内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 41:1‐34

41  「あなた釣り針レビヤタン*+引き出すことできるか。また,綱その押さえつけることできるか。   あなたいぐさその通すことできる+また,いばらそのあご突き通すことできるか。   これあなたしきり嘆願し,また,あなた柔らか言葉かけるだろか。   これあなた契約結んで,あなたこれ捕らえ定めないまで奴隷するようさせるだろか。   あなたするようこれ戯れ,また,あなた若いたちためこれつなぐだろか。   仲間たちそのため物々交換*小売商人*これ細かく分けるだろか。   あなたもりその満たし+また,やすそのを[満たす]だろか。   あなたその置け。戦い思い出せ。二する*   見よ,それ関する期待必ずむなしくなる。また,それだけ投げ倒される。 10  これ起こすほど向こう見ずない。それで,だれわたし持ちこたえられよう+ 11  だれわたし与えで,わたしこれ報いるべき+全天それわたしもの+ 12  わたしそのもろもろ部分つい沈黙いることない。また,[その]力強さその均整優美さ[についも]。 13  だれその衣服はいか。そのあご*だれ入れようか。 14  その*だれ開いか。その周り怖ろしい。 15  うろこそのごう慢あり,堅い封印よるよう閉じいる。 16  一つ一つそれらぴったり合い,空気その入ることできない。 17  互い*それらくっつき合っおり,互いつかみ合って,分けられない。 18  そのくしゃみ放ち,その夜明けひらめきようだ。 19  そのからは,せん光行き,火花飛び出す。 20  そのから出る。いぐさ燃え立たられように。 21  その*燃え上がらせ,そのから出る。 22  その強さ宿り,その絶望躍る* 23  そのひだまさしくくっつき合い,その鋳造ものようで,動かない。 24  その心臓よう鋳造れ,しかも,臼下石よう鋳造いる。 25  それ起こすことより,強い怖れ+[肝]をつぶすほど驚きためうろたえる。 26  これ追いついも,剣堪えず,も,投げ矢矢じりも[堪えない+]。 27  これ+ただわらようなし,ただ腐っように[みなす]。 28  矢*これ追い払わない。石投げ+これただ刈り株変えられた。 29  こん棒も[これは]ただ刈り株ようみなさ+これ投げ槍うなるあざ笑う。 30  その下側とがっ土器よう*それ脱穀+伸べる。 31  これ深みなべよう沸き立たせ,塗り油なべようする。 32  そのこれ通り道輝かせる*深み白髪*みなすあろう。 33  塵これものなく,恐怖ないもの造らた。 34  すべて高いものこれ見る。これすべて堂々たる野獣*ある」。

脚注

「レビヤタン」,マソ本(ヘ語,リウヤーターン),ウル訳; 七十訳,「龍」。
または,「そのこと設け」。
字義,「カナンたち」。ヘ語,ケナアニーム。
マソ本七十訳ここ40終わっいる。
「あご」。字義,「くつわ」,マソ本; 七十訳,「うろことじ鎧[小札かたびら]」。
「顔」,マソ本; シリ訳,「口」。
字義,「各々その兄弟に」。
「その」。ヘ語,ナフショー; ギ語,プシュケー
「絶望躍る」,マソ本; 七十訳,「滅び走る」。
字義,「弓子」。
「とがっ土器ようだ」。または,「土器最もとがった(最も鋭い)もの」,ヘブライ慣用よる。
「また,深み最も低い所[ギ語,トン デ タルタロン テース アビュッスー,「底知れ深みタルタロス」]をとりこと(みなす)」,七十訳。付録4ニ参照。
「白髪と」,マソ本; 七十訳,「歩く場所と」; シリ訳,「乾いと」。
「すべて堂々たる野獣」。字義,「誇り(威厳)のすべてら」。