内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ヨブ 35:1‐16

35  さらに​エリフ​は​続け​て​答え​て​言っ​た,   「これ​は​あなた​が​公正​と​みなし​て​いる​こと​な​の​か。あなた​は​かつて​言っ​た,『わたし​の​義​は​​の​それ​に​勝っ​て​*いる』と+   それ​は​あなた​が,『あなた​に​とっ​て​何​の​役​に​立つ​の​か+罪​を​おかす​こと​に​よる​以上​に​わたし​に​は​どんな​益​が​ある​の​か』と​言う​から​で​ある+   わたし​が​あなた​に​返答​する。あなた​と​共​に​いる​あなた​の​友​たち​*+に​も。   天​を​仰ぎ+,見​て,雲​を​眺めよ+。それ​が​本当​に​あなた​より​も​高い[の​を]。   たとえ​あなた​が​実際​に​罪​を​おかし​て​も,[]に​対し​て​何​を​成し遂げ​られ​よう+また[たとえ]あなた​の​背き​の​罪​が​実際​に​増え​て​も,[]に​何​を​行なえる​だろ​う。   たとえ​あなた​が​実際​に​正しく​て​も,[]に​何​を​与え​られ​よう。あるいは,[]は​あなた​の​手​から​何​を​受け​られ​よう​か+   あなた​の​邪悪​は​あなた​の​よう​な​人​に​対する​*もの+あなた​の​義​は​地​の​人​*の​子​に​対する​もの​で​あろ​う+   虐げ​の​おびただしさ​ゆえに​彼ら​は​援助​を​呼び求め​て​いる+彼ら​は​大いなる​者​たち​の​腕​の​ゆえに​助け​を​叫び求め​て​いる+ 10  それにしても,だれ​も​言わ​なかっ​た,『わたし​の​な​造り主*+なる​*は​どこ​に​おら​れる​の​か。夜,調べ​を​与える​+は』と。 11  []は​地​の​獣​*に​勝っ​て​+わたしたち​を​教える​+で​あり,天​の​飛ぶ​生き物​より​も​わたしたち​を​賢く​し​て​くださる。 12  そこ​で​は,彼ら​は​叫ん​で​いる​が,[]は​答え​られ​ない+悪い​者​たち​の​誇り​+の​ゆえに。 13  ただし,不​真実​を​*は​聞き入れ​ず+​は,それ​を​注視​さ​れ​ない+ 14  では,まして,あなた​が[]を​見​ない​と​言う​とき​は​なおさら​だ+訴え​は[]の​前​に​ある​の​で,あなた​は​ひたすら[]を​待つ​べき​で​ある+ 15  けれども​今,[]の​怒り​は​弁明​を​求め​なかっ​た​ゆえ​に+[]は​また​非常​な​軽率​さ​を​気​に​留め​られ​なかっ​た+ 16  それ​で​ヨブ​は,ただ​いたずら​に​その​口​を​大きく​開き,知識​も​なく,単なる​言葉​を​殖やす+」。

脚注

神​の​それ​に​勝っ​て」。ヘ語,メーエール; 七十訳,「エホバ」。
「友​たち」,マソ本; 七十訳,「三​人​の​友人」。
人​に​対する」。ヘ語,レイーシュ
「地​の​人」,ヘ語,アーダーム。
「偉大​な​造り主」,マソ本​で​は​複数​形​で,卓越​と​偉観​を​表わす。ただし,「神」は​単数​形。
「神」。ヘ語,エローアハ。
または,「地​の​家畜」。
「神」。ヘ語,エール。