内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 10:1‐22

10  「わたし自分対し確か嫌悪感ずる+わたし自分つい*気遣い漏らそう。わたし自分苦しみうちあっ語ろう!   わたし*申し上げることする,『私邪悪ないください。争っおられるどういう知らせください。   不当ことなさるは,あなたとっ善いことでしょ+ご自分*懸命働き[の産物]を退け+邪悪たち助言実際照らすは。   あなた+持っおられるですか。あるいは,死すべき人間見るように,あなたられるです+   あなた日々死すべき人間日々ようです+あるいは,あなた強健日々ようで[すか]。   それあなたとが見つけようし,尋ね求めおられるです+   それも,私誤っないことあなた知っおられるかかわら+また,だれあなたから救い出すない+   あなたみ手形造っで,それ造りまし+周りことごとく。それなのに,あなた呑み尽くそされます。   どうか,思い出しください。あなた粘土+造らました。そしてあなたを,塵帰らます+ 10  あなたよう注ぎ出し,チーズよう固まらではありませ+ 11  あなた着せ,もっ織り成さまし+ 12  命ある親切*を,あなた施さ+あなた顧み+*守りました。 13  それでもこれらことを,あなたみ心秘めおらました。これらことあなたもとあることよく知っます。 14  もしおかせば,あなた見張っおら+とがことで,あなたないみなさませ+ 15  もし実際誤っいるなら,私とっ不幸ことです+それに,[もし]私実際正しくも,私上げられませ+名誉飽き飽きられ,悩み一杯されいるです+ 16  そして[もし]それごう慢ことすれ+,若いライオンようあなた捜し+あなた再び,私ご自身驚嘆べきあること表わされるでしょう。 17  あなたご自分新しい証人たち*連れ出し,対しご自分立腹大きくされるでしょう。相次い辛苦あります* 18  それで,なぜあなたから出さです+息絶えなら*,ひとつさえわたしなかっでしょに。 19  あたかもなかっようなっでしょし,から埋葬運ばでしょに』。 20  わたしほとんどないない+。[]が構わないで,わたしから視線そらしくださり,わたし少しでも明るくなる+ように。 21  わたし去っ行くに ― わたし戻っ来ることない+すなわち,闇深い*+へ, 22  暗闇よう暗い地,深い秩序[の地]へ[行くに]。そこ暗闇同様,[光が]照らない」。

脚注

「自分ついの」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「彼ついの」。
「神」。ヘ語,エローアハ。
または,「たなごころ」。
または,「命忠節愛」。
「私)」。ヘ語,ルーヒー; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥム
「証人たち」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「試み」; シリ訳,「武器」。
または,「相次ぐ強制労働交代あります」。
または,「私息絶えさせください。[そうすれば]」。
「深い陰」。字義,「死陰」。