ヨブ 33:1‐33

33  「しかし,今,ヨブよ,どうか,わたしの言葉*を聞くように。わたしの語るすべてのこと*に,どうか耳を向けるように。   どうか,見るように。わたしは必ず口を開く。わたしの舌は上あご+と共に必ず語る。   わたしの言うことはわたしの心の廉直さであり+知識こそ実際,わたしの唇が誠実に述べるものである+   の霊*がわたしを造り+次いで全能者の息がわたしを生かした+   もしあなたにできるなら,わたしに返答をするように。わたしの前に[言葉を]並べ立て,どうか立つように。   見よ,わたしは[まことの]にとってあなたと同然だ+粘土でわたしは形造られた+。わたしもまた。   見よ,わたしの怖ろしさはあなたをおびえさせず,わたしの圧力+はあなたには重くなることはない。   ただし,あなたはわたしの耳に言い,[あなたの]言葉の響きをわたしは聞いていた,   『わたしは純粋で違犯がなく+わたしは清く,わたしにはとががない+ 10  見よ,わたしを攻めるきっかけを[]は見つけ,わたしをご自分の敵とみなされる+ 11  []はわたしの足を足かせ台にはめ+わたしのすべての道筋を見守られる』と+ 12  見よ,このことであなたは正しくなかったと+,わたしはあなたに答える。*は死すべき人間よりも偉大だからである+ 13  どうして,[]に向かって,あなたは争ったのか+あなたのすべての言葉に[]が答えてくださらないからといって+ 14  *は一度語られ,二度[語られる+] ― 人はそれを気に留めないが ― 15  夢+,夜の幻+の中で,深い眠りが人々を襲うとき,床の上でまどろむときに+ 16  そのとき,[]は人々の耳を開き+彼らのための勧告にその印を押される。 17  それは人*をその行ないから離れさせるため+[]が強健な人から*誇りを覆い隠す+ためである。 18  []は人の魂を坑に行くのを食い止め+その命が飛び道具によって消え去るのを*[食い止められる+]。 19  そして人は実際,その床の上で痛みに戒められ,その骨の言い争いは絶え間ない。 20  そして彼の命は確かにパンを忌み嫌うべきものにし+その魂も好ましい食物を[忌み嫌うべきものにする]。 21  その肉は衰え果てて見えなくなり,見えなかったその骨は確かにむき出しになる。 22  そしてその魂は坑に近づき+その命は死を課する者たちに*[近づく]。 23  もし彼のためにひとりの使者*千のうちの一人,代弁者*があり,人にその廉直なことを告げるならば* 24  そのとき,[]はその人を恵んで言われる,『坑に下るのを彼に免れさせよ+わたしは贖い*を見いだした+ 25  彼の肉は若いころよりもみずみずしくなり+その若い時の精力の日に返るように+』。 26  彼は*に嘆願をする。[]が自分のことを喜んでくださるようにと+彼は喜びの叫びをもってみ顔を見る。[]は死すべき人間に*ご自分の義を回復してくださる。 27  彼は人々に向かって歌って言う,『わたしは罪をおかした+。廉直なことをわたしは曲げた。それは確かにわたしにとってふさわしいことではなかった。 28  []はわたしの*魂を請け戻して,坑の中へ入らせられなかった+わたしの命は,光を見るであろう』と。 29  見よ,これらすべてのことを*は行なわれる。強健な人の場合,二度,三度。 30  その魂を坑から引き戻し+彼が生ける者の光で照らされるためである*+ 31  注意を払え,ヨブよ! わたしに聴け!沈黙せよ。そうすれば,わたしが語り続けるであろう。 32  もし,[言うべき]言葉があるならば,わたしに返答をせよ。語れ。わたしはあなたの義を喜んだからだ。 33  もしないならば,あなたは,わたしに聴け+沈黙せよ。そうすれば,わたしはあなたに知恵を教えるであろう」。

脚注

「わたしの言葉」。ヘ語,ミッラーイ。
「わたしの語る……こと」。字義,「わたしの……言葉」。ヘ語,デヴァーライ。
の霊」。ヘ語,ルーアハ・エール
「神」。ヘ語,エローアハ。
「神」。ヘ語,エール。
または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
強健な人から」。ヘ語,ミッゲヴェル
「飛び道具によって消え去るのを」。BHKはこの句に訂正を加えることを提案し,「シェオルへ過ぎ去ってゆくのを」と読ませ,こうしてこの節の最初の箇所の「坑」と対句になるようにしている。
「死を課する者たちに」。マソ本を訂正することにより,「死んだ者たちに」; または,「死んだ者たちの場所に」。
または,「ひとりのみ使い」。ラ語,アンゲルス。
または,「通訳」。
「その廉直なことを告げるならば」,マソ本; 七十訳,「その人のとがめを告げるならば。彼はその理解力の欠如を示すであろう」。
または,「覆うもの」。ヘ語,コーフェル。
「神」。ヘ語,エローアハ; 七十訳,「エホバ」。
死すべき人間に」。ヘ語,レエノーシュ
「わたしの」,マソ本,七十訳,シリ訳; マソ本欄外,タル,ウル訳,「彼の」。
「神」。ヘ語,エール。
マソ本による; シリ訳,「光を見るために」。