内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 37:1‐24

37  「実際,このことわたしおののきはじめ+そのから躍り上がる。   あなた方よく聴け。そのみ声とどろく+また,そのみ口から出るうなり声を。   全天に[]はそれ放たれ,その稲妻+果て*まで及ぶ。   その鳴りとどろく。[]はその優勢+雷鳴とどろか+その聞こえるときも,それ引き止められない+   *くすしいまでみ声雷鳴とどろか+わたしたち知りない大いなることおられる+   雪向かって[]は,『地降れ』と言い+大降り,すなわちその強烈大降り[に向かっ言われる]からある+   すべてに[]は押される。すべて死すべき人間そのみ業知るためある。   そして野獣待ち伏せ場所入り,またその隠れ場住む+   奥部屋+から暴風来,北風から寒さ[が来る+]。 10  *よっ与えられ+広がり束縛れる*+ 11  しかも,[]は水気負わせ,その+雲塊散らす。 12  そしてこれは,[]が操ることより,方々巡らさいる。事成し遂げるためある。どこも[]がそれ命ずる+所,地産出土地*に。 13  杖*ため+,あるいはご自分ため+あるいはある親切*ため+,[]はこれ効果生じさせられる。 14  ヨブよ,ぜひこのこと向けるように。立ち止まって,くすしいみ業あなた注意深いこと示せ+ 15  あなた知っいるか。*それら取り決め課しときこと+また,その照らさときことを。 16  あなた釣り合い保つことつい知っいる+知識全きくすしいみ業+ 17  あなたいかに熱いを。から静けさ示すとき*+ 18  []とあなた打ち伸ばすことできる+鋳物よう堅い[空を]。 19  []に言うべき知ろないか。わたしたちために[言葉を]出すことできない。 20  わたし語りたいなどと[]に述べられるべきあろか。それとも,それ伝えられると,だれ言っだろ+ 21  そして今や,彼ら確かない。それ光り輝いいる。過ぎ行って,これ清めとき* 22  北から黄金輝き*来る。*尊厳+畏怖起こさせる。 23  全能ついは,わたしたちこれ見いださなかっ+[]はおい高められいる+そして,公正++豊か軽視さることない+ 24  それゆえ,人々*は[]を恐れるよう+[]は,[自分自身の]心賢いだれ留められない+」。

脚注

「果て」。字義,「翼」(複)。
「神」。ヘ語,エール。
「神」。ヘ語,エール。
または,「凍る」。
「の産出土地」,マソ本(ヘ語,テーヴェール),タル; ラ語,オルビス,「円」,すなわち,地の。
矯正もしくは懲罰象徴する。
または,「忠節愛」。
「神」。ヘ語,エローアハ。
または,「地静けさからあるときに」。
が……ときに」。ヘ語,ウェルーアハ創 1:2,「力」の脚注参照。
「黄金輝き」。字義,「金」。ヘ語,ザーハーヴ。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「人々」。ヘ語,アナーシーム。イーシュ複数形。