ヨブ 34:1‐37

34  さらにエリフは続けて答えて言った,   「聴け,知者たちよ,わたしの言葉を。物を知っている人たちよ,わたしに耳を向けよ。   耳は,言葉を試すからである+物を食べるとき,上あごが味わうように+   裁きをわたしたちは自分で選ぼう。何が善いことかをわたしたちの間で知ろう。   ヨブはかつて言ったのである,『わたしは確かに正しい+しかし*わたしの裁きを押しやられた+   わたしの裁きに対してわたしはうそをつくのか。違犯がないのに,わたしのひどい傷は治らない』と+   どんな強健な人*がヨブのようであろう+[彼は]嘲笑を水のように飲み尽くす+   それに彼は確かに,有害なことを行なう者たちと交際をしており,邪悪の人々と共に歩むこと[をしている+]。   彼はかつて言ったからである,『強健な人は得をしない+*を喜んではいても』と。 10  それゆえ,心ある人々よ+,わたしに聴け。[まことの]*邪悪なことを行なったり+全能者が不正を行なったりすることなど決してない+ 11  地の人*の行なう仕方[にしたがって][]は人に報い+*の道筋にしたがって,それを人に臨ませられるからである。 12  しかも,実際,*は,邪悪なことを行なわれない+全能者は裁きを曲げられない+ 13  だれがこの地を[]にあてがい,だれが産出的な地*を,そのすべてを[に]指定したのか。 14  もし[]がその心をだれかに留め,[もし]その人の霊と息をご自分に集められるなら+ 15  すべての肉なるものは共々に息絶え,地の人*も塵に返る+ 16  それゆえ,もし[あなたに]悟り[があるなら],どうかこれを聴くように。どうか,わたしの言葉の響きに耳を向けるように。 17  実際,公正を憎む者が統御するだろうか+また,もし強力な方が義にかなっておられるなら,あなたは[その方を]邪悪な者とするだろうか+ 18  人は王に向かって,『あなたはどうしようもない*』と言うだろうか*高貴な者たちに向かって,『あなたは邪悪だ』などと+ 19  君たちにえこひいきを示したことがなく,立場の低い者よりも高貴な者に考慮を払ったりしたことのない[がおられる+]。彼らはみなそのみ手の業だからである+ 20  たちまち,彼らは,それも真夜中+に死ぬ+民はわなないて,過ぎ去り,強力な者たちも手によらずに去る+ 21  []の目は人*の道の上にあり+そのすべての歩みを見られるからだ。 22  闇も,また深い陰もない。有害なことを行なう者たちがそこに身を隠すための[場所も+]。 23  []はどんな人のためにも定めの時を,裁きのさいに*のもとに行くべき[時]を設けられないからである。 24  []は調査をすることもなく強力な者たちを砕き+彼らの代わりにほかの者を立たせられる+ 25  それゆえ,[]は彼らの業がどのようなものかを識別される+そして,夜,確かに[彼らを]覆されるので,彼らは砕かれる+ 26  []は彼らを確かに,邪悪な者として平手打ちにされる。見ている者たちの場所で+ 27  それは,彼らが[]に従うのをやめ+その道をどれも考慮しなかったからである+ 28  こうして立場の低い者の叫び声を[]のもとに届かせようとした。ゆえに[]は苦しむ者たちの叫び声を聞かれる+ 29  []が静けさを生じさせるとき,だれが非とし得ようか。また,[その]み顔を隠されるとき+,だれが[]を眺め得よう。一国民に対しても+,あるいはひとりの人*に対しても,同じことである。 30  背教した人が治めないため+民のわな+がなくなるために。 31  だれかが実際,に向かって言うだろうか,『わたしは不正なことをしないのに,耐えました+ 32  わたしは何も眺めないのですが,あなたがわたしを教え諭してください。もし不義をわたしが行なったのでしたら,わたしは二度と致しません』と+ 33  あなたが実際,[裁きを]拒むからといって,[]はあなたの立場から,そのために償われるだろうか。わたしではなく,あなたが選ぶからといって。あなたのよく知っていることを,語るがよい。 34  心ある人々+は,わたしに言うであろう ―すなわち,わたし[の言うこと]を聴いている賢い強健な人は。 35  『ヨブは,知識がないのに語り+その言葉は[彼に]洞察力がないのに[語られるもの]である』と。 36  我が父よ*,ヨブが極限まで試されるように。有害な人々の中でのその返答のことで+ 37  彼はその罪にさらに背きの罪を加えるからである+わたしたちの間で彼は[手を]たたき,[まことの]に対して*その言うことを殖やす+!」

脚注

「しかしが」。ヘ語,ウェエール
「強健な人」。ヘ語,ゲヴェル。
「神」。ヘ語,エローヒーム; 七十訳,「エホバ」。
「[まことの]が」。ヘ語,ラーエール; 七十訳,「エホバ」。付録1ト参照。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「神」。ヘ語,エール; 七十訳,「エホバ」。
「産出的な地」。ヘ語,テーヴェール; ラ語,オルベム,「円」,すなわち,地の。
地の人」。ヘ語,ウェアーダーム
字義,「王に向かって,『ベリアル!』」
「人は……言うだろうか」。字義,「言うことがあるだろうか」。ヘブライ語ではこれは動詞の不定詞合成形で,時に関しては不定で,非人称。
または,「各人」。ヘ語,イーシュ。23節と同じ。
「神」。ヘ語,エール。
または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
または,「ああ」。
「[まことの]に対して」。ヘ語,ラーエール。付録1ト参照。