内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 27:1-23

27  次いでヨブはまた,格言的なことば+を挙げて,言った,   「わたしの裁きを奪い去った+*は生きておられ+ わたしの魂を苦しめた全能者[は生きておられる+]。   わたしの息がなおそのままわたしの内にあり, *の霊がわたしの鼻にある限り+   わたしの唇は不義を語らず, わたしのこの舌は欺まんを並べない!   あなた方を義と宣するなど,わたしには考えられないことだ+ わたしは息絶えるまで,自分の忠誠を自分から奪い去らない+   自分の正当さをわたしは堅く捕らえた。わたしはこれを手放さない+ わたしの心はわたしのどの日のことでも[自分を]嘲弄しはしない+   わたしの敵はあらゆる点で邪悪な者となり+ わたしに反抗する者は本当に悪行者[となる]ように。   背教者の望みは何であろうか。[]が[その人]を断たれる場合+ *がその人から魂を奪い去られる場合は+   *はその人の叫び声を聞かれるであろうか。 苦難が彼に臨む場合に+ 10  あるいは,全能者を彼は無上の喜びとするであろうか。 いつもに呼びかけるであろうか。 11  わたしはのみ手によってあなた方を教え諭そう。 全能者のもとにあるものをわたしは隠すことをしない+ 12  見よ,あなた方は,皆,幻を見た。 それでは,どうしてあなた方は自分たちが全くむなしいことを示すのか+ 13  これが邪悪な者*からの分け前である+ 圧制者の相続物を彼らは全能者から受ける。 14  たとえその子らが多くなっても,それは剣のためのものである+ その子孫には,十分の食物*がない。 15  その生存者は致命的な災厄*の際に葬られ, 彼らのやもめは泣くこともない+ 16  たとえ彼は銀を塵のように積み上げ, さながら粘土のように衣装を備えるとしても, 17  彼は備えはするが,義人が[それを]身に着けるところとなり+ その銀には,罪のない人があずかるところとなる。 18  彼はただの蛾のような家を建てた。 見張りの者が造った仮小屋+のような[家を]。 19  富んだ[者として]彼は横たわるが,何も集められはしない* その目を彼は開いたが,何もないであろう+ 20  大水のように*突然の怖ろしいことが彼に追いつき+ 夜には暴風が必ず彼を盗み取る。 21  東風は彼を運び去り+,彼は去って行き, それはうずを巻いて彼をその場所から持って行く+ 22  そしてそれは彼に飛び掛かり,情けをかけることはない+ その力から彼は必ず逃れ去ろうとする+ 23  人は彼に向かって手をたたき+ 彼に向かってその場所から口笛を吹く*+

脚注

「神」。ヘ語,エール。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「神」。ヘ語,エール。
「者」。または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
または,「十分パン」。
「致命災厄」。字義,「死」。
「何集められない」。または,「彼集められない」,マソ本; 七十訳,シリ訳,「彼加えない」。
「大水ように」。または,「昼に」,訂正より。
または,「その場所[を過ぎる者]はそれ向かっ口笛吹く」。