしヨブところ行き+,あなた方自分たちため焼燔犠牲ささげなけれならない。そうすれば,わたしヨブあなた方ため祈るあろ+。ただだけわたし受け入れて,あなた方こと面目愚行行なわないようする。それあなた方が,わたしヨブように,わたし関し真実こと語らなかっからある+」。  そこでテマンエリパズシュアハビルダド[と]ナアマツォファル行って,エホバ彼ら語ら通りた。それゆえ,エホバヨブ受け入れられた。 10  それから,エホバは,ヨブそのため祈っとき+,彼捕らわれ状態戻し+,エホバさらに,すべてヨブものあっものを,二与えはじめられ+ 11  そして,彼すべて兄弟たち,すべて姉妹たち,以前知っすべてもとやっ+,そのパン食べ+,彼同情し,エホバ臨むままされすべて災いこと慰めはじめた。それから彼ら各々,金子*を,各々一つ贈った。 12  エホバに,ヨブ終わりその始めより+祝福+で,彼*一万四千頭,らくだ六千頭,牛一千対,雌ろば一千持つことなった。 13  彼また,息子持つことなっ+ 14  そしてそのの[娘の]名エミマ,第ケツィア,第ケレンハプク呼ぶようなった。 15  そして,全土ヨブたちほどきれい見つからなかった。その彼女たちも,その兄弟たち相続与え+ 16  こうヨブこの後,百四十生き長らえ*+,そのその+ ― 四あった。 17  そして,やがてヨブ年老い,よわい満ち足り死ん+*

脚注

または,「耳報告」。
または,「悔やみます」。
「金子枚」。字義,「一ケスィーター」。貨幣単位あるが,価格不明。
1:3,「羊」の脚注参照。
「しかしヨブこの災厄後,百七十生きた。彼生きそのすべて[の年]は二百四十八[七十訳シナ写,バチ写は「八」を省いいる]年あった。そして」,七十訳。
七十訳こう付け加えいる。「そして,彼エホバよみがえらされるたち再び立ち上がる書き記さいる。この[人]はシリアは,イドマヤアラビア境界アウシティス[ウツ]の住む描かいる。そして,以前,彼ヨバブいった。アラビアめとっ後,彼エンノンいうなった。しかし自身は,エサウあるザレあっが,そのボソラの[子あった]ので,彼アブラハムから[家系の]五あった。そして,これらエドム治めたちで,彼またその支配あった。第は,ベオル子,バラクで,彼都市デンナバいった。しかしバラクは,ヨブ呼ば者,ヨバブ。しかしそのアソムで,彼タイマニティスから総督あった。そのバラドアダドで,彼モアブ平原マディアム断った。彼都市ゲタイムいった。しかし,彼ところ友人たちは,タイマンで,エサウエリパズ,サウカイア専制支配ビルダド,ミナイアツォファル[であった]」。