アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨブ 38:1-41

38  そこでエホバは風あらしの中から+ヨブに答えて言われた,   「計り事を暗くしているこの人はだれか。 知識がないのに言葉によって+   どうか,強健な人のように,あなたの腰に帯を締めるように。 わたしはあなたに尋ねてみたい。あなたはわたしに知らせよ+   わたしが地の基を置いたとき,あなたはどこにいたのか+ [わたしに]告げよ。もしあなたが確かに悟りを知っているのなら。   だれがその度量衡を定めたのか。もしあなたが知っているのなら。 あるいは,だれが測り綱をその上に張り伸ばしたのか。   その受け台+は何の中に埋められたのか。 あるいは,だれがその隅石を据えたのか。   明けの星+が共々に喜びにあふれて叫び, の子たち*+がみな称賛の叫びを上げはじめたときに。   また,[だれが]扉*で海をふさいだのか+ それは胎から飛び出るときのように出て行きはじめた。   わたしが雲をその*衣とし, 濃い暗闇をそのくるみ帯とし, 10  それからわたしはその上でわたしの規定を打ち破り* かんぬきと扉を設け+ 11  次いで,『ここまでは来てもよいが,これ以上はいけない+ ここであなたの誇り高い波は限られている』と言ったときに+ 12  あなたが朝に命じたのはあなたの日以来のことだったか+ あなたは夜明けにその場所を知らせ, 13  地の果て*を捕まえさせて, 邪悪な者たち*がそこから振り落とされるようにしたか+ 14  それは印章の下の粘土+のように変容し, 事物*は衣服の場合のように際立つ。 15  そして邪悪な者たち*からはその光は差し控えられ+ 高い腕が折られる+ 16  あなたは海の源*まで行ったことがあるのか。 また,水の深み*+を捜し求めて歩き回ったことがあるのか+ 17  死の門+があなたにあらわにされたことがあるのか。 また,深い陰*の門+をあなたは見ることができるのか。 18  あなたは地の広大な広がりを理知的に考慮したことがあるのか+ それをすべて知っているのなら,告げてみよ。 19  では,光の住む所に至る道はどこか+ では,闇についていえば,その場所はどこか。 20  あなたはそれをその境界に連れて行くというのか。 その家に至る通り道を理解するというのか。 21  そのとき,あなたは生まれていたので,知っているのか+ また,数においてあなたの日が多い[から]か。 22  あなたは雪の倉に入ったことがあるか+ また,雹の倉をも見るであろうか+ 23  それらをわたしは苦難の時のため, 戦と戦いの日のために取って置いたのだ+ 24  では,光*が分散する道はどこか。 [また]東風+が地の上で四散する[道は]。 25  だれが洪水のために水路を裂き, 雷雨の雲のために道[を裂いたか+]。 26  人*のいない地にも雨を降らせ+ 地の人*のいない荒野[にも雨を降らせる]ため, 27  あらしに襲われた荒れ果てた所を満ち足らせ, 草の生育をもたらすために+ 28  雨には父があるか+ あるいは,だれが露のしずくを産んだのか+ 29  だれの腹から氷は実際に出て来るのか。 天の白霜+は,実際,だれがこれを産み出すのか。 30  水も石によるかのように身を隠しており, 水の深みの表は堅く締まる+ 31  あなたはキマ星座*のきずなをしっかり結ぶことができるか。 あるいは,ケシル星座*の綱をも解くことができるか+ 32  あなたはマザロト星座*をその定められた時に引き出すことができるか。 それにアシ星座*と共にその子らは,あなたはこれを導くことができるか。 33  あなたは天の法令を知っているのか+ あるいは,その権能を地に施すことができるだろうか。 34  あなたは声を雲にまで上げて, 波打つ大水にあなたを覆わせることができるか+ 35  あなたは稲妻を放って,これを行かせ, 『わたしたちはここにいます!』と,あなたに言わせることができるか。 36  だれが雲の層に*知恵を置いたか+ あるいは,だれが空の現象に*悟りを与えたか+ 37  だれが知恵をもって雲を正確に数えることができるか。 あるいは,天の水がめ―だれが[これを]傾けることができるか+ 38  塵が鋳物の塊になるかのように注ぎ出, 地の土くれもくっつき合うときに。 39  あなたはライオンのために獲物を狩ることができるか。 若いライオンのおう盛な食欲を満たすことができるか+ 40  それらが隠れがにかがみ+ [あるいは]隠れ場で横たわって待ち伏せしているときに。 41  だれが渡りがらすのためにその食物を整えるのか+ そのひなが*に助けを叫び求めるとき, 食べるものがないために,さまよっている[ときに]。

脚注

「神の子たち」。または,「神のような者たち」。ヘ語,ベネー エローヒーム; タル,「み使いたちの隊(複)」; 七十訳,「わたしのみ使いたち」。
または,「二重扉」,代二 14:7と同様。
すなわち,海の。
「打ち破り」,マソ本; 七十訳,「置き」。
「果て」。字義,「翼」(複)。
「邪悪な者たち」。マソ本のこの箇所ではヘブライ語の字母アイン(ע)が挿入文字として浮き上がっており,この言葉は「貧しい者たち」と読む代わりに,「邪悪な者たち」と読むべきであることが示されている。裁 18:30,「モーセ」の脚注と比較。
字義,「それら」。
38章13節,「者たち」の脚注参照。
または,「海の砂地」。
「水の深み」。または,「逆巻く水」。28:14の脚注参照。
「深い陰」。字義,「死の陰」,マソ本; 七十訳,「ハデス」,すなわち,共通の墓; タル,「ゲヘナの死」。
「霜」,七十訳。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。創 1:26,「人」の脚注参照。
9:9,「キマ星座」の脚注参照。
9:9,「ケシル星座」の脚注参照。
「マザロト星座」。ヘ語,マッザーロート; ギ語,マズーロート(王二 23:5と同じだが,そこでは「黄道帯の星座」と訳されている); シリ訳,「ワゴン星座」; ラ語,ルーキフェルム,「光を運ぶ者」。
9:9,「アシ星座」の脚注参照。
雲の層に」。ヘ語,バットゥホート。意味は明確でない。
空の現象に」。ヘ語,ラッセクウィー。意味は明確でないが,ある種の天の現象を指していると思われる。
「神」。ヘ語,エール。