アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨブ 21:1-34

21  そこでヨブは答えて言った,   「あなた方は,わたしの言葉をよく聴け。 これがあなた方の慰めとなるように。   わたしのことを忍んでくれ。そうすれば,わたしは,話そう。 わたしが話した後に,あなたは[各々]あざ笑うがよい+   わたしについていえば,わたしの気遣いは人に対して[表わされて]いるのだろうか。 あるいは,どうして,わたしの霊は耐え難くならないのだろうか。   あなた方の顔をわたしに向け,驚いて見つめよ。 [あなた方の]口に手を当てよ+   そして,わたしは思い起こすと,やはりかき乱され, 身震いがわたしの肉を捕まえた。   どうして,邪悪な人々が生き続け+ 年老いて,しかも富においても勝っているのか+   彼らの末は彼らと共にあって,その見るところでは堅く立てられ, 彼らの子孫はその目の前に[堅く立てられている]。   その家は平和そのもので,怖れがなく+ *の杖は彼らの上に臨まない。 10  実際,彼の雄牛ははらませて,種を無駄にしない。 その雌牛は生んで+,流産を起こすことはない。 11  彼らは自分の幼い者たちを羊の群れのようにしきりに送り出し, 彼らの男の子たちは跳ね回る。 12  彼らはタンバリンとたて琴に合わせて[声]を上げ続け+ 笛の音を聞いて歓んでいる。 13  彼らはその日々を幸せのうちに過ごし+ たちまちシェオルに下る。 14  そして彼らは[まことの]に向かって言う,『我々から離れてください+ それにあなたの道についての知識を我々は喜んでいません+ 15  全能者は何者だというので,我々はこれに仕えなければならない*のか+ 我々が彼と接したところで,我々にとってどのように益となるのか』と+ 16  見よ,彼らの安寧はその力*のうちにはない+ 邪悪な者たちの計り事は,わたしから遠く離れている+ 17  邪悪な者たちのともしびは幾度消し去られ+ その災難は[幾度]彼らに臨むことか。 []は怒って[幾度]滅びを分け与えることか+ 18  彼らは風*の前のわらのように+ 暴風が盗み取ったもみがらのようになるだろうか。 19  *は,人の有害なことをその人の子らのために蓄えて置かれる+ []は人に報いて,その人が[これを]知るようにさせる+ 20  彼の目は自分の衰微を見, 全能者の激怒を彼は飲む+ 21  自分の後の家のことで何がその喜びだというのか。 その月の数が実際,二分されるのに+ 22  彼は*知識を教えるというのか+ そのが高き者たちを裁かれるのに+ 23  この人は,全く自足しているときに死ぬ+ 全く安らいで,安らかなときに。 24  彼のその股は脂で満ち, その骨の髄が潤っている[ときに]。 25  そして,この別の人は苦しい魂と共に死ぬ。 良いものを食べたことがないのに+ 26  彼らは共々に塵の中に横たわり+ うじが彼らの覆いとなる+ 27  見よ,わたしはあなた方の考えをよく知っている。 あなた方がわたしに対して暴虐を行なおうとするその企てを+ 28  それはあなた方が,『高貴な者の家はどこにあるのか。 天幕,邪悪な者たちの幕屋はどこにあるのか』と言うからだ+ 29  あなた方は道を行く人々に尋ねなかったのか。 彼らのしるしを注意深く調べないのか。 30  すなわち,災難の日に邪悪な者は容赦され+ 憤怒の日にも救い出される*ことを。 31  だれが面と向かって彼にその道について告げるであろう+ 彼が行なったことに対して,だれが彼に報いるであろう+ 32  彼は,墓地へ運ばれ+ *の上で寝ずの番がなされる。 33  彼には奔流の谷の地の土くれも確かに甘く+ 自分の後に彼はすべての人を*引いてゆく+ 彼の前の者たちは数え切れない。 34  それで,あなた方は何とむなしくわたしを慰めようとすることか+ あなた方の返答が確かに不誠実のままなのに」。

脚注

「神」。ヘ語,エローアハ。3:4の脚注参照。
または,「我々はこれを崇拝し(これに神聖な奉仕を行なわ)なければならない」。ヘ語,ナアヴデンヌー。
「力」。字義,「手」。
「風」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,アネムー; ラ語,ウェンティー。
「神」。ヘ語,エローアハ。
に」。ヘ語,ハルエール22:2,「神の」の脚注参照。
「救い出される」,訂正による。マソ本,「運ばれる」,21章32節と同様。
または,「束の山」。
または,「地の人をみな」。ヘ語,コル・アーダーム