ヨブ 37:1‐24

37  「実際,このことでわたしの心はおののきはじめ+その所から躍り上がる。   あなた方はよく聴け。そのみ声のとどろくのを+また,そのみ口から出るうなり声を。   全天の下に[]はそれを放たれ,その稲妻+は地の果て*にまで及ぶ。   その後で声が鳴りとどろく。[]はその優勢な声で+雷鳴をとどろかせ+その声が聞こえるときも,それを引き止められない+   *はくすしいまでにみ声で雷鳴をとどろかせ+わたしたちの知り得ない大いなることをしておられる+   雪に向かって[]は,『地の方に降れ』と言い+雨の大降り,すなわちその強烈な雨の大降り[に向かって言われる]からである+   すべての地の人の手に[]は印を押される。すべての死すべき人間がそのみ業を知るためである。   そして野獣は待ち伏せ場所に入り,またその隠れ場に住む+   奥の部屋+から暴風が来,北風から寒さ[が来る+]。 10  *の息によって氷が与えられ+水の広がりは束縛される*+ 11  しかも,[]は雲に水気を負わせ,その光+を雲塊は散らす。 12  そしてこれは,[]が操ることにより,方々に巡らされている。事を成し遂げるためである。どこでも[]がそれに命ずる+所,地の産出的な土地*の面に。 13  杖*のため+,あるいはご自分の地のため+あるいは愛ある親切*のために+,[]はこれに効果を生じさせられる。 14  ヨブよ,ぜひこのことに耳を向けるように。立ち止まって,のくすしいみ業にあなたが注意深いことを示せ+ 15  あなたは知っているか。*がそれらに取り決めを課したときのことを+また,その雲の光を照らさせたときのことを。 16  あなたは雲の釣り合いを保つことについて知っているか+知識の全きのくすしいみ業を+ 17  あなたの衣がいかに熱いかを。地が南から静けさを示すときに*+ 18  []と共にあなたは空を打ち伸ばすことができるか+鋳物の鏡のように堅い[空を]。 19  []に何と言うべきかを知ろうではないか。わたしたちは闇のために[言葉を]出すことができない。 20  わたしが語りたいなどと[]に述べられるべきであろうか。それとも,それは伝えられると,だれかが言っただろうか+ 21  そして今や,彼らは確かに光を見ない。それは空で光り輝いている。風が過ぎて行って,これを清めたときに* 22  北から黄金の輝き*が来る。*の上で尊厳+は畏怖の念を起こさせる。 23  全能者については,わたしたちはこれを見いださなかった+[]は力において高められている+そして,公正+と義+の豊かさとを軽視なさることはない+ 24  それゆえ,人々*は[]を恐れるように+[]は,[自分自身の]心に賢い者をだれも気に留められない+」。

脚注

「果て」。字義,「翼」(複)。
「神」。ヘ語,エール。
「神」。ヘ語,エール。
または,「凍る」。
「の産出的な土地」,マソ本(ヘ語,テーヴェール),タル; ラ語,オルビス,「円」,すなわち,地の。
矯正もしくは懲罰を象徴する。
または,「忠節な愛」。
「神」。ヘ語,エローアハ。
または,「地の静けさが南からあるときに」。
が……ときに」。ヘ語,ウェルーアハ創 1:2,「力」の脚注参照。
「黄金の輝き」。字義,「金」。ヘ語,ザーハーヴ。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「人々」。ヘ語,アナーシーム。イーシュの複数形。