内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 2:1‐13

2  その後,[まことの]の子ら*が入って来てエホバの前に立つ日となり,サタン*もまた彼らのただ中に入ってエホバの前に立った+  そこでエホバはサタンに言った,「一体,あなたはどこから来たのか」。すると,サタンはエホバに答えて言った,「地を行き巡り,そこを歩き回ってきました+」。  するとエホバはさらにサタンに言われた,「あなたはわたしの僕ヨブに心を留めたか+。地上には彼のような者,とがめがなく,廉直で+を恐れ+,悪から離れている+人はひとりもいないのだが。その上なおも彼は自分の忠誠を堅く保っている+。あなたはわたしを駆り立てて+彼に向かわせ,理由もなく彼を呑み尽くさせようとするのだが+」。  しかしサタン+はエホバに答えて言った,「皮のためには皮をもってしますので,人は自分の魂*のためなら,持っているすべてのものを与えます+  逆に,どうか,あなたの手を出して,彼の骨と肉にまで触れて,果たして彼が,それもあなたの顔に向かってあなたをのろわない*かどうか[を見てください+]」。  それゆえ,エホバはサタンに言われた,「さあ,彼はあなたの手中にある! ただし彼の魂*には用心せよ!」  そこでサタンはエホバのみ前*から出て行き+,ヨブの足の裏から頭のてっぺんまで悪性のはれ物+で彼を打った。  それで彼は自分のために土器のかけらを取り,それで身をかいた。そして彼は灰の中に座っていた+  ついに,その妻は彼に言った,「あなたはなおも自分の忠誠を堅く保っているのですか+をのろって*死になさい!」 10  しかし,彼は彼女に言った,「無分別な+女の一人が話すように,あなたも話す。わたしたちは[まことの]から良いことだけを受けて,悪いことは受けないのだろうか+」。このすべてのことにおいてヨブはその唇をもって罪をおかさなかった+ 11  ときに,ヨブの三人の友は彼に臨んだこのすべての災いについて聞き,それぞれ自分の所からやって来た。すなわち,テマン人+エリパズ,シュアハ人+ビルダド,ナアマ人+ツォファルである。それで,彼らは申し合わせて+一緒に会い,やって来て,彼に同情し,これを慰めようとした+ 12  彼らは遠くから目を上げたが,彼だということが分からなかった。そこで彼らは声を上げて泣き,それぞれ自分のそでなしの上着を引き裂き+,塵を天に向かって自分の頭の上にほうり上げた+ 13  こうして,彼らは七日七夜,彼と共に地に座っていたが+,一言も彼に話しかける者がなかった。その苦痛+が大変ひどいのを見たからである。

脚注

「子ら」。七十訳,「み使いたち」。
1:6,「サタン」の脚注参照。
「自分)」。ヘ語,ナフショー; ギ語,プシュケース; ラ語,アニマー。付録4イ参照。
1:5脚注参照。
4脚注参照。
1:12脚注参照。
1:5脚注参照。