内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ヨブ 3:1‐26

3  ヨブ​が​口​を​開い​て​自分​の​日​に​災い​を​呼び求め​た​の​は+,その​後​の​こと​で​あっ​た。  さて​ヨブ​は​答え​て​言っ​た,   「わたし​の​生ま​れ​た​日​は​滅びうせる​よう​に+また,『強健​な​者​*が​宿さ​れ​た!』と,だれ​か​の​言っ​た​その​夜​も。   その​日​は,闇​と​なる​よう​に。神​*も​上​から​それ​を​顧み​られ​ない​よう​に。また,昼​の​光​も​その​上​を​照らさ​ない​よう​に。   闇​と​深い​陰​*が​これ​を​取り戻す​よう​に。雨雲​が​その​上​に​とどまる​よう​に。日​を​暗く​する​もの​が​これ​を​怖れ​させる​よう​に+   その​夜​は ― 暗闇​が​これ​を​捕らえる​よう​に+それ​は​年​の​日​の​中​で​喜ぶ​こと​が​ない​よう​に。太陰月​の​数​の​うち​に​も​入ら​ない​よう​に。   見よ,その​夜​は ― 不妊​と​なる​よう​に。喜び​の​叫び声​は​その​中​に​起こら​ない​よう​に+   日​を​のろう​者​*が​これ​を​のろい憎み,レビヤタン​*+を​目覚め​させ​得る​者​が[これ​を​のろい憎む]よう​に。   その​たそがれ​の​星​は​暗く​なる​よう​に。それ​が​光​を​待っ​て​も,[光​は]ない​よう​に。また,暁​の​ひらめき​も​見る​こと​が​ない​よう​に。 10  それ​は​わたし​の[母​の]腹​の​戸​を​閉じ​ず+また​わたし​の​目​から​悩み​を​隠さ[なかっ​た]から​だ。 11  なぜ​わたし​は​胎​から​出​て​死な​なかっ​た​の​か+[なぜ]わたし​は​腹​から​出​て​来​た​とき,息絶え[なかっ​た​の​か]。 12  どうして,ひざ​が​わたし​と​向かい合っ​た​の​か。また,どうして​わたし​の​吸う​乳房+[が​あっ​た​の​か]。 13  今ごろ​は,わたし​は​横たわっ​て,乱さ​れ​ない​で​い​た​で​あろ​う​に+そうすれば,わたし​は​眠っ​て​い​た​で​あろ​う​に。わたし​は​休み+ 14  地​の​王​たち​や​顧問​官​たち+自分​たち​の​ため​に​荒れ果て​た​所​を​*築い​た​者​たち​と​共​に+ 15  あるいは,黄金​を​持つ​君​たち,自分​の​家​を​銀​で​満たし​た​者​たち​と​共​に[なっ​た​で​あろ​う​に]。 16  あるいは,隠さ​れ​た​流産​+の​よう​に,わたし​は​い​ない​で​あろ​う​に。光​を​見​なかっ​た​子供​たち​の​よう​に+ 17  かしこ​で​は,邪悪​な​者​も​動揺​を​やめ+かしこ​で​は,力​の​点​で​疲れ果て​た​者​たち​が​休ん​で​いる+ 18  共々​に,捕らわれ​人​も​くつろい​で​いる。彼ら​は​実際,自分​たち​を​仕事​に​追いやる​者​の​声​も​聞か​ない+ 19  小​なる​者​も​大​なる​者​も​かしこ​で​は​同じ​で+奴隷​は​その​主人​から​*自由​に​され​て​いる。 20  なぜ,悩み​を​持つ​者​に​光​を​賜わり,魂​の​苦しむ​者​に​命​を[賜わる​の​か+]。 21  なぜ,死​を​待つ​者​たち​が​いる​の​に,それ​は​ない​の​か+彼ら​は​隠さ​れ​た​宝​に​も​勝っ​て​これ​を​掘り求め​て​いる​と​いう​の​に。 22  大​はしゃぎ​を​し​て​*歓ん​で​いる​者​たち,彼ら​は​埋葬​所​を​見いだす​の​で​歓喜​する。 23  その​道​が​隠さ​れ​た+,強健​な​者​に*神​*が​垣​で​閉じ込める​者​に+,[なぜ​光​を​賜わる​の​か]。 24  わたし​の​食物​に​先立っ​て​わたし​の​溜め息​が​来​て+水​の​よう​に​わたし​の​うなり声​は​注ぎ出る​から​だ+ 25  怖ろしい​もの​を​わたし​は​怖れ​た​が,それ​が​わたし​に​臨み,わたし​の​おびえ​た​もの​が​わたし​に​及ぶ​から​だ+ 26  わたし​は​安らい​で​おら​ず,また​穏やか​で​も​ない。また,休ん​で​も​い​ない​の​に,それでも​動揺​が​来る」。

脚注

「強健​な​者」。ヘ語,ガーヴェル。
「神」。ヘ語,エローアハ。エローヒーム​の​単数​形。エローアハ​は​ヨブ​記​に​41​回,そして​マソ本​の​他​の​書​に​16​回​出​て​来る。申 32:15,「神」の​脚注​参照。
「深い​陰」。字義,「死​の​陰」。
「を​のろう​者」。ヘ語,オーレレー; 1:5,11; 2:5,9と​同じ​で​は​ない。
「レビヤタン」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「大きな​海​の​巨獣」。
「自分​たち​の​ため​に​ピラミッド​を」,訂正​に​より。
「その​主人​から」。ヘ語,メーアドーナーウ。アードーン​の​複数​形​で,卓越​を​表わす。
「石​の​山​で」,同じ​節​の「埋葬​所」に​対応​さ​せ​て​マソ本​を​わずか​に​訂正​する​こと​に​より。
強健​な​者​に」。ヘ語,レゲヴェル3​節の​脚注​参照。
4​節の​脚注​参照。