内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 16:1‐22

16  そこでヨブ答え言った,   「わたしそのよう多くこと聞いた。あなた方みな厄介慰め手+   風よう言葉終わりあろ+それとも,あなたいら立たさ*,答えるか。   わたしまた,あなた方ようよく語ることできる。もしも,わたしあるあなた方あっなら,わたしあなた方対し言葉おい見事だろ*+あなた方向かっ振るだろ+   わたしこの言葉あなた方強め+わたしこの慰めを ― 制するだろう。   たとえわたし語るも,わたしこの痛み抑えられない+たとえそうするやめるも,何わたしから去っ行くだろう。   だが今,[]はわたし疲れ果てさせ+[]はわたし集まるみな荒らした。   あなたまた捕まえられます。それ証人なっ+わたしやせ細っわたし向かっ立ち上がります。わたし面前それ証言ます。   []の怒りが[わたしを]かき裂き,[]はわたし対し敵がい抱く+[]は実際,わたし向かっ歯がみする+わたし敵対は,わたし向かっその鋭くする+ 10  彼らわたし向かっその大きく開け+そしりもっわたしほほ打った。彼ら大勢わたし向かっ集まっ一団なる+ 11  *わたし幼い少年たち*引き渡し,邪悪たちわたし真っ逆さま投げ落とされる+ 12  わたし安らいに,[]はわたし転倒られ+[]はわたしうなじ捕まえて,わたし打ち砕かた。ご自分ためわたし立てられる。 13  その射手たち+わたし取り囲み,[]はわたし腎臓+裂き開き,少し同情覚えられない。[]はわたし胆のう注ぎ出される。 14  []はわたし打ち破って,破れ破れ加え,あるようわたしはせ掛かる+ 15  粗布+を,わたし縫い合わせ,わたし突き入れ+ 16  わたしは,泣い赤くなっ+わたしまぶた深い*ある+ 17  わたしたなごころ暴虐なく,わたし祈り純粋+ 18  地よ,わたし覆う+そして,わたし叫び声ため場所ないように! 19  また今,見よ,天わたしつい証言するおり,わたし証人*高いおられる+ 20  わたしわたし逆らう代弁+わたし眠ら*+ 21  そして,強健裁決行なわよういる。*その仲間同様+ 22  わずか*たつと,わたし帰ら道筋通っ去っ行くだから+

脚注

「何いら立たさて」。字義,「何あなた苦しめて[立腹て]」。
「に対する言葉加わらもらいたい」,別動詞派生取れば。
「神」。ヘ語,エール。
字義,「幼い少年」(単),マソ本; 七十訳,ウル訳,「不正者」。
「深い陰」。字義,「死陰」。
「わたし証人」。ヘ語,ウェサーハディー。アラムから借用考えられる。創 31:47,「エガルサハドタ」の脚注参照。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「人」。ヘ語,アーダーム。
「ただ数えられが」,七十訳。