内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 2:1‐13

2  その,[まことの]*入っエホバ立つなり,サタン*また彼らただ中入っエホバ立っ+  そこでエホバサタンた,「一体,あなたどこからか」。すると,サタンエホバ答え言った,「地行き巡り,そこ歩き回っまし+」。  するとエホバさらにサタンた,「あなたわたしヨブ留め+。地上よう者,とがめなく,廉直+恐れ+,悪から離れいる+ひとりないだが。そのなおも自分忠誠堅く保っいる+。あなたわたし駆り立て+向かわせ,理由なく呑み尽くさようするだが+」。  しかしサタン+エホバ言った,「皮ためもっますで,人自分*ためなら,持っいるすべてもの与えます+  逆に,どうか,あなた出して,彼まで触れて,果たしてが,それあなた向かっあなたのろわない*どうか[をください+]」。  それゆえ,エホバサタンた,「さあ,彼あなた手中ある! ただし*用心せよ!」  そこでサタンエホバみ前*から行き+,ヨブからてっぺんまで悪性はれ物+打った。  それ自分ため土器かけら取り,それかいた。そして座っ+  ついに,その言った,「あなたなおも自分忠誠堅く保っいるです+のろっ*なさい!」 10  しかし,彼彼女言った,「無分別+話すように,あなた話す。わたしたちは[まことの]から良いことだけ受けて,悪いこと受けないだろ+」。このすべてことおいヨブそのもっおかさなかっ+ 11  ときに,ヨブ臨んこのすべて災いつい聞き,それぞれ自分からやった。すなわち,テマン+エリパズ,シュアハ+ビルダド,ナアマ+ツォファルある。それで,彼ら申し合わせ+一緒会い,やって,彼同情し,これ慰めよう+ 12  彼遠くから上げが,彼いうこと分からなかった。そこで彼ら上げ泣き,それぞれ自分そでなし上着引き裂き+,塵向かっ自分ほうり上げ+ 13  こうて,彼夜,彼座っ+,一言話しかけるなかった。その苦痛+大変ひどいからある。

脚注

「子ら」。七十訳,「み使いたち」。
1:6,「サタン」の脚注参照。
「自分)」。ヘ語,ナフショー; ギ語,プシュケース; ラ語,アニマー。付録4イ参照。
1:5脚注参照。
4脚注参照。
1:12脚注参照。
1:5脚注参照。