内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ヨブ 14:1‐22

14  「女​から​生ま​れ​た​人​*+は,短命​+で,動揺​で​飽き飽き​さ​せ​られ​ます+   花​の​よう​に​出​て​来​て​は,切り取ら​れ+影​の​よう​に​飛び去っ​て+,とどまる​*こと​が​あり​ませ​ん。   しかも,この​よう​な​者​に​も​あなた​は​目​を​開き,私​を​も​*ご自身​と​共​に​裁き​+へ​と​連れ​て​行か​れ​ます。   だれ​が​汚れ​た​者​から​清い​者​を​出せる​でしょ​う​か+一​人​も​い​ませ​ん*   もし,彼​の​日​が​決め​られ​て​いる​なら+その​月​の​数​は​あなた​と​共​に​あり​ます。彼​の​ため​の​定め​を​あなた​は​設け​られ​まし​た。彼​が​越える​こと​の​ない​ため​です。   彼​の​上​から​視線​を​そらし​て​ください。彼​が​休む​ため​です+雇わ​れ​た​労働​者​が​その​日​に​する​よう​に,彼​が​楽しみ​を​見いだす​に​至る​まで。   樹木​に​さえ​望み​が​ある​の​だから。たとえ​切り倒さ​れ​て​も,それ​は​まさしく​再び​芽​を​出し*+その​若枝​は​絶える​こと​は​ない。   たとえ​その​根​が​地中​で​老い,塵​の​中​で​その​切り株​が​枯死​し​て​も,   水​の​におい​で​芽​を​出し+新しい​苗木​の​よう​に​必ず​大枝​を​出す+ 10  しかし​強健​な​人​は​*死​に,打ち負かさ​れ​て​横たわる。地​の​人​*は​息絶える​と,どこ​に​いる​の​か*+ 11  水​は​海​から​確か​に​なくなり,川​も​はけ​て​干上がる+ 12  人​も​また​*横たわら​なけれ​ば​なら​ず,起き上がら​ない+天​が​なくなる​まで,彼ら​は​目覚め​ない+その​眠り​から​起こさ​れる​こと​も​ない*+ 13  ああ,あなた​が​私​を​シェオル​に​*隠し+あなた​の​怒り​が​元​に​戻る​まで,私​を​秘め​て​お​き,私​の​ため​に​時​の​限り​を​設け​て+,私​を​覚え​て​くだされ​ば​よい​の​に+ 14  もし,強健​な​人​*が​死ね​ば,また​生き​られる​でしょ​う​か+私​の​強制​奉仕​の​すべて​の​日々,私​は​待ち​ましょ​う+私​の​解放​が​来る​まで+ 15  あなた​は​呼ん​で​くださり,私​は​あなた​に​答え​ます+ご自分​の​み手​の​業​を​あなた​は​慕わ​れ​ます。 16  今,あなた​は​私​の​歩み​を​数え​て​おら​れる​の​です+あなた​は​ほか​なら​ぬ​私​の​罪​を​見守ら​れ​ます+ 17  私​の​背き​の​罪​は,袋​の​中​に​封じ込め​られ​て​おり+あなた​は​私​の​とが​を​のり付け​に​され​ます。 18  ところで,山​は,倒れ​て,崩れ去り,岩​も​その​場所​から​移さ​れる。 19  水​は​まさしく​石​を​摩滅​さ​せ,その​流出​は​地​の​塵​を​洗い落とす。その​よう​に​あなた​は​死す​べき​人間​*の​望み​を​も​絶ち滅ぼさ​れ​まし​た。 20  あなた​は​永久​に​人​を​打ち負かさ​れる​の​で,人​は​去っ​て​行き​ます+あなた​は​彼​の​顔​の​形​を​崩し​て​おら​れ,彼​を​追いやら​れ​ます。 21  その​子​ら​が​尊ば​れ​て​も,彼​は[それ​を]知り​ませ​ん+彼ら​が​取る​に​足り​ない​者​と​なっ​て​も,彼ら​の​こと​を​考慮​し​ませ​ん。 22  ただ,その​肉​は,彼​の​上​に​あっ​て​痛み続け,その​魂​は,彼​の​内​に​あっ​て​嘆き​続ける​だけ​です*」。

脚注

「人」。または,「地​の​人」。ヘ語,アーダーム。
字義,「立ち​つづける」。出 9:16,「させ​て​おい​た」の​脚注​参照。
「私​を​も」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「彼​を​も」。
または,「だれ​も​でき​ませ​ん」。
「まさしく​再び​芽​を​出し」。字義,「それでも​変わり」。
「しかし​強健​な​人​は」。ヘ語,ウェゲヴェル
「地​の​人」。ヘ語,アーダーム。
「どこ​に​いる​の​か」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「もはや​い​ない」。
字義,「そして​人​は」。ヘ語,ウェイーシュ
「彼​は​目覚め​ない。その​眠り​から​起きる​こと​も​ない」,ウル訳,および​マソ本​を​わずか​に​訂正​する​こと​に​より。
シェオル​に」。ヘ語,ビシュオール; ギ語,ハーイデーイ; シ語,バシウール; ラ語,インフェルノー; すなわち,人類​共通​の​墓。付録4ロ参照。
「強健​な​人」。ヘ語,ゲヴェル。
「死す​べき​人間」。ヘ語,エノーシュ。
または,「ただ​その​親類(肉​の​親族)は​彼​の​こと​で​痛み続け,その​奴隷​たち(取得​し​た​魂)は​彼​の​こと​で​嘆き​続ける​だけ​です」。「肉​の​親族」と「取得​し​た​魂」と​の​対照​に​つい​て​は,創 37:27​およびイザ 58:7​と創(12:5; 14:21; 36:6),エゼ 27:13,および啓 18:13,「魂」の​脚注​と​を​比較。