内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 34:1‐37

34  さらにエリフ答え言った,   「聴け,知者たちよ,わたし言葉を。知っいるたちよ,わたし向けよ。   耳は,言葉試すからある+食べるとき,上あご味わうよう+   裁わたしたち自分選ぼう。善いことわたしたち知ろう。   ヨブかつてある,『わたし確か正しい+しかし*わたし裁き押しやら+   わたし対しわたしうそつくか。違犯ないに,わたしひどい治らない』と+   どんな*ヨブようあろ+[彼は]嘲笑よう飲み尽くす+   それ確かに,有害こと行なうたち交際おり,邪悪人々歩むこと[をいる+]。   彼かつて言っからある,『強健ない+*喜んも』と。 10  それゆえ,心ある人々+,わたし聴け。[まことの]*邪悪こと行なったり+不正行なったりすることなど決してない+ 11  地*行なう仕方[にしたがって][]は報い+*道筋したがって,それ臨まられるからある。 12  しかも,実際,*は,邪悪こと行なわない+裁き曲げられない+ 13  だれこのを[]にあてい,だれ産出*を,そのすべてを[に]指定か。 14  もし[]がそのだれ留め,[もし]そのご自分集められるなら+ 15  すべてなるもの共々息絶え,*返る+ 16  それゆえ,もし[あなたに]悟り[があるなら],どうかこれ聴くように。どうか,わたし言葉響き向けるように。 17  実際,公正憎む統御するだろ+また,もし強力かなっおられるなら,あなたは[そのを]邪悪するだろ+ 18  人向かって,『あなたどうようない*』と言うだろ*高貴たち向かって,『あなた邪悪だ』など+ 19  君たちえこひいき示しことなく,立場低いより高貴考慮払ったりことない[おられる+]。彼らみなそのみ手からある+ 20  たちまち,彼は,それ真夜中+死ぬ+わなないて,過ぎ去り,強力たちよら去る+ 21  []の*あり+そのすべて歩みられるからだ。 22  闇も,また深いない。有害こと行なうたちそこ隠すための[場所+]。 23  []はどんなため定めを,裁きさい*もと行くべき[時]を設けられないからある。 24  []は調査することなく強力たち砕き+彼ら代わりほか立たられる+ 25  それゆえ,[]は彼らどのようもの識別れる+そして,夜,確かに[彼らを]覆されるで,彼ら砕かれる+ 26  []は彼ら確かに,邪悪平手打ちされる。いるたち場所+ 27  それは,彼が[]に従うやめ+そのどれ考慮なかっからある+ 28  こう低い叫び声を[]のもと届かようた。ゆえに[]は苦しむたち叫び声聞かれる+ 29  []が静けさ生じさせるとき,だれようか。また,[その]み顔隠されるとき+,だれが[]を眺めよう。国民対し+,あるいはひとり*対しも,同じことある。 30  背治めないため+わな+なくなるために。 31  だれ際,向かっ言うだろか,『わたし不正ことないに,耐えまし+ 32  わたし眺めないですが,あなたわたし教え諭しください。もし不義わたし行なっでしたら,わたし致しません』と+ 33  あなた際,[裁きを]拒むからいって,[]はあなた立場から,そのため償われるだろか。わたしなく,あなた選ぶからいって。あなたよく知っいることを,語るよい。 34  心ある人々+は,わたし言うあろう ―すなわち,わたし[の言うこと]を聴いいる賢い強健は。 35  『ヨブは,知ない語り+その言葉は[彼に]洞察ないに[語られるもの]である』と。 36  我*,ヨブ極限まで試されるように。有害人々その返答こと+ 37  彼そのさらに背き加えるからある+わたしたちは[手を]たたき,[まことの]対し*その言うこと殖やす+!」

脚注

「しかしが」。ヘ語,ウェエール
「強健人」。ヘ語,ゲヴェル。
「神」。ヘ語,エローヒーム; 七十訳,「エホバ」。
「[まことの]が」。ヘ語,ラーエール; 七十訳,「エホバ」。付録1ト参照。
「地人」。ヘ語,アーダーム。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「神」。ヘ語,エール; 七十訳,「エホバ」。
「産出地」。ヘ語,テーヴェール; ラ語,オルベム,「円」,すなわち,地の。
」。ヘ語,ウェアーダーム
字義,「王向かって,『ベリアル!』」
「人は……言うだろか」。字義,「言うことあるだろか」。ヘブライこれ動詞不定詞合成で,時関し不定で,非人称。
または,「各人」。ヘ語,イーシュ。23同じ。
「神」。ヘ語,エール。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
または,「ああ」。
「[まことの]対して」。ヘ語,ラーエール。付録1ト参照。