ヨブ 19:1‐29

19  そこでヨブは答えて言った,   「いつまで,あなた方はわたしの魂をいら立たせ+しきりに言葉でわたしを打ち砕くのか+   これで十度もあなた方はわたしを叱り,あなた方はわたしをひどく扱っても恥じない+   それに,たとえわたしが間違いをしたとしても+わたしの間違いは,わたしと共にとどまる。*   もし,本当にわたしに向かってあなた方が大いに高ぶり+わたしに向かってわたしの恥辱がもっともなことを示すのなら+   では,知れ。*が,わたしを惑わし,その狩猟の網でわたしを取り囲まれたことを+   見よ,わたしが,『暴虐だ!』と叫び続けても,答えを得ず+わたしは助けを叫び求めるが,公正はない+   わたしの道筋をも[]は石の壁でふさがれたので+,わたしは通り過ぎることができない。わたしの行く道には闇を置かれる+   わたしの栄誉を[]はわたしからはぎ取られた+そして,わたしの頭の冠を奪い去られる。 10  []は四方からわたしを取り壊されるので,わたしは去って行く。そして,わたしの望みを樹木のように抜き去られる。 11  その怒りもわたしに向かって燃え+[]はわたしをご自分の敵対者とみなしておられる。 12  その部隊は一つとなって来て,わたしに向かって彼らの道を盛り上げ+わたしの天幕の周りに陣営を敷く。 13  わたしのこの兄弟たちを[]はわたしから遠ざけられた+わたしを知っている者もわたしから全く離れ去った。 14  わたしの親しい知り合い*は絶え+わたしに知られている者たちは,わたしを忘れた。 15  わたしの家に異国の人としてとどまっている者たちも+。わたしの奴隷女たちも,わたしをよその者とみなす。わたしは彼らの目に全くの異国の者となった。 16  自分の僕にわたしは呼びかけたが,彼は答えない。わたしのこの口で彼に同情を請い続ける。 17  わたしの息*は,わたしの妻にとって忌み嫌うべきものとなり+わたしはわたしの[母の]腹の子らにとって鼻持ちならないものとなった。 18  また,幼い者たちも,わたしを退けた+せめてわたしを起き上がらせよ。そうすれば,彼らはわたしに逆らって話しだす。 19  わたしの親しい仲間の者は皆,わたしを忌まわしく思う+わたしの愛した者たちはわたしに背いた+ 20  わたしの骨は実際,わたしの皮と肉とにくっつき+わたしはわたしの歯の皮で逃れる* 21  わたしの友らよ,わたしに少し恵みを示せ+。わたしに少し恵みを示せ。*のそのみ手がわたしに触れたからだ+ 22  なぜあなた方は*のようにわたしをしきりに迫害し+わたしのこの肉で満足しないのか。 23  ああ,今,わたしの言葉が書き留められたならよいのに!ああ,書き物に記されたならよいのに! 24  鉄の尖筆+と鉛[と]をもって,永久に岩に刻み付けられたならよいのに! 25  しかしわたしは,よく知っている。わたしを請け戻す方*+は生きておられ,[わたしの]後に来て,塵の上に立ち上がられる+ことを。 26  そして,わたしの皮,[それを]彼らがはぎ取った後 ― これが!その上,肉においては衰弱しても*,わたしは*を見, 27  この方をこのわたしは自分で見+[この方を]わたしのこの目が確かに見る。だれかよその者ではない。わたしの腎はわたしの身の奥で衰えた。 28  それはあなた方が,『どうして我々は彼を迫害しているのか+』と言うからだ。それも問題の根がわたしの内に見いだされる*ときに。 29  剣のゆえに自ら怖れよ+剣はとがに対する激怒を意味するからであり,それはあなた方が裁き人のいること*を知るためである+」。

脚注

七十訳はこう付け加えている,「必要でなかった事柄を言うことによって。(わたしの間違いは,わたしと共にとどまる。)また,わたしの言うこと(発言)は間違って(誤って)おり,時宜を得て(時宜にかなって)いない」。
「神」。ヘ語,エローアハ。エローヒームの単数形。
または,「わたしの[親せき]関係」。
「わたしの)」。ヘ語,ルーヒー; ラ語,ハーリトゥム
「わたしはわたしの歯の皮で逃れる」。別の動詞の派生形,およびマソ本を幾らか訂正することにより,「わたしの肉はわたしの歯の中で毛がなくなる」。13:14と比較。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「神」。ヘ語,エール。
「わたしを請け戻す方買い戻す方)」。考えを拡張すると,「わたしのために復しゅうをしてくださる方正しさを立証してくださる方)」。ヘ語,ゴーアリー; ラ語,レデンプトル民 35:21; 詩 19:14; 箴 23:11; イザ 63:16; エレ 50:34参照。
字義,「その上,わたしの肉から」,または「その上,わたしの肉を離れて」。
「神」。ヘ語,エローアハ。
マソ本による; 七十訳,「問題の根をわたしたちは彼のうちに見いだす」。
「裁き人のいること」,タル,およびマソ本の母音符号の別の打ち方による。(サム一 24:15参照)この箇所を「全能者のおられること」と読む人もいる。