内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨハネ 7:1‐53

7  さて,こうのち,イエス引き続きガリラヤ各地回らた。ユダヤ回ること望まなかっある。ユダヤたち殺そ+からある。  しかし,ユダヤ祭り,つまり幕屋祭り+近づいた。  それで,そのたち+こう言った。「ここから進ん行っユダヤ入りなさい。あなた弟子たちも,あなた行なう見るようするためです。  自知られること求めながら,物事ひそか行なうないからです。これら行なうなら,自分明らかなさい」。  実ところ,その兄弟たち+信仰働かなかっある+  それゆえ,イエス言わた,「わたし定めまだませ+,あなた方そのいつもそこあります。  世あなた方憎む理由ありません。しかし,わたしこと憎みます。わたしが[世]に関し,その邪悪あること証しするからです+  あなた方祭り上っ行きなさい。わたしまだこの祭り上っ行きません。わたし定め+まだ満ちないからです+」。  それで,これらこと話しあと,ガリラヤとどまっおらた。 10  しかし,兄たち祭り上っ行っしまうと,そのときご自身も,表だっなく,忍ぶよう+上っ行かた。 11  それゆえ,ユダヤたち祭りさい捜し+,「あの[人]はどこいるか」と言いだした。 12  そして,群は,[イエス]に関するひそひそ盛んされ+。あるは,「彼善良だ」と言い,ほかは,「そうない。群衆惑わしいるだ」と言うあった。 13  もとより,ユダヤたち対する恐れために,だれひとりつい話そなかっ+ 14  祭すでに半ば過ぎ時,イエス神殿上っ行って,教えはじめられ+ 15  そのため,ユダヤたち不思議思うようなって,こう言った。「どうしてこのは,学校学んことない*学識+あるだろ+」。 16  それし,イエス彼ら答え言わた,「わたし教えわたしものなく,わたし遣わし属するものです+ 17  だれこのご意志行ないたい願うなら,この教えついて,それからもの+,それわたし独自考え*いる分かるでしょう。 18  独考え話す自分栄光求めます。しかし,自分遣わし栄光+求める者,これ真実あり,そのうち不義ありません。 19  モーセあなた方+与えありませでしか。それなのに,あなた方うちだれ従っません。なぜあなた方わたし殺そいるです+」。 20  群答えた,「あなた悪霊ます*+。だれあなた殺そいるですか」。 21  それイエス彼ら言わた,「わたし一つ際立っ行為+,あなた方みな不思議がっます。 22  このようわけで,モーセあなた方割礼与えまし+ ― それモーセからいうなく,父祖たちからです+ ― それあなた方安息割礼施します。 23  モーセ破らないようするため安息割礼受けるに,安息全く健康からいっ+,あなた方わたし対し激しく怒るですか。 24  うわべ裁くやめ,義かなっ裁き裁きなさい+」。 25  それで,エルサレムあるたちこう言いはじめた。「これは,彼ら殺そいる+ないか。 26  それなのに,見なさい,公然おり+,彼ら言わないだ。支配たちは,これキリストあることはっきり知るようなっわけあるまい+ 27  それどころか,わたしたちは,このどこから知っいるない+。しかし,キリスト来るときは,それどこからだれ知らないはず+」。 28  それゆえイエスは,神殿教えに,叫んこう言わた。「あなた方わたし知っおり,わたしどこから知っます+。また,わたし自分考えありませ+。わたし遣わし実在おられるです+,あなた方その知りませ+ 29  わたしその知っます+。わたしその代理あり,そのわたし遣わさからです+」。 30  このゆえに,彼は[イエス]を捕まえよううかがうようなっ+,彼かけなかった。彼+まだなかっからある。 31  それでも,群うち大勢信仰持っ+。そして,こう言い始めた。「キリスト到来も,この行なっより多くしるし+行なわないないか」。 32  パリサイたちは,群衆ついこうことつぶやいいる聞いた。そして,祭司パリサイたちは,彼捕まえよう下役たち派遣+ 33  それイエスこうた。「わたしは,自分遣わしもと行くまでに,もう少しあなた方ます+ 34  あなた方わたし捜すようなります+,わたし見いだせないでしょう。そして,わたしいるに,あなた方来ることできませ+」。 35  それで,ユダヤたち互い言い合った,「この[人]はどこ行って,わたしたち見つけられないようするつもりだろう。ギリシャ離散いる+[ユダヤたち*]のところ行って,ギリシャ教えるつもりあるまい。 36  『あなた方わたし捜すようなるが,わたし見いだせないあろう。そして,わたしいるに,あなた方来ることできない』という,彼このことばどういう意味か」。 37  さて,最日,祭り大いなる+に,イエス立っおらが,叫んこう言わた。「だれ渇いいるいるなら+,わたしところ飲みなさい。 38  わたし+持つは,まさに聖書言っとおり,『その内奥ところから生き流れ流れ出る』のです+」。 39  しかしこれは,彼信仰持つ受けようつい言わある。まだなかっからあり+,それは,イエスまだ栄光受けなかっためある+ 40  それで,これら聞い群衆あるたちは,「これこそ確かあの+」と言いはじめた。 41  ほかたちは,「これキリスト+」と言った。しかしあるたちこう言うあった。「まさかキリスト+ガリラヤから出ることなどあるまい+ 42  聖は,キリストダビデ子孫から+,そしてダビデ+ベツレヘムから+来る言っいるないか」。 43  そのため,群めぐる分裂生じ+ 44  だが,そのうち捕まえたい思った。しかし,実際かけるだれなかった。 45  それゆえ,下たち祭司パリサイたちところ戻っ行った。すると,それらたち彼ら言った,「あなた方どうして連れなかっか」。 46  下たち答えた,「あのよう話しいまだかつてありませ+」。 47  それパリサイたち答えた,「あなた方まで惑わさわけあるまい。 48  支パリサイ信仰持っないない+ 49  だが,知らないこの群衆のろわたち+」。 50  以に[イエス]のもとことあり,また彼らあっニコデモ言った, 51  「わたしたちは,まず人[の言い分]を聞い+その行なっいる知っからなければ,人裁かないないか」。 52  それ彼ら言った,「あなたガリラヤいうわけあるまい。預言ガリラヤから起こらない+こと調べなさい」。 シナ写,バチ写,シリ訳は,53から811まで省いいるが,その部分は(種々ギリシャ本文訳本よっ多少異同あるが)以下とおりある: 53  それから彼らおのおの自分帰っ行った。

脚注

または,「学校学問ことないに」。
「独自考えで」。字義,「自分自身から」。
または,「あなた悪霊取りつかいる」。
「離散いる[ユダヤたち]」。字義,「離散」。ギ語,ディアスポラン。