アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨブ 24:1-25

24  「何ゆえ,時が全能者によって蓄えて置かれず+ []を知っている者たちがその日を見ていないのか+   境界標を移し換える者たちがいる+ 群れを彼らは奪い取った。彼らが[これを]飼うためである*   彼らは父なし子の雄のろばをも追い払い, やもめの雄牛を質物として取る+   彼らは貧しい者を道から押しのける+ それと共に,地の苦しむ人々は身を隠していた。   見よ,荒野のしまうま+[のように] 彼らはその働きに出て行って,食べ物を捜し求める。 砂漠平原は子らのためのパンを各々に[与える]。   畑でその飼い葉を彼らは刈り入れ, 邪悪な者のぶどう園を急いで奪い取る。   裸で,彼らは衣もなく夜を過ごし+ 寒さの中で覆うものもない+   山の雨あらしで彼らはずぶぬれになり, 避け所がないために+,やむなく岩を抱く。   彼らは父なし子を乳房からさえもぎ取り+ 苦しむ者の身にあるものを質に取る+ 10  裸で,彼らは衣もなく行き巡り, 飢えながら,刈り取った穂を運ばなければならない+ 11  露台の壁の間で彼らは昼間を過ごす* ぶどう搾り場を彼らは踏まなければならないが,それでもいつも渇いている+ 12  市内からは死にかけている者がうめいており, 致命傷を受けた者たちの魂は助けを叫び求める+ けれども*,[これを]不当なこととして考慮されない+ 13  彼らは,光に背く者のうちにいた+ 彼らはその道を認めず, その通り道にとどまらなかった。 14  夜明けに,殺人をする者は起き上がり, 苦しむ者や貧しい者を打ち殺し+ 夜には,紛れもない盗人になる*+ 15  姦淫をする者の目は+,夕闇を待ち構えて+ 『だれの目もわたしを眺めることはない!』と言った+ そして,その顔に覆うものを当てる。 16  闇の中で彼は家々をうがった。 昼は彼らは閉じこもらなければならない。 彼らは日の光を知らなかった+ 17  彼らにとっては朝は深い陰+と同様であり, 彼らは深い陰の突然の恐怖がどんなものかを知っているからだ。 18  彼は水の表を速く去る。 彼らの一続きの土地は地の中でのろわれる+ 彼はぶどう園の道の方に向かわない。 19  干ばつ,それに暑さは,雪水を奪い取る。 そのようにシェオルも罪をおかした者を[奪い取る+]! 20  胎は彼を忘れ,うじは喜んで彼を吸い+ 彼はもはや思い出されることがない+ そして不義は樹木のように折られる+ 21  彼は子を産まないうまずめと交渉を持っており, またやもめ+とも。彼はこれによくしてやらない。 22  そして[]はその力によって確かに強い人々を引いて行かれる。 その人は立ち上がるが,その命*は確かではない。 23  []はその人に自信を持つことを許されるので+,その人は頼る。 []の目は彼らの道の上にある+ 24  彼らはしばらくのあいだ高くされたが,もはやおらず+ 彼らは低くされた+。ほかのすべての者と同じように彼らは引き抜かれ, 穀物の穂先のように断たれる。 25  それで本当に今,だれがわたしをうそつきとし, またわたしの言葉を無に帰させるだろうか」。

脚注

「奪い取った。その羊飼いと一緒に」,七十訳。
または,「彼らは油を搾り出す」。
「けれどもは」。ヘ語,ウェエローアハ
または,「夜には,強盗として出かける」。
「その(彼の)命」,七十訳,ウル訳,および三つのヘブライ語写本; マソ本,「命」。