内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨブ 39:1-30

39  「あなたは大岩の山やぎが[子を]産む定められた時を知っているのか+ あなたは雌じかが産みの苦しみをもって生む+のを見守るであろうか。   あなたはこれらが満了する太陰月を数えることができるか。 また,これらが[子を]産む定められた時を知っているか。   それらはその子を生み落とすとき身をかがめ, [そのとき,]その産みの苦しみを脱する*   その子らは強壮になり,原野で大きくなる。 それらは実際,出て行って,彼らのもとには帰らない。   だれがしまうま+を放って自由にし, だれが野ろばの綱を解いたか。   わたしは砂漠平原をその家とし, 塩地をその住みかとした+   それは町の騒ぎをあざ笑い, 忍び寄る者の騒々しい音+を聞かない。   それは山々をその放牧地として探り+ あらゆる緑のもの+を捜し求める。   野牛はあなたに仕えることを望むか+ あるいは,あなたの飼い葉おけの傍らで夜を過ごすだろうか。 10  あなたは畝で野牛を綱でしっかり縛れるか。 あるいは,それはあなたに従って低地平原をまぐわでならす+だろうか。 11  その力がおびただしいからといって,あなたはこれに頼るだろうか。 あなたの労をこれにゆだねるだろうか。 12  あなたはそれがあなたの種を持ち帰り, あなたの脱穀場に集めてくれるのを当てにするだろうか。 13  雌のだちょうの翼は楽しげに羽ばたいたか。 あるいは,[それには]こうのとり+の羽先と羽毛[があるか]。 14  これはその卵を地に放置し, 塵の中でそれを暖め, 15  何かの足がそれを押しつぶすことも, また野の野獣がそれを踏みつけることさえも忘れる。 16  これはその子らを確かに荒く扱う。自分のものでないかのように+ その労は無駄になる。怖れがない[からである]。 17  *がこれに知恵を忘れさせ, これに悟りを分け与えなかったからだ+ 18  これは高い所で羽ばたく時, 馬とその乗り手をあざ笑う。 19  あなたは馬に力強さを与えることができるか+ その首にさらさらと鳴るたてがみ*をまとわせることができるか。 20  あなたはこれをいなごのように跳びはねさせることができるか。 その鼻あらしの威厳は怖ろしい+ 21  これは*低地平原で前足でかき+,力を大いに歓ぶ。 これは武具に立ち向かうために出て行く+ 22  これは怖れをあざ笑って,おびえない+ また,剣のために引き返すこともない。 23  これに向かって矢筒は音を立てる。 槍の刃と投げ槍も。 24  力強く踏みしめて進み,興奮して,これは地を呑み込み, それが角笛の音であることを信じない。 25  角笛が鳴るや,これは,ははあ! と言う。 そして,遠くから戦いをかぎつけ, 隊長*のわめき叫ぶ声とときの声[を聞きつける+]。 26  はやぶさが舞い上がるのは,あなたの理解力によるのか。 その翼を南風に向かって広げるのは。 27  あるいは,鷲+が高く飛び上がるのは,あなたの命令によるのか。 その巣を高い所に作るのは+ 28  大岩の上に住み,夜の間とどまり, 大岩の歯や近づき難い所に[とどまるのは]。 29  そこからそれは必ず食物をうかがい+ はるか遠くまでその目は眺めている。 30  そして,そのひなも血を吸っている。 打ち殺された者のいるところ,そこにそれはいる+」。

脚注

または,「その胎児を解き放つ」。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「さらさらと鳴るたてがみ」,マソ本; タル,「強さ」。
「これは」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「それらは」。
字義,「君たち」。ヘ語,サーリーム。