内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ヨハネ 9:1‐41

9  さて,進ん​で​行か​れる​際,[イエス]は​生ま​れ​た​時​から​盲目​の​人​を​ご覧​に​なっ​た。  そこで,弟子​たち​が​彼​に​尋ね​た,「ラビ+,この​人​が​盲人​と​し​て​生ま​れ​た​の​は,だれ​が​罪​を​おかし​た​ため​です​か+。当人​です​か,それ​と​も​その​親​たち​です​か+」。  イエス​は​答え​られ​た,「この​人​が​罪​を​おかし​た​の​で​も,その​親​たち​で​も​なく,​の​み業​が​この​人​の​場合​に​明らか​に​される​ため​だっ​た​の​です+  わたしたち​は,わたし​を​遣わし​た​方​の​業​を​昼​の​うち​に​行なわ​なけれ​ば​なり​ませ​ん+。だれ​も​働く​こと​の​でき​ない​夜​+が​来​よう​と​し​て​い​ます。  わたし​が​世​に​いる​間,わたし​は​世​の​光​な​の​です+」。  これら​の​こと​を​言っ​て​から,[イエス]は​地面​に​つば​を​吐い​て,だ液​で​粘土​を​作り,その[人​の]両目​に​その​粘土​を​当て​て+  こう​言わ​れ​た。「行っ​て,シロアム​*の​池​+で​洗い​なさい+」([シロアム]と​は,『送り出さ​れ​た』と​訳さ​れる)。それ​で​彼​は​去っ​て​行っ​て​洗い+,見える​よう​に​なっ​て​戻っ​て​来​た+  それゆえ,隣人​たち​や,彼​が​こじき​で​ある​の​を​以前​に​見​て​い​た​人々​は,「これ​は,いつも​座っ​て​物ごい​を​し​て​い​た​男​で​は​ない​か」と​言い​はじめ​た+  ある​者​たち​は,「これ​は​その​人​だ」と​言い,ほか​の​者​たち​は,「いや,違う,ただ​似​て​いる​だけ​だ」と​言っ​た。当人​は,「わたし​は[その​者]です」と​言う​の​で​あっ​た。 10  そこで​彼ら​は​その​人​に​言いだし​た,「では,どうして​あなた​の​目​は​開い​た​の​か+」。 11  彼​は​答え​た,「イエス​と​いう​人​が​粘土​を​作っ​て​わたし​の​両目​に​なすりつけ,『シロアム​+に​行っ​て​洗い​なさい』と​言い​まし​た。それで,行っ​て​洗い​まし​た​ところ,見える​よう​に​なっ​た​の​です」。 12  すると​彼ら​は​言っ​た,「その[人]は​どこ​に​いる​の​か」。彼​は​言っ​た,「知り​ませ​ん」。 13  彼ら​は,以前​に​盲目​で​あっ​た​その​人​を​パリサイ​人​たち​の​ところ​に​連れ​て​行っ​た。 14  なお,イエス​が​粘土​を​作っ​て​彼​の​目​を​開け​た​+の​は​安息​日​+で​あっ​た。 15  それで,今度​は​パリサイ​人​たち​が,どの​よう​に​し​て​見える​よう​に​なっ​た​の​か​と​彼​に​尋ね​はじめ​た+。彼​は​言っ​た,「その​人​が​粘土​を​わたし​の​両目​に​当て​まし​た。そして​わたし​が​洗い​まし​た​ところ,今​は​見える​の​です」。 16  それで,パリサイ​人​の​ある​者​たち​が​言い​はじめ​た,「これ​は​​から​の​人​で​は​ない。安息​日​を​守っ​て​い​ない​から​だ+」。ほか​の​者​たち​は​言いだし​た,「罪人​で​ある​人​が,どうして​この​よう​な​しるし​を​行なえる​だろ​う​か+」。こう​し​て,彼ら​の​間​に​は​分裂​+が​あっ​た。 17  その​ため,彼ら​は​その​盲人​に​再び​言っ​た,「彼​が​あなた​の​目​を​開け​た​こと​から​し​て,あなた​は​彼​に​つい​て​何​と​言う​か」。その[人]は​言っ​た,「彼​は​預言​者​です+」。 18  しかし​ユダヤ​人​たち​は,この​人​に​関し​て,つまり​この​人​が​盲目​で​あっ​た​の​に​見える​よう​に​なっ​た​と​いう​こと​を​信じ​ず,見える​よう​に​なっ​た​その​人​の​親​たち​を​呼ぶ​こと​に​なっ​た。 19  そして​彼ら​に​こう​尋ね​た。「これ​は,生まれつき​目​が​見え​なかっ​た​と​いう,あなた方​の​息子​か。では,現在​見える​の​は​どうして​な​の​か」。 20  すると,彼​の​親​たち​は​答え​て​言っ​た,「これ​が​わたし​ども​の​息子​で,生まれつき​目​が​見え​なかっ​た​こと​は​知っ​て​おり​ます。 21  でも,今​見える​の​が​どうして​か​は​知り​ませ​ん​し,だれ​が​その​目​を​開け​た​の​か​も​知り​ませ​ん。彼​に​お聞き​ください。彼​は​大人​です。自分​で​話す​はず​です」。 22  彼​の​親​たち​は​ユダヤ​人​を​恐れ​て​い​た​の​で+,こう​し​た​こと​を​言っ​た。ユダヤ​人​たち​は​すでに,だれ​で​も[イエス]を​キリスト​と​告白​する​者​が​いれ​ば,その​者​は​会堂​から​追放​する​*と​の​合意​に​達し​て​い​た​から​で​ある+ 23  その​ため​に​親​たち​は,「彼​は​大人​です。彼​に​尋ね​て​ください」と​言っ​た​の​で​ある。 24  それゆえ​彼ら​は,盲目​で​あっ​た​人​を​二​度​目​に​呼ん​で,こう​言っ​た。「​に​栄光​を​ささげ​なさい+。わたしたち​は​この​人​が​罪人​で​ある​こと​を​知っ​て​いる​の​だ」。 25  これ​に​対し​て​彼​は​答え​た,「その​人​が​罪人​か​どう​か​わたし​は​知り​ませ​ん。一つ​の​こと​は​知っ​て​い​ます。わたし​は​目​が​見え​ませ​ん​でし​た​が,現在​は​見える​と​いう​こと​です」。 26  それゆえ​彼ら​は​言っ​た,「彼​は​あなた​に​何​を​し​た​の​か。どの​よう​に​し​て​あなた​の​目​を​開け​た​の​か」。 27  彼​は​答え​た,「わたし​は​もう​お話し​し​まし​た​の​に,お聴き​に​なり​ませ​ん​でし​た。なぜ​もう​一度​お聞き​に​なり​たい​の​です​か。あなた方​も​あの​人​の​弟子​に​なり​たい​わけ​で​は​ない​の​でしょ​う​に」。 28  すると​彼ら​は​その​人​を​ののしっ​て​言っ​た,「お前​は​あの[男]の​弟子​だ​が,我々​は​モーセ​の​弟子​な​の​だ。 29  我々​は,​が​モーセ​に​語ら​れ​た​こと​を​知っ​て​いる+。だが,この[男]に​つい​て​は,どこ​から​の​者​か​知ら​ない+」。 30  それ​に​答え​て​その​人​は​彼ら​に​言っ​た,「これ​は​いかにも​驚い​た​こと​です+,あの​人​が​どこ​から​の​者​か​を​ご存じ​ない​と​は。わたし​の​目​を​開け​た​人​です​の​に。 31  ​は​罪人​たち​に​は​お聴き​に​なり​ませ​ん​が+,だれ​で​も​​を​恐れ​て​その​ご意志​を​行なう​なら,その​者​に​は​お聴き​に​なる​こと​を,わたしたち​は​知っ​て​おり​ます+ 32  昔​から,盲人​と​し​て​生ま​れ​た​者​の​目​を​開け​た​と​いう​よう​な​こと​は​聞い​た​ためし​が​あり​ませ​ん。 33  ​から​の​人​で​ない​なら+,この​人​は​全く​何​も​でき​ない​はず​です」。 34  それ​に​答え​て​彼ら​は​言っ​た,「お前​は​全く​罪​の​うち​に​生まれ​ながら+,我々​を​教える​と​いう​の​か」。こう​し​て​彼ら​は,その​人​を​追い出し​て​しまっ​た+ 35  イエス​は,彼ら​が​その​人​を​追い出し​た​こと​を​お聞き​に​なっ​た。そして,彼​を​見つける​と,こう​言わ​れ​た。「あなた​は​人​の​​に​信仰​を​持っ​て​い​ます​か+」。 36  その[人]は​答え​た,「ですが,だんな​様,それ​は​どなた​の​こと​でしょ​う​か。わたし​が​その​方​に​信仰​を​持て​ます​よう​に」。 37  イエス​は​彼​に​言わ​れ​た,「あなた​は​その​者​を​見​まし​た。しかも,あなた​と​話し​て​いる​の​が​その​者​です+」。 38  すると​彼​は​言っ​た,「わたし​は​ほんとう​に[その​方​に]信仰​を​持っ​て​い​ます,​よ*」。そして​彼​は[イエス]に​敬意​を​ささげ​た+ 39  すると​イエス​は​言わ​れ​た,「[この]裁き​+の​ため​に​わたし​は​この​世​に​来​まし​た。すなわち,見え​ない​者​が​見える​よう​に​なり+,見える​者​が​盲目​に​なる​ため​です+」。 40  パリサイ​人​の​うち[イエス]と​一緒​に​い​た​者​たち​が​これら​の​こと​を​聞い​て,彼​に​言っ​た,「わたしたち​も​盲目​で​ある​と​いう​わけ​で​は​ない​でしょ​う​ね+」。 41  イエス​は​彼ら​に​言わ​れ​た,「あなた方​が​盲目​で​あっ​た​なら,あなた方​に​は​罪​が​なかっ​た​でしょ​う。しかし​あなた方​は​今,『わたしたち​は​見える』と​言い​ます+。あなた方​の​罪​+は​残る​の​です」。

脚注

「シロアム」,シナ写,アレ写,バチ写; エ7‐14,16‐19,22「シロアハ」。七十訳​のイザ 8:6参照。
「会堂​から​追放​する」。または,「破門​する」。
または,「だんな​様; ご主人様」。