ヨブ 12:1‐25

12  そこでヨブは答えて言った,   「まことにあなた方は人である。知恵は,あなた方と共に死に絶えるであろう+   わたしにも,あなた方と同様に心がある+わたしはあなた方に劣ってはいない*+だれにこのようなことがないのだろうか。   仲間の者の笑いぐさ,わたし*は[そのような者]となる+*呼びかけて答えていただく者が+義にかなった,非難すべきところのない者が,笑いぐさなのである。   心配のない者は,考えにおいて,消滅に対して侮べつを抱く+それは足のよろける者のために備えられる+   奪い取る者の天幕は煩わされず+*を激怒させる者も安全だ。自分の手に神*を携えて来た者もそうである+   しかし,どうか,家畜に尋ねてみよ。それはあなたを教え諭すであろう+また,天の翼のある生き物にも。そうすれば,それはあなたに告げるだろう+   あるいは,地に関心を示してみよ*。そうすれば,それはあなたを教え諭すだろう+海の魚+もあなたに告げ知らせるだろう。   これらすべてのもののうち,だれかよく知らないものがあろうか。エホバ*のみ手がこれをなさったことを+ 10  すべて生けるものの魂がそのみ手のうちにあり+すべて人間*の肉の霊*+も[そうである]。 11  耳は,言葉を試さないだろうか+上あご+が食物を味わうように。 12  老人の中には知恵があるのではないか+長い日々[には]理解力が* 13  知恵と力強さは,[]と共にあり+助言と理解力も[]にある+ 14  見よ,[]が打ち壊すと,建て直せない+[]が人に閉ざすと,それは開けられない+ 15  見よ,[]は水を引き止め,それは干上がる+[]はそれを放ち,それは地を変える+ 16  強さと実際的な知恵とは,[]と共にあり+間違いをする者も迷わせる者も,[]のものである+ 17  []は助言者たちをはだしで行かせており*+裁き人たちを気違いにさせる。 18  実際,王たちの帯*を解き+彼らの腰に腰帯を巻く。 19  []は祭司たちをはだしで歩かせており+終身,職に就けられた者たちを没落させる*+ 20  []は忠実な者たちから話す能力*を取り除いており,年老いた者たちの分別を取り去る。 21  []は高貴な者たちの上に侮べつを注いでおり+実際,強力な者たちの腰ひもを弱くする。 22  []は闇の中から深遠な事柄をあらわにしており+深い陰を光に引き出す。 23  諸国民を大きくならせている。彼らを滅ぼすためである+諸国民を広がらせている。彼らを連れ去るためである。 24  この地の民の頭たる者たちの心を奪い去っている。彼らを道のない,むなしい所にさまよわせる+ためである。 25  彼らは光のない闇に手探りする+[]が彼らを酔いどれのようにさまよわせるためである+

脚注

字義,「わたしはあなた方の後ろに倒れてはいない」。
「わたし」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「彼」。
に」。ヘ語,レエローアハ
「神」。ヘ語,エール。
「神」。ヘ語,エローアハ。
または,「あるいは,思慮深く地に語りかけてみよ」。訂正により,「あるいは,地の爬虫類[もしくは,野獣]にも」。
「エホバ」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; タル(ア語),ヤーイ。
「人間」。ヘ語,イーシュ。
「の)」。ヘ語,ウェルーアハ; ギ語,プネウマ; シ語,ウェルーハー; ラ語,スピーリトゥス
または,「長い日々は理解力を意味するのではないか」。
「助言者たちをとりこにして引いてゆく方」,七十訳; ウル訳,「[神]は助言者たちを愚かな終わりへと導き」。
「帯」。母音符号の打ち方を変えることによる。字義,「懲らしめ」。
または,「歩かせており,絶えず流れる川の水をかれさせる」。
「話す能力」。字義,「唇」。