内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 28:1‐28

28  「まことに,銀これ見いだすあり,人々精錬する場所[がある+]。   鉄から取ら+石[から]溶かし出される。   人終わり設けた。そして,あらゆる限界まで探り出しゆく+暗闇深いを。   人は[人々が]外国とどまっいるから遠く離れ立て坑掘り下げ+から遠く忘れられ所[で]。死すべき人間あるたち*ぶら下がり,ぶらぶらた。   地ついいえば,そこから食物生ずる+しかしそのは,それよるようひっくり返さいる。   そのサファイア場所+それある。   ひとつり道 ― 猛きん+これ知らず,くろとび+これ見かけことない。   堂たる野獣*これ踏み固めことない。若いライオンその進んことない。   人燧石その突き出した。山々を[その]根元から覆した。 10  彼満ち坑道切り開き+すべて貴重ものそのた。 11  川ちょろちょろ流れ出るせき止め+そして,隠さいるもの持ち出す。 12  しかし恵 ― それどこ見いださよう+では,悟りある場所どこか。 13  死べき人間その評価*知っない+それ生ける見いださない。 14  水深み*言った,『それわたしない!』言った,『それわたしもとない+!』 15  純これ引き替え与えることでき+その代価量り分けることできない。 16  それオフィルもっ*支払うことできない+まれしまめのうサファイアもっも。 17  金*ガラスこれ比べることできず,また精錬どんなその引き替えならない。 18  さんご+取り上げ言われることない。しかし一杯知恵は[袋一杯の]真珠より値打ちある+ 19  クシュ*トパーズ+これべることできない。それ純粋もっ支払うことできない。 20  しかし恵 ― それどこから来る+では,悟りある場所どこか。 21  それすべてけるものから隠さ+飛ぶ生き物から隠さいる。 22  滅*言った,『わたしたち自分たちそのうわさ聞いた』と。 23  *こそその理解おられるあり+[]は,その場所知っおられる。 24  []は,地果てまで+全天*ご覧なられるからだ。 25  それため*重さ設けるためある+[]がはかり釣り合わられとき+ 26  雨ため規定設け+雷雨ため道[を設けられた]とき, 27  そのとき,[]は[知恵を]*て,それつい語りださた。[]はそれ整え,またそれくまなく探らた。 28  次で[]は*言わた,『見よ,エホバ*恐れ ― これこそ知恵あり+から離れること悟りある+』」。

脚注

死すべき人間あるたち」。ヘ語,メーエノーシュ
「堂々たる野獣」。字義,「誇り(威厳)のら」。
「評価」。マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「道」。
「水深み」。または,「逆巻く水」。ヘ語,テホーム,創 1:2同じ; ギ語,アビュッソス; ラ語,アビュッスス。
もっも」。ヘ語,ベケテム,エジプトから借用語。
「金」。ヘ語,ザーハーヴ。
「クシュ」,マソ本(ヘ語,クーシュ),シリ訳; 七十訳,ウル訳,「エチオピア」。
「滅び」。ヘ語,アヴァッドーン。26:6脚注参照。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
「全天で」,マソ本,シリ訳; 七十訳,ウル訳,「天あらゆるものを」。
ために」。ヘ語,ラールーアハ; ギ語,アネモーン(複); ラ語,ウェンティース(複)。
字義,「それを」,女性形。知恵指す。
または,「に」。ヘ語,ラーアーダーム
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。