アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨブ 41:1-34

41  「あなたは釣り針でレビヤタン*+を引き出すことができるか。 また,綱でその舌を押さえつけることができるか。   あなたはいぐさをその鼻に通すことができるか+ また,いばらでそのあごを突き通すことができるか。   これはあなたにしきりに嘆願し, また,あなたに柔らかな言葉をかけるだろうか。   これはあなたと契約を結んで, あなたがこれを捕らえて定めのない時までも奴隷とするようにさせるだろうか。   あなたは鳥とするようにこれと戯れ, また,あなたの若い女の子たちのためにこれをつなぐだろうか。   仲間たちはそのために物々交換をし* 小売商人*の間でこれを細かく分けるだろうか。   あなたはもりでその皮を満たし+ また,やすでその頭を[満たす]だろうか。   あなたの手をその上に置け。 戦いを思い出せ。二度とするな*   見よ,それに関する人の期待は必ずむなしくなる。 人はまた,それを見ただけで投げ倒される。 10  これを起こすほどの向こう見ずな者はいない。 それで,だれがわたしの前で持ちこたえられよう+ 11  だれが先に何かをわたしに与えたので,わたしはこれに報いるべきなのか+ 全天の下でそれはわたしのものだ+ 12  わたしはそのもろもろの部分について沈黙していることはない。 また,[その]力強さの事やその均整の優美さ[についても]。 13  だれがその衣服の面をはいだか。 その二重のあご*の中にだれが入れようか。 14  その顔*の扉をだれが開いたか。 その周りの歯は怖ろしい。 15  うろこの畝はそのごう慢さであり, 堅い封印によるかのように閉じている。 16  一つ一つそれらはぴったりと合い, 空気もその間に入ることができない。 17  互いに*それらはくっつき合っており, 互いにつかみ合っていて,分けられない。 18  そのくしゃみも光を放ち, その目は夜明けのひらめきのようだ。 19  その口からは,せん光が出て行き, 火花が飛び出す。 20  その鼻からは煙が出る。 いぐさで燃え立たせられた炉のように。 21  その魂*は炭を燃え上がらせ, 炎がその口から出る。 22  その首には強さが宿り, その前には絶望が躍る* 23  その肉のひだはまさしくくっつき合い, その身に鋳造されたもののようで,動かない。 24  その心臓は石のように鋳造され, しかも,臼の下石のように鋳造されている。 25  それが身を起こすことにより,強い者も怖れ+ [肝]をつぶすほどの驚きのためにうろたえる。 26  これに追いついても,剣も堪えず, 槍も,投げ矢も矢じりも[堪えない+]。 27  これは鉄+をただのわらのようにみなし, 銅をただの腐った木のように[みなす]。 28  矢*もこれを追い払わない。 石投げの石+もこれにはただの刈り株に変えられた。 29  こん棒も[これには]ただの刈り株のようにみなされた+ これは投げ槍のうなる音をあざ笑う。 30  その下側はとがった土器片のようだ* それは脱穀機+を泥の上に伸べる。 31  これは深みをなべのように沸き立たせ, 海を塗り油のなべのようにする。 32  その後にこれは通り道を輝かせる* 人は水の深みを白髪と*みなすであろう。 33  塵の上にはこれと似たものはなく, 恐怖のないものに造られた。 34  すべて高いものをこれは見る。 これはすべての堂々たる野獣*の王である」。

脚注

「レビヤタン」,マソ本(ヘ語,リウヤーターン),ウル訳; 七十訳,「龍」。
または,「そのことで宴を設け」。
字義,「カナン人たち」。ヘ語,ケナアニーム。
マソ本と七十訳はここで40章が終わっている。
「あご」。字義,「くつわ」,マソ本; 七十訳,「うろことじ鎧[小札かたびら]」。
「顔」,マソ本; シリ訳,「口」。
字義,「各々その兄弟に」。
「その」。ヘ語,ナフショー; ギ語,プシュケー
「絶望が躍る」,マソ本; 七十訳,「滅びが走る」。
字義,「弓の子」。
「とがった土器片のようだ」。または,「土器片の最もとがった(最も鋭い)もの」,ヘブライ語の慣用句による。
「また,深みの最も低い所[ギ語,トン デ タルタロン テース アビュッスー,「底知れぬ深みのタルタロス」]をとりこと(みなす)」,七十訳。付録4ニ参照。
「白髪と」,マソ本; 七十訳,「歩く場所と」; シリ訳,「乾いた地と」。
「すべての堂々たる野獣」。字義,「誇り(威厳)のすべての子ら」。