内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨブ 1:1‐22

1  ウツ+ヨブ*+いう*た。そのとがめなく+,廉直+恐れ+,悪から離れ+  そして,彼息子生ま+  それに,その畜類+*七千頭,らくだ三千頭,牛五百対,雌ろば五百で,それ非常大勢一団持った。それで,このすべて東洋*+うち最も大いなるあった。  そして,その息子たち行って,自分各々*宴会催し+,人やって,その姉妹招い一緒食べたり飲んだりた。  そして,宴会一回り巡ると,ヨブやっ彼ら神聖ものするあっ+。彼朝早く起きて,彼らすべてしたがって焼燔犠牲+ささげた。これは,ヨブが,「もしかすると,わたし息子たちおかし,その+のろっ*+しれない」と言っからある。ヨブいつもこのようするあっ+  さて,[まことの]**+入っエホバ立つ+なった。サタン*+彼らただ中入っ+  そこで,エホバサタン言わた,「あなたどこからか」。するとサタンエホバ答え言った,「地行き巡り+,そこ歩き回っまし+」。  すると,エホバまたサタン言わた,「あなたわたしヨブ留めか。地上よう人,とがめなく+,廉直+恐れ+,悪から離れいる+ひとりないだが+」。  するとサタンエホバ答え言った,「ヨブただいたずら恐れでしょ+ 10  あなたが,彼その持っいるすべてもの周りにくまなく巡らさではありませ+。彼あなた祝福+,その畜類ふえ広がりました。 11  しかしに,どうか,あなた出して,彼持っいるすべてもの触れて,果たしてが,それあなた向かっあなたのろわない*どうを[見ください+]」。 12  それゆえエホバサタン言わた,「見よ,彼持っいるものみな,あなた手中ある。ただ対しは,あなた出しならない!」 そこで,サタンエホバみ前*から行っ+ 13  さて,彼息子たち長子ある彼ら兄弟食べたり,ぶどう飲んだりことあっ+ 14  そして,使者+ヨブところて,言った,「牛すき返し+,雌ろばその傍ら食べましが, 15  そのとき,シバ*+襲って,これ奪い,従者たち掛け討ち倒しました。それで,私が,ただひとりが,どうにか逃げましで,あなたお知らせ致します+」。 16  このなお話しいるうちに,他て,言った,「から下り+,羊従者たち燃え盛り,これ食らい尽くしました。それで,私が,ただひとりが,どうにか逃げましで,あなたお知らせ致します」。 17  そのなお話しいるうちに,ほかて,言った,「カルデア+三つ分団なり,らくだ突進て,これ奪い,また従者たち掛け討ち倒しました。それで,私が,ただひとりが,どうにか逃げましで,あなたお知らせ致します」。 18  このほかなお話しいるうちに,さらにほかて,言った,「あなたご子息さんたちは,長子あるそのご兄弟食べたり,ぶどう+飲んだりおらました。 19  すると,どうでしょう,荒野地方から大風*+吹いて,家四隅打っため,それ若いたち倒れて,皆さま死なました。そして,私が,ただひとりが,どうにか逃げましで,あなたお知らせ致します」。 20  そこでヨブ起きて,そのそでなし上着引き裂き+,その刈り取り+,地伏し+,身かがめ+ 21  こう言った。 「わたし+わたしそこ帰ろ+エホバ与え+,エホバ取り去ら+エホバみ名引き続きほめたたえられるよう+」。 22  このすべてことおいヨブおかさず,また不当こと帰さなかっ+

脚注

ヨブ」。ヘ語,イーヨーヴ,「敵意的」の意。創 46:13ウェヨーヴ,「ヨブ」と同一人物ない。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「羊」。または,「小家畜」,羊やぎ含む。
字義,「東ら」。
「各々」。ヘ語,イーシュ。
「のろった」が読み方。このは「祝福た」と読むよう変えられた。七十訳,「に対し悪い考えた」; シリ訳,「ののしった」; ウル訳,「祝福た」。付録2ロ参照。
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム。定冠詞「ハー」が称号エローヒーム付いいる。付録1ヘ参照。
「のら」。ヘ語,ベネー; 七十訳,「み使いたち」。
ヘ語,ハッサーターン,「抵抗」。1,2全体わたっ用いられいる。これマソ本ハッサーターン初めて来る箇所あるが,定冠詞「ハ」の付いない,「抵抗(反抗)する者」という意味サーターン民 22:22初めて,ここまで9来る。「ゲゼニウスヘブライ文法」(GK)は§126dおよびeこう述べいる。「一般言って,ギリシャおよび英語冠詞必要される場合,それいつ実名詞限定する用いられる。例えば……(d)全集合指し用いられる言葉特定個人……もしくはに(単に用法よって)限定する場合。例,שָׂטָן敵対者,הַשָּׂטָןその敵対者,サタン……」。
5脚注参照。
字義,「顔」。サム二 17:11,「ご自身も」の脚注参照。
字義,「シェバ」。
「風」。ヘ語,ルーアハ。創 1:2,「力」の脚注参照。